前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

「OnePlus」はどこの国のスマホなのか?

海外のスマホランキングを見ていると「OnePlus」と言うスマホが上位にランクインしています。

OnePlusのスマホは日本で発売されていないので知名度は低いですが、海外スマホとしては「Xiaomi」「UMIDIGI」ぐらい有名です。

本記事ではOnePlusの基本情報をまとめてみました。OnePlusのスマホを買うか迷っている方や、海外スマホを探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

OnePlusはどこの国のスマホなの?

OnePlusはOPPO傘下のスマートフォンメーカーです。
そしてOPPOは日本市場にも参入している中国のメーカーです。

ようするにOnePlusは中国産の中華スマホと言うことになります。海外モデルで日本でも話題になるスマホは、本当に中華スマホが多いですよね。

<スポンサーリンク>

OnePlusとOPPOスマホの違いは?

OPPOスマホはミドルクラス~ハイスペックモデルまで幅広く多くのスマホを取り扱っておりますが、一方のOnePlusは「最高峰のAndroidスマホ」と言うコンセプトがあるので、ハイエンドモデルのみの取り扱いとなっております。

例えば日本で採用されているOPPOスマホには「R15シリーズ」「Renoシリーズ」「AX 7」「OPPO A5 2020」など様々なシリーズ・モデルが存在しますが、一方のOnePlusでは1シリーズのみとなっております。

シリーズの名称はそのまま「OnePlus 〇〇」です。〇〇には数字が入り、数字が高いほど新しいモデルということになります。iPhoneは「iPhone 6」⇒「iPhone 6s」のようにマイナーアップグレード版が登場しますが、OnePlusの場合は「OnePlus 6」⇒「OnePlus 6T」のように「T」が入ります。

OnePlusスマホの購入方法は?

海外スマホの購入方法は?

Amazonで検索すれば、OnePlusスマホが販売されています。発送が海外ショップからの発送なので到着までかなり時間がかかってしまいます。

海外スマホはAmazonや楽天市場などのネットモールで購入するよりもEtoren.comEtorenGearbestAliExpressなどの輸入店で直輸入した方が安く入手できます。

アカウント登録が必要なので多少の手間はありますが、どの輸入店もガジェットが激安なので、ガジェット好きなら登録しておいて損はないと思います。

輸入店のデメリットは2つあります。

  1. 商品の到着が遅い
  2. 税金がかかる場合がある

商品の到着が遅いのは、海外からの発送なので仕方ありません。EMSやDHLなどの追跡可能な発送方法を選べば、到着が早いですが、その分送料が余分にかかってしまいます。発送方法にもよりますが10日ほどかかると思ってください。

そして16669円以上のスマホを購入した場合、商品代金の60%に輸入消費税が10%かかるので注意しましょう。
3万円のスマホを輸入するなら60%の1万8000円に対して輸入消費税が10%かかります。つまり1800円ほどの税金がとられてしまうわけですね。

<スポンサーリンク>

OnePlusスマホの注意点

UMIDIGIスマホの注意点

OnePlusには販売店ショップによってはインターナショナルバージョンと言うモデルが販売されています。

インターナショナルは、中国版(Hydrogen OS搭載)を一度開封してOxygen OSへと載せ替えた製品となっております。

レビューでたまに「一度開いた形跡があった!」などと書かれていることがありますが、インターナショナルバージョンはそういった載せ替え作業によって一度開封されていると言うことだけは覚えておいてください。

中国スマホのおすすめ機種は?

今回紹介しているOnePlusスマホを含んだ中国スマホのまとめ記事があるので、興味のある方はそちらも参考にしてみて下さい!

blank 【2021年最新】中国スマホのおすすめ機種13選【中華スマホ】

期間限定前回売り切れ続出の投売りセールが再びやってきた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。