前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

【UMIDIGI BISON Pro レビュー】AnTuTu22万の高機能タフネススマホ開封【体温計が使える!】

以前開封したUMIDIGI BISONのアップグレードモデル「UMIDIGI BISON Pro」が届いたので開封レビューしていきます。(ちなみに下位モデルUMIDIGI BISONのレビュー記事はこちら

UMIDIGI BISON Proは、中国のUMIDIGIが販売するタフネススマホです。2021年7月に登場したニューモデルですが、チップセットにMediaTek Helio G80が搭載されているので、これまでスマ情で紹介してきた中華タフネススマホの中でも動作性能がそこそこ高いのがポイントです。

そこそこ性能の良いタフネススマホを安い値段で探している人には、今回のUMIDIGI BISON Proはベストバイです!ぜひ検討してみてください(*´▽`*)

UMIDIGI BISON Proのスペック

UMIDIGI BISON Proのスペック

UMIDIGI BISON Proは2021年7月に登場したUMIDIGIの格安タフネススマホです。Ulefoneは「UMIDIGIスマホはどこの国のメーカー?評判は良いのか?」でも取り上げた中国のメーカーです。そんなUMIDIGI BISON Proのスペックは下記の通り。

UMIDIGI BISON Proの主なスペック

  • OS : Android 11
  • CPU : MediaTek Helio G80
  • RAM : 4GB/8GB
  • ROM : 128GB
  • 外部ストレージ : 256GB
  • ディスプレイ : 6.3インチ、液晶、2340×1080(FHD+)、19.5:9、水滴型ノッチ
  • カメラ : 背面4800万+1600万+500万画素、前面2400万画素
  • バッテリー : 5000mAh、18W
  • 機能 : USB Type-C、Wi-Fia/b/g/n/ac、DSDV、IP68/IP69K/MIL-STD-810G、OTG、指紋/顔認証
  • 対応Band(4G) : (FDD-LTE)B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B /66、(TDD-LTE)B34 /38 /39 /40 /41
  • サイズ・重量 : 164 × 79.6 × 12.7 mm、265g
  • カラー : Storm Gray、Hack Black
参考リンク

<スポンサーリンク>

UMIDIGI BISON Proの価格と購入先

UMIDIGI BISON Proの価格と購入先

UMIDIGI BISON Proの販売価格は25,000円前後ですが、Banggoodの割引クーポン適用時はより安く入手可能です。

※ちなみに日本のAmazonではまだ取り扱われていませんでした。

今回UMIDIGI BISON Proをご提供頂いたBanggoodにて購入可能です。

UMIDIGI BISON Proの開封レビュー

UMIDIGI BISON Proのパッケージ

というわけで届いたUMIDIGI BISON Proを開封レビューしていきます!

UMIDIGI BISON Proの本体詳細

UMIDIGI BISON Proの本体詳細

相変わらずのスタイリッシュデザイン。今回のカラーは「Storm Gray」です。UMIDIGI BISON Proのカラーバリエーションは「Storm Gray」と「Hack Black」の2色展開です。

UMIDIGI BISON Proの右側面

正面から見て右側面です。こちら側には「ボリュームボタン」「電源ボタン」「スマートキー」が配置されています。

UMIDIGI BISON Proの左側面

こちらは正面から見て左側面です。こちら側には「SIMトレイ」「指紋認証センサー」「スマートキー」が配置されています。
UMIDIGI BISONと言えば、この2つのスマートキー配置です。前作では「PTT/SOSボタン」としてキーが固定で割り当てられていましたが、今回はどちらもカスタマイズが自由に。

UMIDIGI BISON Proの底面

底面には「USBポート」が配置されております。Type-Cが採用されています。

UMIDIGI BISON Proの上面

上面には「イヤホンジャック」が配置されています。場所は底面から見て右サイド、正面から見て左サイドです。

UMIDIGI BISON ProのSIMトレイ

SIMトレイはSIMピン無しで取り出せる仕様です。

UMIDIGI BISON ProはSIMスロット

UMIDIGI BISON ProはデュアルSIMでDSDV対応とのこと。
しかし残念ながらトリプルスロットではなく、SIM2は排他利用。

UMIDIGI BISON Proの背面

背面の下部には「スピーカー」「ストラップホール」が配置されています。ストラップというよりベルトを通せそうなサイズなので、現場仕事や登山などでも活用できそうですね。

UMIDIGI BISON Proの四隅

UMIDIGI BISON ProはMIL-STD-810G準拠の「耐衝撃性能」を誇ります。四隅にある「Reinforced Cushion」で、落下時の衝撃を吸収してくれます!

