FFBE幻影戦争におすすめのスマホは?【必要スペック】

ファイナルファンタジーシリーズのTRPG「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」通称「FFBE幻影戦争」をご存じでしょうか?

2019年11月に開始したスマホアプリなのですが、筆者のイッテツはいまさらながらハマってしまいました!

ゲーム性はもちろん、グラフィックや音楽も美しいので、スクエニ好きやTRPGが好きな人におすすめのアプリです!

今回はそんなFFBE幻影戦争で使うオススメのスマホを紹介していこうと思います。

「FFBE幻影戦争がカクカクする!」
「FFBE幻影戦争用にサブスマホが欲しい!」

そんな方がいれば、ぜひ参考にしてみて下さい!

FFBE幻影戦争に必要なスマホのスペックは?

FFBE幻影戦争は2019年11月にリリースされた新しいゲームアプリなので、ある程度のスペックが要求されると思います。公式サイトに記載されている条件は以下の通りです。

iPhoneの必要最低スペック

対応OS iOS 12.0以降のiPhone、iPadに対応
対応機種 iPhone6s 以降
iPad 第五世代以降
iPad mini 4 以降
※iPod touchは非対応

Androidの必要最低スペック

対応OS Android OS 5.0以降
対応機種 RAM2GB以上の端末に対応
※Kindle端末は非対応

公式サイトの必要最低スペックは、対応OSぐらいしか分からないので、実際にどのランクのスマホが最低ラインなのかを知るために、ストアのレビュー評価とSNSの書き込みをひたすら遡って調査してみました!

どの程度のスマホがベスト?

実際にレビュー評価やSNSの書き込みを見てみると、FFBE幻影戦争は、それなりにスペックが必要だと言う事が分かりました。

最新の3Dグラフィックの重いゲームアプリだと「ハイスペックモデル」「ゲーミングスマホ」レベルの高価なスマホが必要です。FFBE幻影戦争は、そこまでのスマホこそ必要ありませんが、ある程度動作性能の高いモデルを選ぶ必要がありそうです。

実際に端末名指定で書かれていた情報は以下の通りです。

私のiPhone古すぎてカクカクでよう見えんから辞めてしまった。

レイド動き悪すぎるのはP20liteのせい?それともサーバーのせい?

iPhone6とiPhone8でプレイしているが、解像度の差がスゴイ

OPPO A5 2020で快適にプレイが出来る

P30 liteで快適にプレイが出来る

iPhoneシリーズは必要スペックにもあるように、iPhone 6s以降でのプレイが望ましいですね。ただしiPhone6で低解像度とのことなので、出来ればiPhone7やiPhone8を用意したいところですね。

一方のAndroidスマホでは、OPPO A5 2020で快適にプレイが出来るそうなので、この辺りの性能のスマホが良いのではないかと思います。価格も安いですからね。

画面解像度の違いを比較

一つだけ気になった点があったので、紹介しておきます。それは画面解像度です。

画面解像度は画面の縦横の点の数の事で、この点それぞれに色が入る事によって画面が映ります。

点の数が少ないと描写が粗くなってしまうので、映像が汚く見えてしまいます。

FFBE幻影戦争の画面解像度に注意!

こちらはFHD+ディスプレイとHD+ディスプレイを比較した画像です。よく見るとHDの方が粗さが目立っていますよね。

スマホの画面は小さいので、そこまでぱっと見では分からないレベルですが、個人的にはFHD以上が望ましいと感じました。

<スポンサーリンク>

FFBE幻影戦争がプレイできるスマホの条件

FFBE幻影戦争がプレイできるスマホの条件

この解像度の比較画像を用意するときにFHD+のnova lite2を使ったのですが、nova lite2はインストール時に「描写設定を低くしますか?」と言う案内が入ったので、恐らくスペックが足りていないのだと思います。

一方でHD+のOPPO A5 2020では表示されなかったので、やはり動作性能ではOPPO A5 2020クラスのモデルが望ましいですね。OPPO A5 2020はSnapdragon 665を搭載しており、AnTuTu8のベンチマークスコアが17万前後を記録しています。つまりAnTuTu8のベンチマークスコアが17万ぐらいでFHD/FHD+ディスプレイを搭載したモデルがあれば、FFBE幻影戦争で使えると言うことになります!(残念ながらOPPO A5 2020はHD+ディスプレイ)

FFBE幻影戦争で使えるおすすめスマホ

  • AnTuTuスコアは15万以上
  • 画面解像度はFHD/FHD+以上
  • なるべく安いモデル

この条件を満たしたSIMフリースマホの中で、コスパの良いモデルを中心にピックアップしてみました!

