Redmi Note 9Sが8,060円!特典だらけのスマホセールがお得すぎる!

ZenFoneスマホはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

SIMフリースマホでお馴染みの「ZenFone」と言うスマホをご存じでしょうか。

日本で販売されているコスパの良いSIMフリースマホや、ハイスペックモデルを探していると、この「ZenFone」と言う名前が必ず出てきます。

今回はそんな「ZenFone」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

ZenFoneはどこの国のメーカーなの?

ZenFoneはどこの国のメーカーなの?

ZenFone(ゼンフォン)は、ASUS(エイスース)と言うメーカーのスマートフォンです。

ASUSは台湾の台北市に本社を置くパソコンや周辺機器製造メーカーです。

パソコン、スマートフォン、タブレット、モニター、マザーボードなどが有名で、スマホでは「ZenFone」以外にも「ROG Phone」と言うゲーミングスマホも手掛けています。

ASUS(エイスース)名前の由来は?

芸術や学問におけるインスピレーションの象徴となっているギリシャ神話の空飛ぶ白馬“ペガサス・Pegasus”。この最後の四文字がASUSの由来です。「すべての製品に高い品質と独創性を吹き込むことにより、機知に富むペガサスが象徴する強さ、創造性、純粋さを具体的に実現する」という意味が込められています。また、2012年10月よりASUSは「エイスース」と発音が統一されました。 参考:ASUS

オフィシャルサイトに記載されているように、ASUSの名前の由来は「ペガサス」からきているようです。

そんなASUSが手掛けるZenFone(ゼンフォン)の「Zen」は、日本の禅(ぜん)が由来となっているそうです。

<スポンサーリンク>

ZenFoneスマホの特徴は?

ZenFoneと言えばDSDSに対応したZenFone 3の登場をきっかけに、SIMフリースマホとして知名度が一気に上がりました。

DSDSが流行り始めた頃はASUSスマホとモトローラスマホの人気が凄かったですが、今ではHUAWEIやOPPOの登場によって下火になっていますね。

そんなZenFoneシリーズは、コスパの良いミドルレンジモデル万能なハイスペックモデルがメイン機種となっており、なかでも無印シリーズは、第6世代まで続いている人気のシリーズとなっております。

ZenFoneスマホは買っても大丈夫なの?

海外の中華スマホなんかを探していると、「買わない方が良い」と言う意見が出るときがあります。

しかしASUSのZenFoneシリーズは、たくさんのモデルが日本向けに登場しております。キャリアスマホに採用されたことはありませんが、SIMフリースマホとしての知名度は十分です。

過去に一度、致命的な不具合(端末のスペック表にある通信バンドに対応していなかった事件)がありましたが、基本的には評判の良いモデルが多くて、サポートもしっかりしています。

2019年ぐらいからHUAWEIやOPPOの勢いに押されているものの、今後も新モデルは日本で取り扱われることでしょう。

ZenFoneスマホの評判は?

とは言えあくまで筆者イッテツの個人的な意見なので、実際にZenFoneスマホを購入したことのあるユーザーの意見をまとめてみました。

<スポンサーリンク>

ZenFoneのおすすめスマホを紹介

個人的には2020年1月時点で、ZenFoneでオススメのモデルは3機種です!もしZenFoneのスマホを買うか迷っている方がいれば、ぜひ参考にしてみて下さい!

ASUS ZenFone 6

ASUS ZenFone 6

こちらは2019年夏に登場したASUSの新モデル「ZenFone 6」です。
スナドラ855を搭載したハイスペックモデルで、回転式カメラの搭載によって、フルビューディスプレイが採用されています。すべてにおいてバランスよく高水準です。RAMROMの異なる2モデルが用意されているので、自分に合った方を選ぶことが出来ます。RAM6GBモデルのAnTuTu8ベンチマークスコアは42万前後とハイスコアを記録しています。
発売 ASUS/2019年8月
動作性能 Snapdragon 855/6GB or 8GBRAM
AnTuTu8:42万
ストレージ 内部128GB or 256GB/外部2TB
ディスプレイ 6.4インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+1300万画素
前面 回転式
バッテリー 5000mAh
サイズ 159.1 × 75.4 × 9.1 mm/190 g
カラー ミッドナイトブラック
トワイライトシルバー
価格 69,500円
82,500円
ZenFone 6の開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:64,800円
(特典多数!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン!
ZenFone 6 6GB版(64,800円)を音声SIMで契約した場合、選べるe-GIFT券5,000円分が貰えます!また「初期費用が1円」「au回線契約で3か月間700円割引」「誰とでも10分通話定額オプションが4か月間0円」「乗り換えで4,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

ASUS ZenFone 5Z

ASUS ZenFone 5Z

こちらは2018年に登場した「ZenFone 5Z」です。
ZenFone 6の前作にあたる「ZenFone 5シリーズ」の上位モデルです。こちらもスナドラ845搭載のハイスペックモデルです。スナドラ845を搭載していますが、5万円~6万円ぐらいで購入出来るのでコスパに優れています。AnTuTu8のスコアは38万前後を記録。価格の安さ以外に特に際立った所はありませんが、逆に言えば弱点もない万能ハイスペックモデルです。ZenFone 6の回転式カメラに興味が無ければ、こちらを選ぶのもアリだと思います。
発売 ASUS/2018年5月
動作性能 Snapdragon 845/6GBRAM
AnTuTu8:34万
ストレージ 内部128GB/外部2TB
ディスプレイ 6.2インチ/2246×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 3300mAh
サイズ 153 x 75.6 x 7.7 mm/165 g
カラー シャイニーブラック
スペースシルバー
価格 69,800円

ASUS ZenFone Max Pro (M2)

ASUS ZenFone Max Pro (M2)

ASUSのミドルクラスから選ぶのであれば「ZenFone Max Pro (M2)」です。
発売時の不具合による不評によって、いろんなレビューサイトのレビューが低く評価されていますが、端末自体はコスパの優れた良端末です。Snapdragon 660が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは16万前後を記録しています。残念ながらコストカットのために「USB Type-C」と「Wi-Fi5GHz帯」が非対応です。価格は3万5000円前後です。
発売 ASUS/2019年3月
動作性能 Snapdragon 660/4GBRAM
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部32GB/外部2TB
ディスプレイ 6.3インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+500万画素
前面1300万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 157.9 × 75.5 × 8.5 mm/175 g
カラー ミッドナイトブルー
コズミックチタニウム
参考価格 35,500円
ZenFone Max Pro M2の開催キャンペーン

BIGLOBE SIMblank
実質価格:21,260円
(Gポイント大量付与!)
端末セット特典!
セール期間中にZenFone Max Pro M2(35,760円)を3GB以上の音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが14,500ポイントも付与されます!
また通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料に!さらに月額料金の6か月間1,200円割引も適用される特典だらけのお得セールです!
2020年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:35,800円
(特典多数!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン!
ZenFone Max Pro M2 6GB版(35,800円)を音声SIMで契約した場合、選べるe-GIFT券3,000円分が貰えます!また「初期費用が1円」「au回線契約で3か月間700円割引」「誰とでも10分通話定額オプションが4か月間0円」「乗り換えで4,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

まとめ

ASUSのZenFoneシリーズは、日本のSIMフリースマホとしてずっと人気のあるブランドで、評判が良いモデルが多いです。

なかでも現行の「ZenFone 6」とミドルクラスとして紹介した「ZenFone Max Pro (M2)」はそれなりにコスパが高いので、オススメのSIMフリースマホです。

もしSIMフリースマホをお探しの方がいれば、今回のZenFoneシリーズも選択肢に入れてみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。