スタイリッシュな見た目がイイ感じ!

blankイッテツ

UMIDIGI BISON Proの付属品一覧

UMIDIGI BISON Proの付属品一覧

つづいてUMIDIGI BISON Proの付属品を紹介します。

UMIDIGI BISON Proのケーブル

まずこちらは「USBケーブル」です。UMIDIGIでよく搭載されている黒赤のケーブルですね。

UMIDIGI BISON Proのケーブル2

もちろん「USB Type-C」です。

UMIDIGI BISON Proの充電器

こちらは充電用の「ACアダプター」です。18Wの急速充電に対応。
ただし海外仕様なので、このままでは日本のコンセントに接続できません。

UMIDIGI BISON Proの変換機

Banggoodでは「変換機」のオマケ付きです。

充電器と変換機を接続

こちらを接続することで日本でも使えるようになります!

UMIDIGI BISON Proの取り扱い説明書

こちらは「取扱説明書」です。日本語でも表記されています。

UMIDIGI BISON Proの初期液晶保護フィルム

少し分かりにくいですが、はじめから液晶保護フィルムが貼られています。
かなり透明度が高いのでおそらく光沢タイプ。

付属品をまとめると下記の通り。

  • UMIDIGI BISON Proの本体
  • 液晶保護フィルム(装着済み)
  • 充電アダプター
  • 充電ケーブル
  • 変換機(Banggood)
  • 取り扱い説明書
タフネススマホなので純正ケースは同梱されていませんでした!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

UMIDIGI BISON Proの性能をチェック!

UMIDIGI BISON Proの性能をチェックしていきましょう。

6.3インチのFHD+ディスプレイ搭載

UMIDIGI BISON Proのディスプレイ

UMIDIGI BISON Proは6.3インチのFHD+(2340×1080)ディスプレイを搭載しています。
アスペクト比は19.5:9で、画面占有率は約92.7%で、リフレッシュレートは60Hzです。

UMIDIGI BISON Proのノッチ

ディスプレイ上部には「水滴型ノッチ」が採用されています。

UMIDIGI BISON Proのベゼル

ディスプレイ下部のベゼルはやや太め。

タフネススマホは画面解像度がHD+であることが多いですが、
今回のUMIDIGI BISON Proは前作に引き続き「FHD+」採用です!

blankイッテツ

カメラは前作からダウングレード?

UMIDIGI BISON Proのカメラ

UMIDIGI BISON Proはレンズを3つ搭載する「トリプルカメラ」が採用されております。前作から深度レンズがなくなっていますが、その代わりに非接触体温センサーが搭載されております。

  • 4800万画素(メイン/F1.8)
  • 1600万画素(超広角/117°)
  • 500万画素(マクロ/2.5cm)

UMIDIGI BISON Proはタフネススマホなのでカメラ機能はあくまでメモ用レベル。ただし広角撮影やマクロ撮影などに対応しています。

広角撮影
通常撮影
▲広角撮影では通常よりも広い画角での撮影が可能。UMIDIGI BISON Proの広角撮影は117°です。ただし通常撮影よりもやや暗め。
マクロ撮影
通常撮影
▲マクロ撮影ではピントが合わないような近距離での撮影が可能。
カメラユニット

ちなみにカメラユニットはこんな感じに、ちょっとだけ出っ張ってます。

AnTuTuベンチマークスコアは22万

UMIDIGI BISON ProはMediaTek社のHelio G80が搭載されております。AnTuTuのベンチマークスコアは22万なので、それなりに快適に使えそうです。

同価格帯のタフネススマホの中ではかなりハイスコアなので、UMIDIGI BISON Proを選ぶメリットの一つとなります。

blank UMIDIGI BISON Proの実機ベンチマークスコア【AnTuTu9】【MediaTek Helio G80】

サイズは大きめ、重量は重め

UMIDIGI BISON Proの本体サイズは「164 × 79.6 × 12.7 mm」です。

UMIDIGI BISON Proの重量は265グラムと公表されておりましたが、実際に計ってみると初期フィルム込みで「258.2グラム」でした。
とはいえタフネススマホなのでかなり重いです。

