【2018年最新】DSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホ比較!おすすめ端末は?

最近ではSIMフリースマホの中でもデュアルSIMのDSDSに対応したモデルが多数販売されていますね。

DSDSの具体的な解説は後ほど致しますが、
当記事ではそんなDSDSに対応したSIMフリーモデルを比較して、その中でオススメ出来るSIMフリー端末を紹介します!
DSDS対応モデルやSIMフリースマホをお探しの方は是非最後までご参考下さい^^

そもそもDSDSとは?

これまでもSIMフリースマホには デュアルSIM に対応した端末が多く登場しており、デュアルSIMとはSIMカードを2枚挿入出来る仕様のことです。

DSDSとは、 デュアルシム デュアルスタンバイ(Dual SIM Dual Standby) の略で、デュアルSIMでデュアルスタンバイが可能なものを指します。

それではデュアルスタンバイが何なのかと言うと、 SIM2枚同時に待ち受けが出来る機能 のことです。

つまりDSDSとは、
「デュアルSIM」でかつ「SIM2枚同時に待ち受けが出来る」ことになります!

デュアルSIMに対応していれば全てDSDSなのでは?と思われがちですが、
DSDS対応端末が登場するまでは、デュアルSIMのほとんどが DSSS(デュアルシムシングルスタンバイ/Dual SIM Single Standby) となっております。
DSSSはその名の通り、デュアルSIMでもSIM2枚同時に待ち受けが出来ないです。
つまりSIM1で通信をしながらSIM2で通信が出来ないので、SIM1とSIM2を切り替えて使う必要があります。

これまでのDSSSと比べてDSDSのメリットは明確で、DSDSではこのSIM1とSIM2の切り替えが不要で、SIM1を通信しながらSIM2を通信することが可能となっております。(但し4G+3G又は3G+3Gのみ)

DSDSで何が出来るの?

ZenFone3やMoto G4 Plusの登場をきっかけに、DSDSに対応したSIMフリーモデルがバンバン登場しておりますが、それでもまだまだ国内で採用端末の多さに対してDSDSを活用している人は少なく感じます。
実際にそもそもSIMを2枚も契約していること自体が国内の携帯事情を考えると異例ですしね。

それでもキャリアのスマホ料金の高さへの不満や、格安SIMの流行もあって、少しずつDSDSがコアなユーザー層から飛び出してきている気がします。

実際にDSDSを活用した場合に、どの様な運用方法があるのか、使い方やメリットをいくつか考えてみましょう。

まず大前提として、
これまでDSDSの代用として行われていた方法が 「2台持ち」 です。
つまりスマホやガラケーの2台持ちをするメリットがそのままDSDSのメリットでもあると言えます。

2台持ちと言えば、「使い分け」が最も多い理由ではないでしょうか。
たとえば「仕事用」と「プライベート用」に端末を2台に分けたり、特定の人物用の端末を用意したり。
DSDSであれば1台の端末に2枚のSIMを挿入することによって、使い分けが可能になります。そして切り替えの必要もないので同時にどちらのSIMでも待ち受けが可能になります。

他にもデータ通信量が多い方で「データ通信SIM」のみを格安SIMで契約するパターンです。これ意外と多いんです。私の知り合いの職場では仕事柄時間が空いたら動画の視聴などを行うらしく、職場の人のほとんどが大容量プランであったり、ポケットWi-Fiやスマホの2台持ちなんだとか。
これもDSDSで、たとえばキャリアSIM(カケ放題+データ容量の少ないプラン)+格安SIMの大容量データ通信プランと言った組み合わせで活用することが出来ます。

これまで2台持ちで行っていた事がDSDSであれば1台で行う事が出来ます。これは人によってはとても嬉しいことですね!

DSDSを使う前に注意点をチェック!

