【2019年最新】OPPOスマホ全機種比較【ラインナップ一覧】

2018年2月の「R11s」を皮切りに続々と国内にSIMフリースマホを投入している「OPPO」と言うメーカーがあります。
国内ではすでに9端末ものSIMフリースマホが販売されており、中でもいくつかの端末は高い評価を得ています。

今回はそんな新モデルが次々と登場するOPPOのスマートフォンをまとめてみました。

OPPOのSIMフリースマホ一覧

端末名 発売時期 価格
R11s 2018年2月 57,980円
R15 Neo 2018年8月 25,880円
29,880円
R15 Pro 2018年9月 69,880円
Find X 2018年11月 111,880円
R17 Neo 2018年11月 36,100円
AX 7 2018年12月 29,880円
R17 Pro 2018年12月 69,800円
Reno 10x Zoom 2019年7月 99,880円
Reno A 2019年10月 35,800円
OPPO A5 2020 2019年11月 26,800円

R11s

R11s

国内上陸第一弾として登場したR11sです。
SDM660搭載でAntutuベンチマークスコアは14万前後を記録しております。
発売日は2018年2月で、価格は57,980円です。

R15 Neo

R15 Neo

こちらは第二弾のR15 Neoです。
SDM450搭載でAntutuベンチマークスコアは7万5000前後を記録しております。
発売日は2018年8月で、価格はRAM別で25,880円/29,880円です。

R15 Pro

R15 Pro

こちらはR15 Neoの上位モデルR15 Proです。
R11sと同様にSDM660搭載でAntutuベンチマークスコアは14万前後を記録しております。
発売日は2018年9月で、価格は69,880円です。
防水防塵とおサイフケータイの対応が特徴的なモデル。

Find X

Find X

こちらは価格の高いハイエンドモデルFind Xです。
SDM845搭載でAntutuベンチマークスコアは28万前後を記録しております。
発売日は2018年11月で、価格は111,880円です。
ステルス3Dカメラと言う独自の機能によって画面占有率が93.8%と言う高さを実現。

R17 Neo

R17 Neo

UQモバイルの専売モデルR17 Neoです。
R11sとR15Proと同様にSDM660搭載でAntutuベンチマークスコアは14万前後を記録しております。
発売日は2018年11月で、価格は36,100円です。
こちらはディスプレイ指紋認証を搭載したモデルで、UQモバイルの専売となります。

AX 7

AX 7

こちらはコスパに優れたAX 7です。
R15 Neoと同様にSDM450搭載でAntutuベンチマークスコアは7万5000前後を記録しております。
発売日は2018年12月で、価格は29,880円です。
こちらはコスパ良端末として登場している第二弾のR15 Neoの強化版。新たに指紋認証センサーや水滴型ノッチが採用されています。

R17 Pro

R17 Pro

R17 Neoの上位モデルR17 Proです。
SDM710搭載でAntutuベンチマークスコアは17万前後を記録しております。
発売日は2018年12月で、価格は69,800円です。
R17 Neoの特徴的な部分をそのままに、スペックアップした上位モデル。
背面カメラではデュアルに加えて被写界深度を計測する「TOF(Time Of Flight)」カメラが搭載されており、合計で3つのレンズを搭載。

Reno 10x Zoom

Reno 10x Zoom
こちらは2019年に登場したハイエンドモデルReno 10x Zoomです。
SDM855搭載でAntutuベンチマークスコアは35万前後を記録しております。
発売日は2019年7月で、価格は99,880円です。
高画素なトリプルカメラ構成で10倍ズームに対応しており、「ピボットライジングカメラ」というステルスカメラ機能が搭載されています。

Reno A

こちらは2019年10月に登場したミドルレンジモデルReno Aです。
SDM710搭載でAntutuベンチマークスコアは19万前後を記録しております。
発売日は2019年10月で、価格は35,800円です。
DSDV・防水防塵・おサイフケータイ・有機EL搭載ながらも価格の安いミドルクラスで、楽天モバイル専売モデルはストレージが128GBですが、通常モデルは64GBとなっております。

OPPO A5 2020

こちらは2019年11月に登場したミドルレンジモデルOPPO A5 2020です。
SDM665搭載でAntutuベンチマークスコアは17万前後を記録しております。
発売日は2019年11月で、価格は26,800円です。
低価格ながらにクアッドカメラを搭載しており、Reno A並のコストパフォーマンスの高さです。カメラ性能を重視するのであれば「A5 2020」の方がオススメです。

OPPOスマホを価格別で比較

エントリー
下位クラス

・R15 Neo 3GB
(SDM450/25,880円)

・R15 Neo 4GB
(SDM450/29,880円)

・OPPO A5 2020
(SDM665/26,800円)

・AX 7
(SDM450/29,880円)

・Reno A
(SDM710/35,800円)

・R17 Neo
(SDM660/36,100円)

ミドル
中クラス

・R11s
(SDM660/57,980円)

・R15 Pro
(SDM660/69,880円)

・R17 Pro
(SDM710/69,800円)

ハイエンド
上位クラス

・Find X
(SDM845/111,880円)