OPPO Reno A

OPPO Reno A

こちらはOPPOのコスパ良端末「Reno A」です。
Snapdragon 710搭載、FHD+の有機ELディスプレイを搭載してながらも3万円台で購入出来るコスパの良さ。AnTuTu8のベンチマークスコアは20万前後とハイスコアを記録。そしてDSDV・おサイフケータイ・防水防塵にも対応しています。まあ万能なスマホで、コスパも抜群なReno A。条件を満たしているモデルの中では最もオススメです。
発売 OPPO/2019年10月
動作性能 Snapdragon 710/6GBRAM
AnTuTu8:20万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面2500万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 158.4 × 75.4 × 7.8 mm/169.5 g
カラー ブルー
ブラック
価格 38,000円前後
Reno Aの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:12,000円
(投売り特価!)
秋の人気のスマホセール開催!
Reno A(27,000円)を期間中に購入した場合、15,000円割引が適用!
2020年10月23日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:18,973円
(大量ポイント付与!)
Rakuten UN-LIMIT 提供キャンペーン 開催!
キャンペーン期間中にReno A 128GB(35,273円)を「Rakuten UN-LIMIT」でお申し込みし、さらに「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話・メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用した場合、「10000ポイント」「オンライン契約で3000ポイント」「事務手数料分3300ポイント」と大量の楽天ポイントが貰えます!
さらに今ならプラン料金1年間無料(300万人限定)と言うとんでもない特典あり!

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:19,800円
(乗り換えでお得!)
秋のコミコミキャンペーン開催!
Reno A(27,800円)を期間中に他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、8,000円割引が適用されます!また通話定額10分申し込みで「通話定額10分7か月間無料」「6か月間の月額700円割引」が適用されます。さらに「初期費用3,000円が1円」「3,000円キャッシュバック」などの特典もあり!
2020年11月4日までの期間限定なのでお早めに。

HUAWEI P30 lite

P30 lite

こちらはHUAWEI P20 liteの後続モデル「P30 lite」です。
チップセットにはKirin710が搭載されております。AnTuTu8のベンチマークスコアでは16万前後を記録しています。
価格の安いミドルレンジの中ではかなり評判の良い端末です。発売当初の値段は3万円オーバーでしたが、最近では25,000円前後で購入出来ます。
発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin 710/RAM4GB
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.15インチ/2312×1080 FHD+
カメラ 背面2400万+800万+200万画素
前面2400万画素
バッテリー 3340mAh
サイズ 152.9 x 72.7 x 7.57 mm/159 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
機能 トリプルカメラ
Wi-Fi5GHz(a/ac)
USB Type-C
ベゼルレス
ノッチ
価格 32,800円

ASUS ZenFone 6

ASUS ZenFone 6

こちらはASUSの2019年夏モデル「ZenFone 6」です。
スナドラ855搭載のハイスペックモデルで、回転式のカメラが特徴のスマホです。Snapdragon 855搭載のハイスペックながらにDSDV及びトリプルスロットに対応している珍しい端末です。
AnTuTu8のベンチマークスコアは42万前後と言うハイスコアを記録しており、5000mAhもの大容量バッテリーを搭載した万能ハイスペック。
ただし価格がかなり高く7万円ほどするので、これからもいろんなゲームをプレイすると言うゲーマーの方にオススメです!
発売 ASUS/2019年8月
動作性能 Snapdragon 855/6GBor8GBRAM
AnTuTu8:42万
ストレージ 内部128or256GB/外部2TB
ディスプレイ 6.4インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+1300万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 159.1 × 75.4 × 9.1 mm/190 g
カラー ミッドナイトブラック
トワイライトシルバー
価格 69,500円
82,500円

<スポンサーリンク>

まとめ

FFBEはカットインで入る召喚獣のムービーなどのクオリティがスゴイです!

その分ある程度の性能が必要なので、今回紹介した「P30 lite」が最低ラインかなと思います。

もう少しランクの高いモデルが良いと言う方は「Reno A」がオススメですし、ハイスペックモデルが良いと言う方は「ZenFone 6」も検討してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。