Redmi Note 9Sが8,060円!特典だらけのスマホセールがお得すぎる!

スマホでワイヤレス充電ができない時の原因と対処法【置くだけ充電】

最近のiPhoneは「ワイヤレス充電」に対応しています。

ワイヤレス充電は、スマホを置くだけで充電ができる便利な機能なのですが、なぜか充電できないと言うトラブルが非常に多いです。

せっかくワイヤレス充電に対応しているスマホを持っているのに、わざわざコードに繋いで充電したくないですよね。

本記事ではそんなワイヤレス充電ができない原因と対処法をまとめてみました!

「なぜかワイヤレス充電ができない!」と言うトラブルを抱えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

スマホのワイヤレス充電とは?

blank
出典:Amazon

スマホのワイヤレス充電とは、非接触の充電方式のことです。一般的な充電方式は、充電器からケーブルをスマホに繋いで給電します。しかし、ワイヤレス充電の場合はケーブルで繋ぐのではなく、専用の充電器にスマホを置くだけで充電することが出来ます。

ワイヤレス充電ができない原因と対処法

ワイヤレス充電ができない原因と対処法

置くだけで充電が出来るという便利な「ワイヤレス充電」ですが、なぜか充電ができないと言うトラブルが非常に多いです。そんな充電ができない原因と対処法をまとめてみました。

ワイヤレス充電に対応していない

そもそも「最近買ったiPhoneだから」と言ってワイヤレス充電に対応しているわけではありません。iPhoneの場合はiPhone 8以降のモデルが対応機種となっております。ちなみに別シリーズのXRも対応しています。

そしてAndroidスマホの場合は、Galaxy Sシリーズを中心に一部のハイエンドモデルが対応しております。ドコモスマホの場合は、こちらのページで確認することが出来ます。
参考:対応機種 – ワイヤレス充電 – NTTドコモ

スマホケースの相性が悪い

ワイヤレス充電ができない時は、スマホケースにも注意してください。

ワイヤレス充電は、充電器側で発生した磁束の関係で、スマホのコイルに誘導電流が流れ、その際に発生した電力で充電する仕組みになっています。スマホケースが装着されている場合、材質や厚み次第でスマホのコイルに誘導電流が流れなくなってしまいます。

まずは一度ケースを外して充電できるかチェックしてみて、もしケース無しで充電出来るのであれば、スマホケースに原因があります。しっかりと「ワイヤレス対応」「Qi対応」と記載されたケースを選ぶようにしてください。

スマホと充電器の間に異物がある

上記のスマホケースで記載した通り、ワイヤレス充電は充電器側で発生した磁束がスマホ側に届かなければ充電が出来ません。

もしスマホと充電器の間にホコリが溜まっていたり、なにかゴミがあるかもしれないので、一度充電器をしっかりと掃除してから、充電できるかチェックしてみて下さい。

またスマホケースの中に、金属類や磁気を帯びたものがあれば要注意です。ICチップのついたカードなんかも良くないので、外してから充電できるか試してください。

スマホの置き方を間違えている

「置くだけ」充電と言っても、実際は置くだけではダメです。

ワイヤレス充電器のコイルで発生された磁束をスマホのコイルへ接触させることで、スマホのコイルに電流が流れます。

しっかりとワイヤレス充電器内にあるコイルとスマホ内にあるコイルを近づけないと充電できないです。

うまく充電できないときはスマホの置き方をかえて、コイルの位置をしっかりと把握しておきましょう。

<スポンサーリンク>

非対応機種もQiレシーバーでワイヤレス充電に

非対応機種もQiレシーバーでワイヤレス充電に

もしワイヤレス充電に対応していなかったとしても「Qiレシーバー」を使えば、ワイヤレス充電が出来るようになります!

非対応のスマホと接続して、スマホとスマホケースの間にQiレシーバーを入れておくだけで、ワイヤレス充電を利用することが出来ます。ただし、厚みのある製品だとスマホケースの間に入らない場合があるので注意しましょう。

またQiレシーバーの製品のレビューなんかを見みてみると、「相性の問題」がよく記載されています。

Qiレシーバーは充電器との相性がシビアらしく、全く充電ができない場合もあるみたいです。筆者イッテツはレシーバーではなく普通にワイヤレス充電に対応したスマホを使っています。もしレシーバーとQi充電器で相性の良い組み合わせがあれば、コメントにて教えて頂けたら嬉しいです。

この辺りの製品はレビュー評価がそれなりにマシだったので、購入を検討している方はチェックしてみて下さい。

おすすめのワイヤレス充電器

ちなみにワイヤレス充電器は、大きく分けると2種類に分かれます。「スタンド型」「パット型」です。

スタンド型のワイヤレス充電器

スタンド型のワイヤレス充電器は、スマホを立てかけておくことが出来るので、動画など再生するときに便利です。ただしコイルの場所次第では、逆向きに置く必要があったり、横向きに置く必要があります。

パット型のワイヤレス充電器

パット型のワイヤレス充電器は、地面にパットが置いてあるタイプです。スマホをパットの上に置くだけで充電が出来るので、割と使いやすいです。

まとめ

iPhoneは最近のモデルだとワイヤレス充電に対応しています。Androidスマホは一部のモデルが対応しているだけで、まだまだ対応端末が少ない状況です。

ワイヤレス充電は実際に使ってみると分かりますが、めちゃくちゃ便利な充電方式です。ケースとの相性やコイル場所次第でトラブルが起こりやすいと言う難点があり、筆者のイッテツもワイヤレス充電器を2回も買い替えています。

また本記事の内容でもある「充電ができなくなるトラブル」もよくあるので、実際に充電ができないときは、今回の原因と対処法をしっかりと試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。