前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

【2022年最新】OUKITELのおすすめスマホ8選【海外格安スマホ】

最近日本でも知名度が上がっている「OUKITEL」という海外メーカーをご存じでしょうか?

OUKITEL(オウキテル)は、元々OUKIと言うブランドの中国スマホでしたが、2013年からOUKITELの名前で海外向けスマホの販売を開始しました。

その海外向けスマホの特徴と言えば何と言ってもコスパの良さです。OUKITEL Cシリーズは価格がとてつもなく安いので、格安の海外スマホを探している方であれば有力候補です。

また大容量バッテリー搭載モデルタフネススマホなども販売されております。

本記事ではそんなOUKITELスマホのおすすめ機種をまとめてみました!

どのOUKITELスマホを買うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

OUKITELスマホの特徴は?

OUKITELスマホの特徴は?

冒頭でお話しした通り、OUKITELスマホは「価格の安いモデル」「大容量バッテリー搭載モデル」「タフネスもモデル」などがラインナップとなります。

一つ注意しておきたいのが、OUKITELのスマホは価格の安いライト~ミドルクラスがメインなので、XiaomiやOneplusのスマホのようなハイスペックモデルを探している方には微妙だと言うことです。

ハイスペックの海外スマホを探しているのであれば、XiaomiやOneplusの方がオススメです。

blank 【2022年最新】Xiaomiのおすすめスマホ9選【ハイエンドですら安い海外モデル】 blank 【2022年最新】OnePlusシリーズの一覧と購入先まとめ【現行ラインナップ】

<スポンサーリンク>

OUKITELスマホは日本で使えるの?

OUKITELスマホは日本で使えるの?

海外スマホを買うときに注意したいのが対応バンドです。

OUKITELのスマホは基本的にドコモとソフトバンク回線には対応していますが、残念ながらau回線には非対応となっております。

またドコモが非対応であったり、ソフトバンクが非対応の端末も存在します。対応バンドは端末ごとに異なるので、購入前にしっかりとチェックしてください。そしてもしOUKITELのスマホをau回線で使おうと思っている方は注意しましょう。

海外スマホの購入方法

海外スマホの購入方法は?

OUKITELスマホはAmazonや楽天市場などのネットモールにて、たくさんのモデルが出品されています。

しかし海外スマホはAmazonや楽天市場などのネットモールで購入するよりも、BanggoodやEtorenなどの海外通販店から輸入した方がお得です。

アカウント登録が必要なので多少の手間はありますが、どちらもガジェット類が安いので、ガジェット好きなら登録しておいて損はないと思います。

<スポンサーリンク>

海外スマホを選ぶポイント

海外スマホを選ぶポイント

まず分かりやすいスマホを選ぶポイントは、「動作性能」と「価格」のバランスです。

動作性能が高くて価格も高いのは当たり前のことですが、
動作性能が平均的で価格が激安だったら、それは「コスパが良い」と言うことになりますよね。

スマホを選ぶときに重要なのは、価格に見合った性能なのか、価格以上にパフォーマンスが優れているのか、を見極めることです。

OUKITELのスマホは、10000mAhを超える大容量バッテリーを搭載したモデルも存在するので、そういった大容量バッテリーモデルを選ぶか、それ以外のコスパの優れたスタンダードモデルを選ぶかどうかを決める必要があります。

大容量バッテリー搭載モデルは、もちろんバッテリー持ちが良いのですが、厚くて重いと言うデメリットがあるので、その点は注意してください。

OUKITELのおすすめスマホ7選

日本で購入できるOUKITELスマホを7機種紹介します。OUKITELスマホの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

OUKITEL C25

OUKITEL C25

こちらは2020年夏に登場したエントリーモデル「OUKITEL C25」です。
チップセットにUNISOC Tiger T310が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは14万前後を記録しています。ただし16,000円と言う超低価格に設定されています。エントリーモデルの中ではずば抜けてコスパが良いスマホなので、価格の安いモデルを探している方にイチオシです。
またB1/3/8/19に対応しているので、ドコモとソフトバンク回線で快適に使えます。
発売 OUKITEL/2021年9月
動作性能 UNISOC Tiger T310/4GBRAM
AnTuTu:14万
ストレージ 内部32GB/外部不明
ディスプレイ 6.52インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1300万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 76.6 × 166 × 9.6 mm/200 g
参考価格 16,000円前後

OUKITEL C21

OUKITEL C21

こちらは2020年夏に登場したエントリーモデル「OUKITEL C21」です。
チップセットにはHelio P60が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは15万前後を記録しています。
今はC25の方がおすすめですが、値下がりしているのでC21もそれなりにおすすめ。こちらも1/3/8/19に対応しているので、ドコモとソフトバンク回線で快適に使えます。
発売 OUKITEL/2020年8月
動作性能 MediaTek Helio P60/4GBRAM
AnTuTu8:15万
ストレージ 内部64GB/外部不明
ディスプレイ 6.4インチ/2310×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万+200万+200万画素
前面2000万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 75.5 × 157.3 × 8.75 mm/170 g
参考価格 18,000円前後
blank 【OUKITEL C21 レビュー】15,000円なのにAnTuTu15万FHD+のミドルクラス