実際にDSDS端末を購入する前に抑えておきたい注意点をいくつか紹介しておきます。

あくまで同時待受機能である

私も実際に体験した「そういえばそうだった!」と言うDSDSの落とし穴があります。
それは 通話している間はもう片方のSIMのデータ通信が止まってしまうこと です!
通話をしながらインターネットやラインを開いたりすることが出来ないので注意しましょう。

あくまでDSDSは同時待受の機能です。同時通信を可能にするにはDSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)に対応している必要があります。現状対応端末は発売されていないので、これから登場することを期待しておきましょう。

auの3G回線は普及率が低い

auでは3G通話にCDMA2000と言う普及率が低い規格が用いられており、対応端末がかなり少ない です。
CDMA2000に未対応だと通話で4G(VoLTE)が必要になるので、データ通信用に4Gを使っている場合は、4G+4GになってしまうのでNGです。
ドコモやソフトバンクでは3G通話にWCDMAと言う普及率が高い規格が用いられており、ほとんどの端末が対応しています。
これによって「通話用(3G)+データ通信用(4G)」と言うDSDS本来の形で待ち受ける事が出来ます。

もしもau系の通話SIMでDSDS運用を考えているのであれば、端末を選ばないといけない上にかなり限定されてしまうのは大きなデメリットですね。
この問題はDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応していれば解決します。
「DSDV」のメリットとは?まだまだ少ない対応端末の比較!

SDカードを使うにはトリプルスロットが必要

DSDS運用するのであればSIMカードを2枚差し込むことになるので、 2つのカードスロットが埋まってしまいます。
スマホに搭載されているデュアルSIM用の2スロットは、片方がSDカードと排他利用である場合がほとんどです。なぜならデュアルSIMを利用する方なんて限られており、ほとんどのユーザーが1枚のSIMカードで十分だからです。つまり「SIMカード1枚+SDカード1枚」を使うことが出来れば十分なのです。

デュアルSIM用の2スロットとは別にSDカード用のスロットが用意されている端末を トリプルスロット対応スマホ と言います。
もちろんDSDSに対応していないと意味がないので、DSDS対応且つトリプルスロット対応のモデルを選びましょう。
SIM2枚とSDカードが同時に使える「トリプルスロット」対応スマホの比較!

DSDS対応SIMフリースマホの比較表

実際に国内で販売されているDSDS対応端末をまとめてみました。参考価格は主に定価なので、古いモデルほど安くなっています。
端末名をタップすればAmazonページに繋がるので現在の価格はそちらをご参考下さい。

DSDS対応のSIMフリースマホ比較表
 名称   メーカー   発売時期   参考価格 
Moto G4 Plus モトローラ 2016/07 31,800円
Moto Z Play モトローラ 2016/09 53,800円
BLADE V7 MAX ZTE 2016/09 34,800円
AXON 7 ZTE 2016/10 59,800円
AXON 7 mini ZTE 2016/10 39,800円
ZenFone 3 ZE520KL ASUS 2016/10 39,800円
ZenFone 3 Deluxe ZS550KL ASUS 2016/10 55,800円
ZenFone 3 Deluxe ZS570KL ASUS 2016/10 89,800円
ZenFone 3 Ultra ZU680KL ASUS 2016/12 59,800円
Mate 9 HUAWEI 2016/12 60,800円
g07 Covia 2016/12 19,800円
RAIJIN FREETEL 2016/12 29,800円
KIWAMI 2 FREETEL 2016/12 49,800円
GRANBEAT DP-CMX1 ONKYO 2017/02 84,800円
nova HUAWEI 2017/02 37,800円
ZenFone 3 ZE552KL ASUS 2017/03 39,800円
Moto G5 モトローラ 2017/03 22,800円
Moto G5 Plus モトローラ 2017/03 35,800円
g07+ Covia 2017/03 19,800円
VAIO Phone A VAIO 2017/04 24,800円
FR7101AK FRONTIER 2017/05 29,800円
P10 HUAWEI 2017/06 65,800円
P10 Plus HUAWEI 2017/06 72,800円
Moto Z2 Play モトローラ 2017/06 53,800円
ZenFone Zoom S ASUS 2017/06 54,800円
ZenFone AR ZS571KL ASUS 2017/06 82,800円
ZenFone 4 ZE554KL ASUS 2017/09 49,800円
ZenFone 4 Selfie Pro ZD552KL ASUS 2017/09 42,800円
ZenFone 4 Pro ZS551KL ASUS 2017/10 89,800円
Moto G5S モトローラ 2017/10 28,800円
Moto G5S Plus モトローラ 2017/10 38,800円
honor 9 HUAWEI 2017/10 53,800円
Moto X4 モトローラ 2017/10 53,800円
View Wiko 2017/12 28,000円
ZenFone 4 Max ZC520KL ASUS 2017/12 19,800円
g07++ Covia 2017/12 24,800円
Mate 10 Pro HUAWEI 2017/12 89,800円
OPPO R11s OPPO 2018/02 57,980円
REI 2 Dual FREETEL 2018/02 36,800円
Priori 5 FREETEL 2018/02 16,800円
ZenFone Max Plus (M1) ASUS 2018/02 29,800円
g08 Wiko 2018/02 33,800円
ZenFone 5 ZE620KL ASUS 2018/05 52,800円
ZenFone 5Q ZC600KL ASUS 2018/05 39,800円
ZenFone 5Z ZS620KL ASUS 2018/06 69,800円
P20 HUAWEI 2018/06 69,800円
R15 Neo OPPO 2018/08 25,880円
29,880円
ZenFone Max (M1) ASUS 2018/09 22,800円
Moto G6 Play モトローラ 2018/09 22,800円
R15 Pro OPPO 2018/10 69,880円
Moto Z3 Play モトローラ 2018/10 56,800円
Mate 20 lite HUAWEI 2018/11 39,800円
R17 Neo UQモバイル専売 OPPO 2018/11 36,100円
AX 7 OPPO 2018/12 29,880円
R17 Pro OPPO 2018/12 69,800円