下位モデルUMIDIGI BISON(右)とほぼ同じサイズ感ですね。

DSDV対応・トリプルスロット非対応

DSDV対応

UMIDIGI BISON ProはDSDVに対応しております。ただしトリプルスロットには非対応なので、SIM2枚とSDカードを同時に利用できないので注意。

UMIDIGI BISON Proの対応バンドと使える回線

UMIDIGI BISON Proの対応バンド
2G:GSM:B2/B3/B5/B8
3G:WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
3G:TD-SCDMA:B34/B39
4G:FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B66
4G:TDD-LTE:B34/B38/B40/B41

UMIDIGI BISON Proはドコモで使える〇

UMIDIGI BISON Proはドコモで重要なB1/3/19に対応しているので、ドコモで快適に利用できます。

UMIDIGI BISON Proはソフトバンクで使える〇

UMIDIGI BISON Proはソフトバンクで重要なB1/3/8に対応しているので、ソフトバンク・ワイモバイルで快適に利用できます。

UMIDIGI BISON Proはau・UQモバイルで使える〇

UMIDIGI BISON Proはauで重要なB18/26に対応しているので、au・UQモバイルで快適に利用できます。

UMIDIGI BISON Proは楽天モバイルで使えない×

UMIDIGI BISON Proは楽天モバイルで重要なB1/3に対応しております。ただし楽天モバイルと相性の悪いMediaTek社のチップセットが搭載されています。そして実際に検証したところ楽天モバイルでは使えなかったので注意。

<スポンサーリンク>

UMIDIGI BISON Proのメリット

UMIDIGI BISON Proのメリット

紹介しきれていないUMIDIGI BISON Proの良いところやメリットを紹介します。

1.タフネススマホの耐久性

UMIDIGI BISON Proの耐久性能

UMIDIGI BISON Proはタフネススマホなので、防水防じんに加えて耐衝撃にも対応しております。

アウトドアシーンはもちろんですが、よくスマホを落とす人や現場仕事の人にもおすすめです。

2.機能が充実している

そんなUMIDIGI BISON Proですが、アウトドアシーンで活躍できそうな機能が多く搭載されております。

スマートキー
まずは2つ搭載されている「スマートキー」です。特定の動作やアプリの起動を割り当てる事ができます。
2つのスマートキーそれぞれの「シングルクリック」「ダブルクリック」「長押し」にショートカットを割り当てることができます。
ツールボックス
ホーム画面にある「ToolBox」には様々なアプリが入っています。
背面にセンサーが搭載されている「体温計」も入っています。
少し下にある「calibrate」で初期調整を行うと、かなり精度が良くなります。
グローブモード
手袋装着時に画面が操作できる「グローブモード」が搭載されています。ちなみにゴム系の素材は一切反応しなかったので注意。

3.動作性能がそこそこ良い

UMIDIGI BISON ProのAnTuTuベンチマークスコアは22万と、タフネススマホの中ではかなり高め。

それでいて価格が2万円以下(Banggoodセール)なので、コストパフォーマンスはかなり良いですね。

タフネススマホの中でも、そこそこ快適に動く端末をお探しなのであれば、今回のUMIDIGI BISON Proは超おすすめです。

4.デザインが格好良い

デザインが格好良い

UMIDIGI BISON Proはかなりスタイリッシュなデザインをしています。もちろん人によって好みは分かれると思いますが、、個人的にはかなり好きなデザインです。

だけど逆に「タフネススマホだからゴツゴツしてた方が好き!」って人も多そうですよね。

5.技適マーク搭載

技適マーク搭載

UMIDIGI BISON Proは技適マークが搭載されているので、日本でも安心して使えます。

UMIDIGI BISON Proのデメリット

UMIDIGI BISON Proのデメリット

逆にUMIDIGI BISON Proの悪いところやデメリットを紹介します。

1.楽天モバイルが使えない

UMIDIGI BISON ProはMediaTek社のチップセットが搭載されているので、楽天モバイルで通話を利用するためには設定が必要です。

blank UMIDIGIスマホで楽天モバイルが繋がらない時の対処法【APNとVoLTE化】

こちらの記事で手順を解説しておりますが、、残念ながらUMIDIGI BISON Proは設定をしても楽天モバイルが使えないです。

正確には「設定を行うための画面に移動できない」です。楽天モバイルで使うには「エンジニアリングモード」に接続して、そこでいろいろな設定を行わないといけないのですが、UMIDIGI BISON Proの場合はそのエンジニアリングモードに接続できないのです。

