前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

【Redmi Note 10T レビュー】Xiaomi製のおサイフケータイ対応スマホを開封【弱点多め】

Xiaomiのエントリーモデル「Redmi Note 10T」を購入したので、開封レビューしていきます!

Redmi Note 10Tは「おサイフケータイ」「防水防じん」に対応したSIMフリースマホです。これらの機能に対応した最新モデルを探している方はぜひチェックしてみてください(*´▽`*)

というわけで画像付きでレビュー紹介していきます!

Redmi Note 10Tのスペック

Redmi Note 10Tのスペック

まずは今回のRedmi Note 10Tのスペックをざっくりとチェックしておきましょう。

Redmi Note 10Tの主なスペック

  • OS:MIUI 13(Android 11ベース)
  • CPU:Snapdragon 480 5G
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB(外部1TB)
  • ディスプレイ:6.5インチ、液晶、2400×1080(FHD+)、リフレッシュレート90Hz、パンチホール
  • カメラ:背面5000万+200万画素、前面800万画素
  • バッテリー:5000mAh
  • 機能:USB Type-C、Wi-Fia/b/g/n/ac、DSDV、eSIM、認証/顔認証、おサイフ、IP68
  • サイズ・重量:163 x 76 x 9.0 mm/198 g
  • カラー:アジュールブラック、ナイトタイムブルー、レイクブルー

<スポンサーリンク>

Redmi Note 10Tの価格と発売日

Redmi Note 10Tの価格と発売日

Redmi Note 10Tの発売日は2022年4月で、価格は34,800円です。

最近登場したミドルレンジのモデルと比べると下記の通り。

端末 AnTuTu 参考価格
edge 20 fusion 35万 43,800円
Galaxy M23 5G 34万 45,080円
Redmi Note 10T 28万 34,800円
AQUOS wish 28万 33,800円
Redmi Note 11 25万 24,800円

またおサイフケータイ対応モデルと比べると下記の通り。

端末 AnTuTu 参考価格
ZenFone 8 80万 80,000円
Mi 11 Lite 50万 43,800円
OPPO Reno5 A 35万 35,000円
AQUOS sense6 32万 45,000円
AQUOS wish 28万 33,800円
Redmi Note 10T 28万 34,800円
なんだかんだミドルレンジやおサイフケータイ対応モデルの中ではコスパが微妙かも。

blankイッテツ

Redmi Note 10Tの開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:9,980円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    Redmi Note 10T(29,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、19,820円割引が適用されます。
    さらに「初期費用1,100円割引」「プラン料金6か月間440円割引」「通話定額オプション7か月間410円割引」も適用されます!
    2022年8月31日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    端末価格:18,300円(投売り特価!!)

    人気のスマホSALE
    Redmi Note 10T(31,500円)をセール期間中に購入すると13,200円割引が適用されます。
    2022年8月19日までの期間限定なのでお早めに。
    >キャンペーン詳細ページはこちらから

【いざ開封!】Redmi Note 10Tの外観レビュー

Redmi Note 10Tの外観レビュー

というわけで届いたRedmi Note 10Tを早速開封していきます。

Redmi Note 10Tの外観レビュー2

パッケージはかなり薄め。先日開封したGalaxy M23 5G並に薄いですね。

Redmi Note 10Tの外観レビュー3

中身は本体と付属品に分かれておりました。

Redmi Note 10Tの外観レビュー4

本体カラーは「ナイトタイムブルー」です。
パッと見のデザインはかなりイイ感じ。もちろん値段が値段なので触ってみると安っぽいんですけど、それでも個人的にはお気に入りのデザインです…!

Redmi Note 10Tの細部をチェック

Redmi Note 10Tの細部をチェック

Redmi Note 10Tの本体を見ていきましょう。

Redmi Note 10Tの細部をチェック2

右側面には「ボリュームボタン」「電源ボタン(指紋認証センサー)」が搭載されております。

Redmi Note 10Tの細部をチェック3

左側面には「SIMトレイ」が搭載されております。

Redmi Note 10Tの細部をチェック4

カードスロットはSIMとSDカード。eSIMを利用すればトリプルスロット運用もできそうです。

Redmi Note 10Tの細部をチェック5

底面には「USBポート(Type-C)」「スピーカー」が配置されております。
ちなみにスピーカーは1つしか搭載されていないので「モノラル」となっております。

Redmi Note 10Tの細部をチェック6

上面には「イヤホンジャック」が搭載されております。

最近流行りのサイド指紋認証センサー。
昔は苦手だったけど、最近はむしろサイドの方が使いやすくなってきました…!