国内で取り扱われている端末だけでもかなり多いです。いくつかのおすすめ出来る端末をピックアップしていくのでこれから端末の購入を検討している方はご参考下さい。

【厳選】おすすめDSDS対応SIMフリースマホ

価格帯やメーカーや発売時期等いろいろと端末を選ぶ基準がありますが、今回は使い用途に合わせていくつかの端末を紹介します。

高価格で万能なハイスペックモデル「ZenFone 5Z」

ZenFone 5Z ZS620KLの主な仕様
・発売時期(2018年夏モデル)
・通信(Docomo/Softbank/au 4G)
・OS(Android 8.0)
・CPU(Snapdragon 845)
・RAM(6GB)
・ROM(128GB)
・画面(6.2 インチ/FHD+)
・背面カメラ(1200万+800万画素)
・前面カメラ(800万画素)
・バッテリー(2800mAh)
・USBポート(USB Type-C)
ZenFone 5Z ZS620KLの主な特徴
まずはじめに紹介するのはASUSのZenFone 5Zです。
こちらは2018年夏に登場したZenFone5シリーズの中でも最上位に位置するモデルで、スナドラ845の搭載や6GBRAMなどフルスペック仕様です。
流行りのワイドディスプレイ+ベゼルレスに加えて更にノッチデザインも採用されています。動作性能ではAnTuTuのベンチマークスコアでは27万超えと言う脅威のスコアを叩き出しています。
もしお金に糸目をつけないのであれば、とりあえずこちらのZenFone 5Zを選んでおけば間違いないです。
さらにDSDVに対応しているのでau VoLTEを利用出来るのでau利用者にもオススメのモデルです!
ZenFone 5Z キャンペーン情報
IIJmio実質価格61,800円
IIJmio スマホ大特価キャンペーン開催中!
ZenFone 5Z(64,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券3,000円が貰えます!
2019年1月31日までの期間限定なのでお早めに。

