「DSDV」のメリットとは?まだまだ少ない対応端末の比較!

国内でまだまだ対応端末の少ない「DSDV」についてご存知でしょうか。
最近のSIMフリースマホではデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応したモデルが多く登場しております。
今回紹介する「DSDV」は「DSDS」と比べてどの様な部分が違うのか比較してみました!

そもそも「DSDS」とは?


DSDSとは デュアルシム デュアルスタンバイ(Dual SIM Dual Standby) の略で、
2枚のSIMを使って3G+4Gの同時待受が可能となる機能のことです。

DSDS対応端末の比較や具体的な使い方はこちらをご参考下さい。
【2018年最新】DSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホ比較!おすすめ端末は?

「DSDS」と「DSDV」の違いとは?

DSDSでは3G+4Gの同時待受が可能と記載しました。
2枚のSIMを同時に待受出来るので、例えば4G通信でネットを閲覧しながらも3G通信による通話を待ち受けることが出来ます。
2枚のSIMを1台の端末で運用する上でDSDSはある意味欠かせない機能となっておりました。

そして今回取り上げている「DSDV」は更に一段階上です。
DSDVは デュアルシム デュアルVoLTE(Dual SIM Dual VoLTE) の略で、
4G+4Gの同時待受が可能です。片方が3Gでしか通信出来ないDSDSとは違って、DSDVでは両方のSIMで4G通信が可能です。

「DSDV」のメリットとは?

DSDVのメリットはDSDSのように2枚のSIMで同時待ち受けが出来る上に、DSDSでは片方が3G通信なのに対して DSDVでは2枚とも4G通信で待ち受ける事が出来る ところです。

これまでのDSDSを利用する場合には、
データ通信で4Gを利用するために通話は3G回線を利用するのが主流でした。

これがもしDSDVを利用する場合には、
通話でも4G(VoLTE)回線を利用することが出来ます!
DSDVを利用する最も大きなメリットがこれでしょう。

またDSDS端末でauの3G回線CDMA2000に対応したモデルが少なかった問題も4G(VoLTE)回線を利用することによって解決できます。auの通話SIMの利用者もDSDV端末を使えばプランの選択肢が広がりますね。

DSDV対応SIMフリースマホ一覧

DSDV対応のSIMフリースマホ比較表
名称 メーカー 発売時期 参考価格
Mate 10 Pro HUAWEI 2017/12 89,800円
ZenFone 5 ZE620KL ASUS 2018/05 52,800円
ZenFone 5Z ZS620KL ASUS 2018/06 69,800円
HUAWEI P20 HUAWEI 2018/06 69,800円
R15 Neo OPPO 2018/08 25,880円
29,880円
R15 Pro OPPO 2018/08 69,880円

現状まだまだ対応端末は少ない

2018年夏時点で利用出来るDSDV端末は上記の5端末のみです。
DSDVのデメリットは選択肢の少なさです。2018年8月に登場したR15 Neoのおかげで何とか低価格モデルの購入も可能となりましたが、それ以外では次に安いZenFone 5ですら52,800円と言う高価格です。

2018年~2019年にトレンドとなりうる機能なので、これから対応端末が増えることに期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。