前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

HUAWEIスマホはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

米中問題で話題となった「HUAWEI(ファーウェイ)」と言うメーカーをご存じでしょうか?

日本では豊富なSIMフリースマホのラインナップや、キャリアスマホにも採用されている事から、スマホ好きの人には聞き馴染みのあるメーカーとなっております。

今回はそんな「HUAWEI」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

HUAWEIはどこの国のメーカーなの?

HUAWEIはどこの国のメーカーなの?出典:HUAWEI JAPAN

HUAWEI(ファーウェイ)は、中国の深セン市に本社を置く通信機器メーカーです。

日本でのHUAWEIは、元々「HW-〇〇」と言う名前のポケットWi-Fiを販売していたのですが、いつからかSIMフリースマホやタブレットを販売するようになりました。個人的に覚えているのは「Ascend G6」「Ascend G620S」ですね。この辺りのモデルが良端末だと話題になっていました。それと当時スマホとタブレットの間ぐらいのサイズの端末を「ファブレット」と呼んでいたのですが、「HUAWEI P8 Max」がファブレットとして人気だった覚えがあります。

そのあとは現在の看板機種である「P30 lite」の前作「P9 lite」や、初代「nova lite」なんかがコスパの良さから人気端末となっていました。

HUAWEIスマホの特徴は?

HUAWEIスマホと言えば、なんといってもコストパフォーマンスの高さが特徴です。

現在では中国スマホのコストパフォーマンスが高いのは周知の事実なのですが、米中問題が起きた少し前ぐらい(P20 liteやnova lite2辺り)の時期は、「コスパ」と言う分野だけで言うとHUAWEIの一強でした。

今でも当時コスパで有名になった各モデルの後続機「P30 lite」「nova lite3」は売れ筋スマホです。

またコスパ以外の分野でも突出しているものがあります。それはカメラ性能です。

HUAWEIの「Pシリーズ」「Mateシリーズ」の最上位である「Pro」の付いたモデルは、動作性能の高さだけでなくカメラ性能もスゴイです。

最近で言えばドコモが採用している「P30 Pro」や、DXOMARKで上位にランクインしている海外モデル「Mate 30 Pro」のことですね。カメラレンズの有名メーカー「ライカ」と共同で開発されているカメラ機能は、とても綺麗な写真が撮れると評判です!

HUAWEIスマホは買っても大丈夫なの?

海外の中華スマホなんかを探していると、「買わない方が良い」と言う意見が出るときがあります。

しかしその点HUAWEIは、ドコモなどの大手キャリアから専売モデルが販売されているほど信用のあるメーカーです。

ただし問題があるとすれば「米中のGoogle問題」です。

簡単に言ってしまえば、
アメリカが「HUAWEI製品から機密情報を中国に送信している。中国のスパイだ!」と指摘し、HUAWEI製品を排除する動きが始まり、グーグルがHUAWEIへのサービスの提供をやめたのです。

Android OSはグーグルが開発提供しているOSですし、グーグルストアやGmailやYoutubeなどもグーグルのサービスとなっております。これらすべてが、今後発売されるHUAWEI製品では利用する事が出来なくなるとのことです。

一つ安心してほしいのは、既に販売されているHUAWEIスマホは関係ないということです。

すでに販売されているモデルはAndroid OSが搭載されていますし、アップデートにも対応とのことです。

今後HUAWEIは独自に開発したサービスで頑張るか、アメリカと仲直りするかの二択です。どちらにしても日本でこれだけ人気のメーカーなので、個人的には応援しています(-_-;)

<スポンサーリンク>

HUAWEIスマホの評判は?

実際にHUAWEIスマホを購入したことのあるユーザーの意見をまとめてみました。

HUAWEIのおすすめスマホを紹介

現在販売されているHUAWEIスマホからおすすめのモデルをいくつかピックアップしてみたので、HUAWEIスマホをお探しの方は参考にしてみて下さい!

HUAWEI P30 lite

P30 lite

こちらはHUAWEI P20 liteの後続モデル「P30 lite」です。
チップセットにKirin710が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアでは16万前後を記録しています。
OPPOの「Reno A」と言うコスパモンスターが登場するまでは間違いなくナンバーワンのコスパスマホでした。当サイトでも様々なランキング記事で取り上げておりますが、購入者がとても多いスマホです。
おサイフケータイや防水防塵には非対応ですが、トリプルカメラが搭載されています。価格は大体3万円前後ぐらいですが、発売からそこそこ経っているのでショップ次第では2万円~2万5000円ぐらいで入手出来るかも?
発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin 710/RAM4GB
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.15インチ/2312×1080 FHD+
カメラ 背面2400万+800万+200万画素
前面2400万画素
バッテリー 3340mAh
サイズ 152.9 x 72.7 x 7.57 mm/159 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
参考価格 32,800円