高性能なカメラが魅力のハイスペックモデル「P20」

P20の主な仕様
・発売時期(2018年夏モデル)
・通信(Docomo/Softbank/au 4G)
・OS(Android 8.1)
・CPU(Kirin 970)
・RAM(4GB)
・ROM(128GB)
・画面(5.8 インチ/FHD+)
・背面カメラ(1200万+1200万画素
・前面カメラ(2400万画素)
・バッテリー(3400mAh)
・USBポート(USB Type-C)
P20の主な特徴
次に紹介するのはHUAWEIのライカレンズ搭載モデル「P20」です。
先ほどのZenFone 5Zと同様に高価格のハイスペックモデルとなっておりますが、最大の特徴としてはカメラ性能です。
こちらはカメラメーカーで有名なLeicaのレンズを搭載しており、カメラ性能をスコア化するサイトDxOMarkにてGalaxy S9 Plusを超えて103と言うハイスコアを記録しています。
AnTuTuベンチマークスコアでは20万超えを記録しており、さすがにスナドラ845には劣るもののハイスペックなのは間違いないです。
更にZenFone 5Z同様にDSDVに対応しているので、au通話SIMの利用者にもオススメです。
P20 キャンペーン情報
IIJmio実質価格57,800円
IIJmio スマホ大特価キャンペーン開催中!
P20(62,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2019年1月31日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル実質価格33,800円~45,800円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でP20(69,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

普段使いにオススメ!低価格で入手出来る「ZenFone 4 Max ZC520KL」

ZenFone 4 Max ZC520KLの主な仕様
・発売時期(2017年冬モデル)
・通信(Docomo/Softbank/au 4G)
・OS(Android 7.1)
・CPU(Snapdragon 430)
・RAM(3GB)
・ROM(32GB)
・画面(5.2 インチ/HD)
・背面カメラ(1300万+500万画素)
・前面カメラ(800万画素)
・バッテリー(4100mAh)
・USBポート(microUSB)
ZenFone 4 Max ZC520KLの主な特徴
普段使いでオススメしたい低価格モデルがASUS製の「ZenFone 4 Max ZC520KL」です。
こちらはこれまでの2端末と比べると性能はかなり劣ります。もしゲーム系のアプリなどをプレイする予定がないのであればダントツでオススメの端末です。
理由としてはもちろん価格の安さが一番ですが、その価格の安さに釣り合わないほど機能面が充実しています。
広角のデュアルカメラ仕様、指紋認証センサーの搭載、デュアルSIM+SDカードの運用可、大容量バッテリーかつリバースチャージ機能とこれだけの機能を搭載しながら定価が24,800円と破格です。
※2018年6月の価格改定により19,800円に!
もちろんこれだけの機能を備えてこの価格を実現しているということで性能面はコストカットされています。
つまり性能面が気にならない方、重い動作を行わない普段使いの方にドンピシャの端末となります!これまでの2端末と違ってDSDV未対応なのでau系SIMでの運用は厳しいです。
ZenFone 4 Max キャンペーン情報
OCN モバイル ONE実質価格980円
平成最後の年末感謝セール開催中!
ZenFone 4 Max(10,800円)をらくらくセット(音声SIMセット)で購入した場合、9,820円割引が適用されます!
2018年12月4日~2018年12月25日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio実質価格16,800円
IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン!ZenFone 4 Max(19,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券3,000円が貰えます!
2018年8月22日~2018年12月3日までの期間限定なのでお早めに。

BIGLOBE 格安SIM実質価格8,880円
セレクトプラン値引き特典対象!ZenFone 4 Max(19,680円)をキャンペーン期間中に「音声通話SIM」で契約した場合、10,800円OFF!
2018年12月3日~2019年2月3日までの期間限定なのでお早めに。

nuro mobile実質価格7,000円
月額利用料金1,000円引きキャンペーン開催中!ZenFone 4 Max(19,500円)を音声通話付きプラン(Mプラン又はLプラン)で契約した場合、ご利用開始翌月~11ヵ月間 毎月1,000円の割引が適用されます。
2018年12月1日~2018年12月31日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル実質価格0円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でZenFone 4 Max(19,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

au回線利用者にオススメの低価格モデルは「g07++」

g07++の主な仕様
・発売時期(2017年冬モデル)
・通信(Docomo/Softbank/au)
・OS(Android 7.0)
・CPU(MT6750T)
・RAM(4GB)
・ROM(64GB)
・画面(5.5 インチ/FHD)
・背面カメラ(1600万画素)
・前面カメラ(1300万画素)
・バッテリー(3000mAh)
・USBポート(USB Type-C)
g07++の主な特徴
もうひとつピックアップしておきたい低価格モデルがgooのスマホ「g07++」です。
こちらはZenFone4 Maxと同様に低価格ながらにコスパには優れたモデルとなっておりますが、ZenFone4 Maxとは違ってCDMA2000に対応しているのが大きなメリットです。
5.5インチ大画面や高画素なカメラ性能なども特徴的ですが、やはりこちらも動作面の性能は微妙なので重いアプリ等を使う予定があれば厳しいかも。