楽天モバイルは無料キャンペーンの影響もあって利用者がそこそこ多いです。その楽天モバイルが使えないとなると、これはデメリットと考えてよいでしょう。

2.バッテリー持ちが微妙(そうでもなかった)

バッテリー持ちが微妙かも

UMIDIGI BISON Proは「5000mAhバッテリー」が搭載されておりますが、高性能かつFHD+搭載なのでバッテリー持ちは正直微妙かもしれません。

実際にレビュー記事制作にあたりUMIDIGI BISON Proを数日間触っていましたが、思ってた以上にバッテリーが減っていました。

blank UMIDIGI BISON Proの実機ベンチマークスコア【AnTuTu9】【MediaTek Helio G80】

※追記
後日PCMarkにて測定してみました。結果は15時間32分だったので、思ったより全然良かったです!

  • OUKITEL WP5(8000mAh) 27時間24分
  • DOOGEE S86 Pro(8500mAh) 22時間50分
  • Ulefone Note 11P(4400mAh) 17時間23分
  • OUKITEL WP8 Pro(5000mAh) 17時間19分
  • UMIDIGI BISON Pro(5000mAh) 15時間32分
  • Ulefone Armor X5 Pro(5000mAh) 13時間56分
  • Ulefone Note 9P(4500mAh) 13時間49分
  • UMIDIGI BISON(5000mAh) 13時間43分
  • Ulefone Armor 8 Pro(5580mAh) 12時間30分
  • OUTEKIL C19(4000mAh) 11時間7分

UMIDIGI BISON Proの開封レビューまとめ

UMIDIGI BISON Proの開封レビューまとめ

というわけでUMIDIGI BISONの上位モデル「UMIDIGI BISON Pro」開封レビューしてみました。

  • 価格が安い(セール時20,000円以下)
  • 動作性能が高い(AnTuTu22万)
  • 非接触の体温計機能を搭載
  • 楽天モバイルで使えない

動作性能と価格で言えばコスパは抜群に良いので、タフネススマホの中でも性能の高いスマホをお探しなのであれば、ぜひ今回のUMIDIGI BISON Proを検討してみて下さい(*´▽`*)

今回UMIDIGI BISON Proをご提供頂いたBanggoodにて購入可能です。

7 COMMENTS

blank tan aka

楽天モバイルが使えます。

umidigiのスマホは3台目です。
確かに前2機種はsimを入れても使えなかったのでいろいろ設定して使えるようになったのですが、bison proも同じだと思ってsimを入れたら何の設定もなしでアンテナマークは立つし、4GもVoLTEも表示されて、電話もネットも問題なく使えます。
何故かはわかりませんが。

返信する
blank イッテツ

>tan akaさん
コメントありがとうございます。スマ情管理人のイッテツです。

楽天モバイルが使えたとのことですが、、エリアの関係ですかね(;´・ω・)
再度試してみましたが、愛知県では接続することができませんし、VoLTE化もできませんでした…(´;ω;`)

返信する
blank イッテツ

>まさおさん
コメントありがとうございます。スマ情管理人のイッテツです。

楽天モバイルはかつてパートナー回線(au)と楽天回線(楽天自社)で、それぞれ対応エリアが異なっておりました。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/information/news/other/809/

こちらの記事に、、
>>2021年10月以降順次、全国39都道府県の一部地域においては、パートナー回線によるローミングサービスから、楽天回線によるサービス提供へ切り替えてまいります。

との記載がありましたので、もしかすると現在はUMIDIGI BISON Proでも接続できるのかもしれませんね。
知り合いにbison proを譲ってしまったので、数日以内に拝借して楽天SIMを試してみますね。

返信する
blank ケイボン

ドコモsimを使ってます。
普通に使えます。
ただLINEがアプリを開かないと通知がきません。
かなり不便です。
いくら設定しても同じ結果です。
それとこれも設定済ですが、Googleアシスタントの画面オフの時にok!Googleと言っても無反応です。

返信する
blank 匿名

bangoodで購入しようと思いましたがEU版とその他のバージョンのどちらを選択すればいいのかわからず躊躇してます。
ご教授いただけますか?

返信する
blank イッテツ

>匿名さん
コメントありがとうございます。スマ情管理人のイッテツです。

>>非欧州連合出身の場合は、その他の地域バージョンを選択してください。
との記載がありますので「他のバージョン」を選びましょう。

違いは、アップデート時のソフトウェアの更新内容や、付属の充電器などと思われます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。