blankイッテツ

Redmi Note 10Tの付属品を紹介

Redmi Note 10Tの付属品を紹介

付属品を紹介。
まずは「クイックスタートガイド」などの書類が2枚。

Redmi Note 10Tの付属品を紹介2

こちらは超シンプルな「SIMピン」です。

Redmi Note 10Tの付属品を紹介3

TPU素材の「ソフトケース」も付属していました。

Redmi Note 10Tの付属品を紹介4

せっかくなので装着してみましたが、フィット感は抜群です。

Redmi Note 10Tの付属品を紹介5

細かい部分もしっかりと調整されていて良い感じです。

Redmi Note 10Tの付属品はショボ目ですが、、Galaxy M23 5Gと違ってソフトケースが付属しているだけマシですね。

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

Redmi Note 10Tの性能や機能をチェック!

Redmi Note 10Tの性能や機能チェック

Redmi Note 10Tの性能や機能面をチェックしていきましょう。

Redmi Note 10Tの動作性能

Redmi Note 10TはSnapdragon 480 5Gを搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは28万前後を記録しております。

「Redmi Note 10Tの価格と発売日」でも紹介しましたが、最近登場したミドルレンジのモデルと比べると下記の通り。

端末 AnTuTu 参考価格
edge 20 fusion 35万 43,800円
Galaxy M23 5G 34万 45,080円
Redmi Note 10T 28万 34,800円
AQUOS wish 28万 33,800円
Redmi Note 11 25万 24,800円

AnTuTuのベンチマークスコアが28万あれば、普段使いであれば快適に使えるでしょう。

Redmi Note 10Tのディスプレイ性能

Redmi Note 10Tのディスプレイ性能

Redmi Note 10Tは6.5インチのFHD+ディスプレイが搭載されております。

Redmi Note 10Tのディスプレイ性能2

また「リフレッシュレート90Hz」「パンチホール」などのトレンド仕様が採用されております。

Redmi Note 10Tはリフレッシュレート90Hzに対応しているので、画面スクロールが滑らかになります。

リフレッシュレートは「1秒間でディスプレイに表示される画像の枚数」のことです。

例えば90Hzなら1秒間に90枚の画像、60Hzなら1秒間に60枚の画像が表示されます。枚数が多いほど細かいところまで動きを表現できるので、より画面が滑らかに動きます。

blank スマホのリフレッシュレートを確認する方法

最近は60Hzよりも90Hzを採用したモデルが増えていますね。

Redmi Note 10Tのカメラ性能

Redmi Note 10Tは2つのレンズを搭載した「デュアルカメラ」となっております。レンズそれぞれの役割は以下の通り。

  1. 5000万画素(標準/F1.8)
  2. 200万画素(深度/F2.4)
blankblank
blankblank

Redmi Note 10TはAI機能によってかなり明るい仕上がりになっていますが、iPhone 11(右)の方が実際の色味に近く、草木や地面の細部がしっかりと表示されています。

Redmi Note 10Tのカメラはデュアルだしお察しレベル。おまけに広角撮影にも非対応なので注意!

blankイッテツ

Redmi Note 10Tのカメラユニット

ちなみにカメラユニットの出っ張りはそこそこあります。

Redmi Note 10Tのサイド指紋認証

Redmi Note 10Tのサイド指紋認証

Redmi Note 10Tは指紋認証センサーが「側面」に配置されております。(電源ボタンと併用)