HUAWEI nova lite3

nova lite3

こちらはもかつてのコスパ良端末「nova lite 3」です。
2万円前後で購入出来るにも関わらず動作性能ではAnTuTu8のベンチマークスコアが14万前後を記録しています。
Reno AやP30 liteと比べると性能が劣りますが、その分価格も安いのでコスパでは引けを取っていません。また格安SIM専売モデルとして登場しておりますが、現在は端末単体でも購入することが出来ます。
USB Type-CやWi-Fi5GHz帯に非対応なので、人によってはそれだけで選択肢から外れるかもしれませんが、逆にその辺りにデメリットを感じないのであればかなりオススメ。
発売 HUAWEI/2019年2月
動作性能 Kirin 710/3GBRAM
AnTuTu8:14万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1300万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 3400mAh
サイズ 155.2 × 73.4 × 7.95 mm/160 g
カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
参考価格 26,880円
後続機nova lite 3+の開催キャンペーン

BIGLOBE SIMblank
実質価格:6,720円
(Gポイント大量付与!)
端末セット特典!
セール期間中にnova lite3+(24,720円)を音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが18,000ポイントも付与されます!
また通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料」に!さらに「月額料金の6か月間900円割引」も適用される特典だらけのお得セールです!
2020年11月3日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:4,980円
(乗り換えでお得!)
秋のコミコミキャンペーン開催!
nova lite3+(16,800円)を期間中に他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、11,820円割引が適用されます!また通話定額10分申し込みで「通話定額10分7か月間無料」「6か月間の月額700円割引」が適用されます。さらに「初期費用3,000円が1円」「3,000円キャッシュバック」などの特典もあり!
2020年11月4日までの期間限定なのでお早めに。

HUAWEI P30 Pro

HUAWEI P30 Pro

こちらはドコモが採用するHUAWEI製スマホ「P30 Pro」です。
ハイシリコン社のKirin980が搭載されているハイスペックモデルで、AnTuTu7のベンチマークスコアは30万前後(ver8のスコアが無かった)を記録しています。P30 Proはライカのトリプルレンズが搭載されており、ハイブリットズームや暗所での撮影に高評価を得ています。スマホのカメラをスコア化するサイト「DXOMARK」ではiPhone 11 ProやGalaxy Note10+に次いでハイスコアを記録しております。日本ではドコモ版のみの販売となっており、価格は9万円ぐらいです。
発売 HUAWEI/2019年6月
動作性能 Kirin 980/6GBRAM
AnTuTu7:30万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/2340×1080 FHD+
有機EL
カメラ 背面:
4000万画素(広角/F1.6)
2000万画素(超広角/F2.2)
800万画素(望遠/F3.4)
TOF

前面:
3200万画素(F2.0)

バッテリー 4100mAh
サイズ 158 × 73 × 8.6 mm/192 g
カラー ブリージングクリスタル
ブラック
価格 89,424円

HUAWEI Mate 20 Pro

HUAWEI Mate 20 Pro

こちらはHUAWEIの最上位モデル「Mate 20 Pro」です。
ハイシリコン社のKirin980が搭載されているハイスペックモデルで、AnTuTu8のベンチマークスコアは35万前後を記録しています。こちらもライカのトリプルレンズが搭載されており、非常に高性能なカメラを使うことが出来ます。もちろんDXOMARKでハイスコアを記録しており、後続モデルのMate 30 Proに至ってはどんなモデルよりもハイスコアを記録しています。ただし後続モデルのMate 30 Proは例のグーグル問題以降に登場したスマホなので日本では取り扱われておりません。なのでこちらのMate 20 Proをピックアップ。
2018年後半に登場したモデルとは言えバリバリ現役スペックですし、SIMフリースマホで高性能カメラのスマホを探していると言うのであれば、個人的には第一候補に挙がる端末です。発売時の価格は10万円ほどですが、
現在は7万円ぐらいで入手出来るのでオススメ。
発売 HUAWEI/2018年12月
動作性能 Kirin 980/6GBRAM
AnTuTu8:35万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.39インチ/3120×1440 QHD+
カメラ 背面4000万+2000万+800万画素
前面2400万画素
バッテリー 4200mAh
サイズ 157.8 × 72.3 × 8.6 mm/189 g
カラー ミッドナイトブルー
トワイライト
価格 111,880円
Mate 20 Proの開催キャンペーン

現在開催中のキャンペーン無し

<スポンサーリンク>

まとめ

HUAWEIスマホは今後日本で取り扱われることはないかもしれません。

もちろん例のグーグル問題のせいです。すでにHUAWEIは、Googleマップ以外の地図サービスと提携とのニュースも流れていたので、アメリカと仲直りする方向ではなく、アメリカ以外のサービスと提携して独自で頑張っていくみたいですね。

そのうち体制が整って、日本で再び新モデルが販売されることを期待しています!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。