FFBE幻影戦争におすすめのスマホは?【必要スペック】

ファイナルファンタジーシリーズのTRPG「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」通称「FFBE幻影戦争」をご存じでしょうか?

2019年11月に開始したスマホアプリなのですが、筆者のイッテツはいまさらながらハマってしまいました!

ゲーム性はもちろん、グラフィックや音楽も美しいので、スクエニ好きやTRPGが好きな人におすすめのアプリです!

今回はそんなFFBE幻影戦争で使うオススメのスマホを紹介していこうと思います。

「FFBE幻影戦争がカクカクする!」
「FFBE幻影戦争用にサブスマホが欲しい!」

そんな方がいれば、ぜひ参考にしてみて下さい!

FFBE幻影戦争に必要なスマホのスペックは?

FFBE幻影戦争は2019年11月にリリースされた新しいゲームアプリなので、ある程度のスペックが要求されると思います。公式サイトに記載されている条件は以下の通りです。

iPhoneの必要最低スペック

対応OS iOS 12.0以降のiPhone、iPadに対応
対応機種 iPhone6s 以降
iPad 第五世代以降
iPad mini 4 以降
※iPod touchは非対応

Androidの必要最低スペック

対応OS Android OS 5.0以降
対応機種 RAM2GB以上の端末に対応
※Kindle端末は非対応

公式サイトの必要最低スペックは、対応OSぐらいしか分からないので、実際にどのランクのスマホが最低ラインなのかを知るために、ストアのレビュー評価とSNSの書き込みをひたすら遡って調査してみました!

どの程度のスマホがベスト?

どの程度のスマホがベスト?

実際にレビュー評価やSNSの書き込みを見てみると、FFBE幻影戦争は、それなりにスペックが必要だと言う事が分かりました。

最新の3Dグラフィックの重いゲームアプリだと「ハイスペックモデル」「ゲーミングスマホ」レベルの高価なスマホが必要です。FFBE幻影戦争は、そこまでのスマホこそ必要ありませんが、ある程度動作性能の高いモデルを選ぶ必要がありそうです。

実際に端末名指定で書かれていた情報は以下の通りです。

私のiPhone古すぎてカクカクでよう見えんから辞めてしまった。

レイド動き悪すぎるのはP20liteのせい?それともサーバーのせい?

iPhone6とiPhone8でプレイしているが、解像度の差がスゴイ

OPPO A5 2020で快適にプレイが出来る

P30 liteで快適にプレイが出来る

iPhoneシリーズは必要スペックにもあるように、iPhone 6s以降でのプレイが望ましいですね。ただしiPhone6で低解像度とのことなので、出来ればiPhone7やiPhone8を用意したいところですね。

一方のAndroidスマホでは、OPPO A5 2020で快適にプレイが出来るそうなので、この辺りの性能のスマホが良いのではないかと思います。価格も安いですからね。

画面解像度の違いを比較

一つだけ気になった点があったので、紹介しておきます。それは画面解像度です。

画面解像度は画面の縦横の点の数の事で、この点それぞれに色が入る事によって画面が映ります。

点の数が少ないと描写が粗くなってしまうので、映像が汚く見えてしまいます。

FFBE幻影戦争の画面解像度に注意!

こちらはFHD+ディスプレイとHD+ディスプレイを比較した画像です。よく見るとHDの方が粗さが目立っていますよね。

スマホの画面は小さいので、そこまでぱっと見では分からないレベルですが、個人的にはFHD以上が望ましいと感じました。

<スポンサーリンク>

FFBE幻影戦争がプレイできるスマホの条件

FFBE幻影戦争がプレイできるスマホの条件

この解像度の比較画像を用意するときにFHD+のnova lite2を使ったのですが、nova lite2はインストール時に「描写設定を低くしますか?」と言う案内が入ったので、恐らくスペックが足りていないのだと思います。

一方でHD+のOPPO A5 2020では表示されなかったので、やはり動作性能ではOPPO A5 2020クラスのモデルが望ましいですね。OPPO A5 2020はSnapdragon 665を搭載しており、AnTuTu8のベンチマークスコアが17万前後を記録しています。つまりAnTuTu8のベンチマークスコアが17万ぐらいでFHD/FHD+ディスプレイを搭載したモデルがあれば、FFBE幻影戦争で使えると言うことになります!(残念ながらOPPO A5 2020はHD+ディスプレイ)

FFBE幻影戦争で使えるおすすめスマホ

  • AnTuTuスコアは15万以上
  • 画面解像度はFHD/FHD+以上

この条件を満たしたSIMフリースマホの中で、FFBEにおすすめのモデルを紹介します!

Xiaomi Redmi Note 9S

Xiaomi Redmi Note 9S

発売 Xiaomi/2020年6月
動作性能 Snapdragon 720G/4GBor6GBRAM
AnTuTu8:25万
ストレージ 内部64GBor128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+500万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 165.75 × 76.68 × 8.8 mm/209 g
カラー オーロラブルー
グレイシヤーホワイト
参考価格 24,800円
29,800円
Redmi Note 9Sの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
実質価格:14,900円
(乗り換えがお得!)
Redmi Note 9S 4GB(14,900円)を他社からの乗り換えで購入した場合、5,000円割引が適用されます。

blank 【Redmi Note 9S実機レビュー】2万円台でAnTuTuベンチマーク25万はもはや反則レベル

こちらはXiaomiの「Redmi Note 9S」です。

チップセットにSnapdragon 720Gを搭載しており、AnTuTuのベンチマークスコアが25万前後とそこそこのハイスコア。価格が25,000円とは思えないほどのスコアでコスパは抜群。6.67インチの大画面FHD+ディスプレイが搭載。

OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 A

発売 OPPO/2020年6月
OS ColorOS 7.1(Android 10ベース)
動作性能 Snapdragon 665/6GBRAM
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.44インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面:4800万画素 + 800万画素 + 200万画素 + 200万画素
前面:1600万画素
バッテリー 4025mAh
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
サイズ 160.9 × 74.1 × 8.2 mm/175 g
カラー ホワイト
ブラック
参考価格 30,000円
Reno3 Aの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:11,880円
(投売り特価!)
大特価セール!
OPPO Reno3 A(28,380円)をセール期間中に購入した場合、16,500円割引が適用されます。
2021年4月16日までの期間限定なのでお早めに。

BIGLOBE SIMblank
実質価格:10,960円
(Gポイント大量付与!)
端末セット特典!
セール期間中にOPPO Reno3 A(30,960円)を音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが20,000ポイントも付与されます!
また「初期費用無料」「月額料金の12か月間550円割引」「セキュリティセット・プレミアム6か月無料」「エンタメフリーオプション6か月無料」など特典多数!
エンタメフリーオプションはYoutubeなど対象サービスの通信量がノーカウントになるお得なオプションです!
2021年5月31日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:13,200円
(乗り換えが超お得!)
スマホ大特価セール!
Reno3 A(25,080円)を他社からの乗り換えでギガプラン音声SIM契約した場合、11,880円割引が適用されます。またギガプラン登場記念キャンペーンによって初期費用3,300円が1円に!
2021年5月31日までの期間限定なのでお早めに。

blank 【開封レビュー】OPPO Reno3 Aは前作からスペックダウンしたけど総合的には大幅強化!

こちらは大人気のOPPOスマホ「OPPO Reno3 A」です。

Snapdragon 665搭載で、AnTuTu8ベンチマークスコアは18万前後を記録。なんといっても「防水防じん」「おサイフケータイ」の対応が特徴のモデル。

価格は3~4万円なのでRedmi Note 9Sよりコスパは微妙ですが、おサイフケータイや防水防じんを利用したいと言う方にはおすすめ。

ASUS ZenFone 7

ASUS ZenFone 7

発売 ASUS/2020年10月
動作性能 Snapdragon 865/8GBRAM
AnTuTu8:58万
ストレージ 内部128GB/外部2TB
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 90Hz 有機EL
カメラ 背面6400万+1200万+800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 77.2 × 165 × 9.6 mm/235 g
カラー パステルホワイト
オーロラブラック
価格 9万円前後
ZenFone 7の開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:58,300円
(投売り特価!)
ZenFone 7(74,800円)をセール期間中に購入した場合、16,500円割引が適用されます。
2021年4月16日までの期間限定なのでお早めに。

こちらはASUSのハイスペックモデル「ZenFone 7」です。

背面カメラを回転してインカメラ撮影でも使うことができる「回転式カメラ」が特徴のハイスペックスマホ。チップセットにSnapdragon 865が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは58万前後とハイスコアを記録。リフレッシュレート90Hzに対応しているので、ブラウジングや動画・ゲームが滑らかに動きます。

ハイスペックモデルなので価格が9万円前後と高め。せっかくなのでハイスペックモデルもピックアップしてみました。

Xiaomi Black Shark 3

Xiaomi Black Shark3

発売 Xiaomi/2020年10月
動作性能 Snapdragon 865/8GBRAM
AnTuTu8:58万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.67インチ/2340×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面6400万+1300万+500万画素
前面2000万画素
バッテリー 4720mAh
サイズ 168.7 x 77.3 x 10.4 mm/222 g
カラー シャドーブラック
価格 69,800円

こちらはXiaomiのゲーミングスマホ「Black Shark 3」です。

チップセットにSnapdragon 865が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアは58万前後とハイスコアを記録。

リフレッシュレート90Hz対応であったり、冷却機能であったり、ゲーミングスマホらしい仕様となっております。ゲームに特化したモデルなので当然FFBEも快適にプレイできるでしょう。価格は69,800円と高め。

ちなみにゲーミングスマホをまとめた記事「【2021年最新】おすすめのハイスペックSIMフリースマホ【ベンチマークで比較!】」にて、色んなゲーミングスマホを紹介しているので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

<スポンサーリンク>

FFBE幻影戦争で使えるおすすめタブレット

この記事への検索ワードで「タブレット」というものがあったので、FFBE幻影戦争がプレイできるおすすめのタブレットも2機種ほど紹介しておきます。

まずはド定番のiPadシリーズより「Apple iPad Air」です。こちらはiPadの割に価格が抑えられているため、コスパがそこそこ優秀。

とはいえiPadシリーズ自体がめちゃくちゃ高価格なので、こちらのiPad Airも7万円前後と高め。AnTuTuのベンチマークスコアは65万前後の超ハイスコアを記録しています。

そしてこちらはHUAWEIのAndroidタブレット「MediaPad M5 lite」です。8型モデルと10型モデルが存在しておりますが、どちらも2~3万円ぐらいで買える安めのタブレットです。

しかし残念ながらAnTuTuのベンチマークスコアが9万ほどしかないので、これまで紹介してきたスマホと比べると快適さは微妙かも。とはいえ筆者は実際にこのタブレットでFFBEをプレイしていましたが、とくに問題なく動いていました。

まとめ

FFBEはカットインで入る召喚獣のムービーなどのクオリティがスゴイです!

その分ある程度の性能が必要なので、今回紹介したスマホだと「OPPO Reno3 A」が最低ラインかなと思います。

もう少しランクの高いモデルが良いと言う方は「Redmi Note 9S」がオススメですし、ハイスペックモデルが良いと言う方は「ZenFone 7」を、ゲーム特化モデルが良いと言う方は「Black Shark3」を検討してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。