基本的に前面の下部やディスプレイ内認証のスマホが多いのですが、Xiaomiスマホはよくこの仕様を採用しています。

筆者は、昔前面下部の方が使いやすかったのですが、最近はXiaomiスマホをよく使っていたこともあって、逆にサイドの方が扱いやすくなりました(*´▽`*)笑

Redmi Note 10Tの重量やサイズ感

Redmi Note 10Tの重量

Redmi Note 10Tの重量実測値は「201グラム」でした。かなり重めですね。

Redmi Note 10Tの重量 ケース込み

ちなみに純正ケース込みの重量は「223グラム」でした。

Redmi Note 10TとRedmi Note 11

Redmi Note 11(右)との比較

Redmi Note 10TとGalaxy M23 5G

Galaxy M23 5G(右)との比較

Redmi Note 10Tの良いところ【メリット】

Redmi Note 10Tの良いところ

Redmi Note 10Tを選ぶメリットについて考えてみました。

  • おサイフケータイ&防水防じん対応
  • リフレッシュレート90Hz対応
  • eSIM対応

まず第一に「おサイフケータイ&防水防じん」ですね。

Redmi Note 10Tは「おサイフケータイ」「IP68の防水防じん」が必要な方が選ぶべきスマホです。

なぜならこれらの機能に対応している代わりに、チップセットやデュアルカメラや液晶などでコストカットされているからです。

おサイフケータイや防水防じんが必要ないなら、他のモデルを選んだ方がコスパ的にお得です。

また従来のモデルとの違いで言えば「リフレッシュレート90Hz」「eSIM」などもあります。

リフレッシュレート90Hzは「Redmi Note 10Tのディスプレイ性能」でも紹介したように、最近のトレンド仕様です。60Hzよりも画面スクロールが滑らかになるのでおすすめです。

eSIMは物理SIM無しで利用できるSIMのことで、こちらを利用すれば2回線+SDカードを同時に利用できます。

Redmi Note 10Tは「おサイフケータイ対応モデル」を探している方が選ぶべきスマホ!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

Redmi Note 10Tの気になるところ【デメリット】

Redmi Note 10Tの悪いところ

逆にレビューしていて思ったRedmi Note 10Tの気になるところも紹介しておきます。

  • 内部ストレージが64GB
  • 液晶ディスプレイ採用
  • デュアルカメラ採用
  • 重量が200グラム
  • 競合機が強い

気になるところはいくつかあります。中でもやはり「競合機が強い」というのが、買い手にとって気になるポイントだと思います。

記事の前半で紹介した競合機とのAnTuTu比較です。

端末 AnTuTu 参考価格
edge 20 fusion 35万 43,800円
Galaxy M23 5G 34万 45,080円
Redmi Note 10T 28万 34,800円
AQUOS wish 28万 33,800円
Redmi Note 11 25万 24,800円
端末 AnTuTu 参考価格
ZenFone 8 80万 80,000円
Mi 11 Lite 50万 43,800円
OPPO Reno5 A 35万 35,000円
AQUOS sense6 32万 45,000円
AQUOS wish 28万 33,800円
Redmi Note 10T 28万 34,800円

おサイフ以外だと、より価格の安い「Redmi Note 11」や、少しランクが上の「edge 20 fusion」があります。

おサイフ対応モデルだと、高性能な「Mi 11 Lite」や、コスパ抜群の「OPPO Reno5 A」など過去モデルの方が優秀です。

とくにMi 11 LiteやOPPO Reno5 Aはヤバイです。古い端末ということもあって乗り換え系の投売りキャンペーンによく選ばれているからです。

その辺りのキャンペーンが利用できるのであれば間違いなくRedmi Note 10Tよりも安く入手できてしまいます(;´・ω・)

IIJmio(みおふぉん)blankOCNモバイルONEblankでよく開催されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

Redmi Note 10Tのおすすめ設定

Redmi Note 10Tを買ったらやっておきたいおすすめ設定をまとめてみました。Redmi Note 10Tを購入した方はこちらもチェックしてみてください。

blank Redmi Note 10Tを購入したらやっておきたい14個の設定

Redmi Note 10Tの購入先とキャンペーン情報

Redmi Note 10TはSIMフリースマホなので34,800円で単体購入できます。ただしこちらも格安SIMとのセット購入キャンペーンを利用すれば、より安く入手可能です。

Redmi Note 10Tの開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:9,980円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    Redmi Note 10T(29,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、19,820円割引が適用されます。
    さらに「初期費用1,100円割引」「プラン料金6か月間440円割引」「通話定額オプション7か月間410円割引」も適用されます!
    2022年8月31日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    端末価格:18,300円(投売り特価!!)

    人気のスマホSALE
    Redmi Note 10T(31,500円)をセール期間中に購入すると13,200円割引が適用されます。
    2022年8月19日までの期間限定なのでお早めに。
    >キャンペーン詳細ページはこちらから

まとめ

まとめ

というわけでXiaomiのおサイフケータイ対応モデル「Redmi Note 10T」を開封レビューしてみました!

ライバルモデルのコスパが優秀すぎるので微妙に感じてしまいますが、、単純におサイフケータイ対応で34,800円という安さを実現しているのが凄いです。とにかく安いおサイフケータイ対応モデルを探している方や最新モデルを探している方におすすめです!

早くもOCNモバイルONEやみおふぉんで取り扱われているので、できればキャンペーン絡みで安く入手したいところですね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。