・Reno 10x Zoom
(SDM855/99,880円)

「Neo」の付くモデルとAX7がエントリー、
「Pro」の付くモデルとR11sがミドル、
「Find X」がハイエンドと言う風に分けることが出来ます。

※その後RenoやAシリーズが登場。
「Reno 10x zoom」はハイエンド、「Reno A」「OPPO A5 2020」がミドルクラスとなっております。

OPPOスマホをディスプレイで比較

端末名 画面サイズ 備考
R15 Neo 6.2 インチ 占有率81%
HD+
ノッチ
AX 7 6.2 インチ 占有率82%
HD+
ノッチ(水滴型)
OPPO A5 2020 6.5 インチ 占有率89%
HD+
ノッチ(水滴型)
Reno A 6.4 インチ 占有率91%
FHD+
ノッチ(水滴型)
有機EL
R17 Neo 6.4 インチ 占有率91%
FHD+
ノッチ(水滴型)
有機EL
R11s 6.0 インチ 占有率80%
FHD+
有機EL
R15 Pro 6.3 インチ 占有率89%
FHD+
ノッチ
有機EL
R17 Pro 6.4 インチ 占有率92%
FHD+
ノッチ(水滴型)
有機EL
Find X 6.4 インチ 占有率94%
FHD+
フルビュー
有機EL
Reno 10x Zoom 6.65 インチ 占有率93%
FHD+
フルビュー
有機EL
通常のベゼルレス(R11s)
上部ノッチ(R15 Neo)
上部ノッチ 水滴型(AX 7)
フルビュー(Find X)

OPPOスマホは一貫して画面占有率が高めに設定されており、サイズも6インチ~6.65インチと大型志向。
R11s以外は上部ノッチ、水滴型ノッチ、フルビュー仕様です!

OPPOスマホを機能面で比較

Wi-Fi5GHz  ・R15 Neo以外
防水防塵  ・R15 Pro
 ・Reno A
おサイフケータイ  ・R15 Pro
 ・Reno A
DSDS  ・R11s
DSDV  ・R11s以外
トリプルスロット  ・R15 Neo
 ・AX 7
デュアルレンズ  ・全端末
トリプルレンズ  ・R17 Pro
 ・Reno 10x Zoom
クアッドレンズ  ・OPPO A5 2020

防水防塵・おサイフケータイに対応しているのは「R15 Pro」と「Reno A」です。機能を利用する予定の方はどちらかの端末を選ぶ必要があります。

OPPOスマホを購入方法で比較

端末名 購入方法 格安SIM
R15 Neo Amazon
楽天市場
Yahoo!
IIJmio(みおふぉん)
Nifmo
OPPO A5 2020 Amazon
楽天市場
Yahoo!
UQモバイル
OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
AX 7 Amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天モバイル楽天モバイル
Reno A Amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天モバイル楽天モバイル
OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
R17 Neo UQモバイル
R11s Amazon
楽天市場
Yahoo!
R15 Pro Amazon
楽天市場
Yahoo!
IIJmio(みおふぉん)
Nifmo
R17 Pro Amazon
楽天市場
Yahoo!
IIJmio(みおふぉん)
楽天モバイル楽天モバイル
Find X Amazon
楽天市場
Yahoo!
IIJmio(みおふぉん)
楽天モバイル楽天モバイル
Reno 10x Zoom Amazon
楽天市場
Yahoo!
IIJmio(みおふぉん)
Nifmo
LINEモバイル

上陸第一弾のR11sの頃には取り扱っている格安SIMサービスはありませんでしたが、
第二弾のR15 NeoをIIJmioが取り扱ったり、R15 Proがおサイフケータイに対応したり、R17 NeoがUQの専売で登場したり、10万超えのハイエンドモデルFind Xが意外と売れたり、順調に国内で知名度を上げていきましたね。

OPPOスマホの評価は?

OPPOスマホは比較的レビュー評価が高いです。本記事を作成するにあたって、Amazonのレビュー評価ページと価格コムのレビュー評価ページをチェックしてみましたが、ほとんどの端末に高評価が付いていました。

最新のReno 10x Zoomだけ「カメラが期待外れだった」と言う不評が多く付いておりましたが、それ以外の端末は基本的に扱いやすいと好評でした。

世界的には「カメラフォン」と呼ばれていてカメラ性能がフィーチャーされていますが、日本では手軽に購入出来る「有機ELディスプレイ搭載」と言うメリットもあります。

画面占有率が高いという特徴もあるので、カメラ性能に加えてディスプレイ関係にもこだわりたいと言うユーザーがいればオススメのメーカーです!

OPPOのおすすめ機種は?

おすすめのOPPOスマホを3機種ほどピックアップしておきます。端末選びの参考にしてみて下さい!