値下がりしている型落ちハイスペック「honor 9」

honor9の主な仕様
・発売時期(2017年秋モデル)
・通信(docomo/Softbank/au 4G)
・OS(Android 7.0)
・CPU(Kirin 960)
・RAM(4GB)
・ROM(64GB)
・画面(5.15 インチ/FHD)
・背面カメラ(1200万+2000万画素)
・前面カメラ(800万画素)
・バッテリー(3200mAh)
・USBポート(USB Type-C)
honor9の主な特徴
発売当初にハイスペックといわれていたモデルも、発売からそれなりに経つと価格が落ちます。
こちらのHUAWEI「honor 9」はKirin960を搭載した当時のハイスペックモデルで、AnTuTuのベンチマークスコアは14万前後を記録しています。
さすがに現行のハイスペックと比べるとスコアは著しく劣りますが、14万あれば動作面はかなり快適で未だにメイン機として使っている方も多いです。
Amazonや価格.com等のレビュー評価が非常に高くて万人受けするモデルと言えます。残念ながらau 3GもDSDVも未対応なのでドコモ系SIMでの運用予定の方にのみオススメ。
honor9 キャンペーン情報
IIJmio実質価格19,000円
IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン!honor9(29,000円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券10,000円が貰えます!
2018年8月22日~2018年12月3日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル実質価格17,800円~29,800円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でhonor9(53,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

コスパに優れたミドルクラス「R15 Neo」

R15 Neo
・発売時期(2018年夏モデル)
・通信(docomo/Softbank/au 4G)
・OS(ColorOS 5.1)
・CPU(Kirin 450)
・RAM(3GB/4GB)
・ROM(64GB)
・画面(6.2 インチ/HD+)
・背面カメラ(1300万+200万画素)
・前面カメラ(800万画素)
・バッテリー(4230mAh)
・USBポート(microUSB)
R15 Neoの主な特徴
こちらはOPPOから登場した「R15 Neo」です。
R15 NeoはRAM3GBモデルと4GBモデルがあり、それぞれが25,880円と29,880円と言う安さです。そしてこの安さにも関わらずベンチマークスコアでは75000超えを記録しているので、この価格帯で言えばパフォーマンスには優れています。
いわゆるコスパ良端末といわれる部類のモデルで、ZenFone 4 Maxの少し上位モデルと言った感じでしょうか。
さらにR15 Neoは低価格ながらにDSDVに対応しているというメリットもあり、au通話SIMの利用者でg07++より上位のモデルが欲しいという方にオススメです。
R15 Neo キャンペーン情報
IIJmio実質価格19,800円~24,800円
IIJmio スマホ大特価キャンペーン開催中!
R15 Neo(24,800円/29,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券5,000円が貰えます!
2019年1月31日までの期間限定なのでお早めに。

まとめ

2017年のトレンド機能でこれからもガンガン増えるであろうDSDSの対応ですが、今回は国内で販売されているモデルを取り上げて比較してみました。
オススメとして紹介した6端末は評判も良いですし、特にこだわりがないのであれば使い用途に合わせて6端末の中から選んでみてくださいね!

中でもhonor9は私も現在メイン機運用しており、本当にオススメの端末です^^
これからもDSDSをうまく活用してスマホ料金を安くしましょう!

4 Comments

SmartIttetsu

はじめまして、管理人の一徹と申します。 誤情報のご指摘ありがとうございます。
学生時代に苦手であった英語がこんな所でも・・・(T-T)

修正させて頂きました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。