A5 2020

OPPO A5 2020

はじめにオススメするのは最強コスパの「OPPO A5 2020」です。
こちらはSnapdragon 665を搭載しており、AnTuTuのベンチマークスコアが17万前後と言うハイスコアを記録しているにも関わらず、なんと2万円台で購入出来るコストパフォーマンスの高さです。
またクアッドカメラの搭載や5000mAhバッテリーの搭載など、この価格ではありえない仕様となっており、DSDV及びトリプルスロットにも対応している秀逸さ。現在管理人イッテツがサブ機として使っているスマホです。開封時のレビュー記事もあるので、そちらも合わせて参考にしてみて下さい!
参考:【開封レビュー】OPPO A5 2020はコスパ最強かも!?
発売 OPPO/2019年11月
動作性能 Snapdragon 665/4GBRAM
AnTuTu:17万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1200万+800万+200万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 163.6 × 75.6 × 9.1 mm/195 g
カラー グリーン
ブルー
価格 30,000円前後
OPPO A5 2020の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:14,800円
(最安値!)
発売記念特価キャンペーン開催!
OPPO A5 2020(19,000円)を期間中に購入すると4,200円割引が適用されます!
他社からの乗り換えの場合は、追加で5,000円割引が適用されます。
2019年11月18日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:24,800円
(ギフト券プレゼント!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン
OPPO A5 2020(24,800円)を期間中に音声SIMセットで購入すると、3,000円ギフト券が貰えます!
2019年12月11日までの期間限定なのでお早めに。

Reno A

OPPO Reno A

こちらはそんなA5 2020の姉妹機にあたる「Reno A」です。
Snapdragon 710搭載、有機ELディスプレイを搭載してながらも3万円台で購入出来るコスパの良さ。そしてDSDV・おサイフケータイ・防水防塵にも対応しています。
この端末はおサイフケータイ対応のDSDV機と言うアドバンテージがあります。おサイフケータイとDSDVに対応したモデルは他にR15 Proしかありません。
発売 OPPO/2019年10月
動作性能 Snapdragon 710/6GBRAM
AnTuTu:19万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 158.4 × 75.4 × 7.8 mm/169.5 g
カラー ブルー
ブラック
価格 35,273円(税込)
Reno Aの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:27,000円
(乗り換えがお得!)
Reno A(27,000円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用!

LINEモバイル
端末価格:29,800円

格安スマホSALE!
Reno A(35,800円)を期間中にSIMセットで購入すると、6,000円割引が適用!
2019年12月2日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:34,800円
(ギフト券プレゼント!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン
Reno A(34,800円)を期間中に音声SIMセットで購入すると、5,000円ギフト券が貰えます!
2019年12月11日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
端末価格:35,273円
(専売モデル販売!)
Reno AのROM128GB版が楽天モバイルの専売モデルとして登場!ROM128GB版が購入出来るのは楽天モバイルだけです。

Find X

OPPO Find X

こちらは最上位モデル「Find X」です。
チップセットにはSnapdragon 845が搭載されたハイスペックモデル。「ステルス3Dカメラ」と言う収納されたカメラが自動でリフトアップする機能が搭載されており、画面占有率は93.8%と言う驚きの割合に。挑戦的なデザインですが、実際の評判はかなり良いです。口コミではデザインに高評価を入れている方が多数。10万円を超える高価格ですが、斬新なデザインに興味のある方やハイスペックモデルを探している方にオススメです。
発売 OPPO/2018年11月
動作性能 Snapdragon 845/8GBRAM
AnTuTu:28万
ストレージ 内部256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+2000万画素
前面2500万画素
バッテリー 3400mAh
サイズ 156.7 × 74.2 × 9.6 mm/186 g
カラー ワインレッド
サイレントブルー
価格 111,880円
Find Xの開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:75,880円~87,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でFind X(99,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

まとめると

スマホをあまり使わない方
(予算4万円以下)
安ければ安いほど良い R15 Neo 3GB
とくにこだわりが無い OPPO A5 2020
Reno A
Wi-Fi5GHz帯を利用したい OPPO A5 2020
AX 7
Reno A
水滴型ノッチを利用したい OPPO A5 2020
AX 7
Reno A
格安SIMとセット購入したい R17 Neo
スマホをよく使う方
(予算5万円以上)
安ければ安いほど良い R11s
とくにこだわりが無い R11s
水滴型ノッチを利用したい R17 Pro
防水防塵対応が良い R15 Pro
おサイフケータイを利用したい R15 Pro
トリプルレンズが使いたい R17 Pro
Reno 10x Zoom
重いアプリを快適にプレイしたい Find X
Reno 10x Zoom
フルビューディスプレイを使いたい Find X
Reno 10x Zoom

すごく大雑把な表になってしましたが、参考程度に。
OPPOスマホのラインナップは分かりやすく性能・価格で分かれています。
自身の使い用途・予算に合わせて端末を選びましょう!

管理人のイッテツはR15 Neoをサブ機として使っていましたが、2019年11月に登場したOPPO A5 2020へと乗り換えました!

トリプルスロットに対応しているので、2枚のSIMとSDカードを挿入して使っています!現状サブ機としてはこの上ない活躍をしてくれています!気になった方は開封時のレビュー記事があるので、そちらも合わせて参考にしてみて下さい!
参考:【開封レビュー】OPPO A5 2020はコスパ最強かも!?

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。