OUKITEL C19 PRO

OUKITEL C19 PRO

こちらはC19の上位モデル「OUKITEL C19 PRO」です。
チップセットにはHelio A25が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは9万前後です。C19からそこまで大きく進化しているわけではありませんが、価格が15,000円前後でほぼ同価格となっております。B1/3/8/19に対応しているのでドコモとソフトバンク回線で使えます。
残念なことに既に海外通販店では販売が終わっていため、より安く入手できるのはC19の方になります。
発売 OUKITEL/2020年12月
動作性能 Helio A25/4GBRAM
AnTuTu8:9万
ストレージ 内部64GB/最大256GB
ディスプレイ 6.49インチ/1560×720 HD+
カメラ 背面1300万+200万+200万画素
前面500万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 166 x 78mm x 8.7 mm/191 g
参考価格 15,000円前後

OUKITEL C22

OUKITEL C22

こちらは2020年に登場したエントリーモデル「OUKITEL C22」です。
チップセットにHelio A22が搭載されており、AnTuTu9のベンチマークスコアは10万前後を記録しています。Banggoodのセール利用で12,000円前後という激安価格で販売されています。通常は15,000円ぐらいです。
こちらのスマホの特徴は何と言っても見た目です。見た目が「iPhone」にそっくりなのが話題となったAndroidスマホです。
発売 OUKITEL/2020年10月
動作性能 Helio A22/4GBRAM
AnTuTu9:10万
ストレージ 内部128GB/最大256GB
ディスプレイ 5.86インチ/1520×720 HD+
カメラ 背面1300万+200万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 150.8 × 73.7 × 8.9 mm/178 g
参考価格 15,000円前後
blank 【OUKITEL C22 レビュー】iPhoneに似ている1万円台の格安スマホを開封!

OUKITEL K9

OUKITEL K9

こちらは7インチを超える大型スマホ「OUKITEL K9」です。
チップセットにはHelio P35が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは10万前後です。K12と同様に発売時の価格が260ドルぐらいなので、現在は4万円前後で販売されています。昨今ではスマホディスプレイの大型化が進んでいますが、さすがにここまで大きなディスプレイを搭載したモデルは少ないです。もし大型スマホやファブレットを探していると言う方にオススメ。ドコモLTEとソフトバンク回線には対応していますが、au回線には非対応なので注意。
発売 OUKITEL/2019年5月
動作性能 Helio P35/4GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部64GB/最大64GB
ディスプレイ 7.12インチ/2244×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 177.6 × 86.3 × 8.9 mm/232 g
参考価格 30,000円前後

OUKITEL WP5

OUKITEL WP5

こちらは防水対応のアウトドアスマホ「OUKITEL WP5」です。
チップセットにはHelio A22が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは8万前後です。OUKITEL WP5は防水防塵に加えて耐衝撃にも対応したタフネススマホです。さらに8000mAhもの大容量バッテリーを搭載してます。その代わり端末の厚みが18ミリとかなり分厚いので注意。価格は現在15,000円前後です。
B1/3/8/19対応なのでドコモとソフトバンク回線で使えます。
発売 OUKITEL/2020年1月
動作性能 Helio A22/3GBRAM
AnTuTu8:8万
ストレージ 内部32GB/最大128GB
ディスプレイ 5.5インチ/1440×720 HD+
カメラ 背面1300万+200万+200万画素
前面500万画素
バッテリー 8000mAh
サイズ 76.8 × 156.2 × 18 mm/285 g
参考価格 15,000円前後
blank 【OUKITEL WP5 レビュー】バッテリー持ちの良い格安タフネススマホ【大容量8000mAh】

OUKITEL WP8 Pro

OUKITEL WP8 Pro

こちらはタフネスモデルの2020年モデル「OUKITEL WP8 Pro」です。
チップセットにHelio A25が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは85000前後を記録しています。防水防塵として「IP68」「IP69K」に対応し、耐衝撃では「MIL規格」に対応。B1/3/8/18対応なのでドコモ回線とソフトバンク回線で使えます。WP5よりもサイズが大きいので、大きめのタフネススマホを探している方におすすめ。
発売 OUKITEL/2020年9月
OS Android 10.0
動作性能 Helio A25 MT6762D/4GBRAM
AnTuTu8:85000
ストレージ 内部64GB/外部対応
ディスプレイ 6.49インチ/720×1560 HD+
カメラ 背面:1600万+200万+200万画素
前面:800万画素
バッテリー 5000mAh
防水防塵 IP68/IP69K・MIL規格
おサイフケータイ 非対応
通信 4G:B1/3/7/8/19/20
サイズ 84.7 x 178 x 12.9 mm/260 g
カラー オレンジ
ミッドナイトブラック
参考価格 2万円前後
blank 【OUKITEL WP8 Pro レビュー】中華の格安タフネススマホを開封!

OUKITEL WP15

OUKITEL WP15

こちらは大容量バッテリー搭載モデル「OUKITEL WP15」です。
チップセットにDimensity 700が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは30万前後を記録しています。
こちらは15600mAhの大容量バッテリーが特徴です。長時間アウトドアシーンで使うという方におすすめ!
発売 OUKITEL/2021年7月
OS Android 11
動作性能 Dimensity 700/8GBRAM
AnTuTu:30万
ストレージ 内部128GB/外部対応
ディスプレイ 6.52インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面:4800万+200万+30万画素
前面:800万画素
バッテリー 15600mAh
防水防塵 IP68/IP69K・MIL規格
おサイフケータイ 非対応
通信 FDD LTE:1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 28AB / 66
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
サイズ 86.2 x 178.2 x 23.8 mm/485 g
カラー ブラック系
イエロー系
参考価格 5万円前後

<スポンサーリンク>

中国スマホのおすすめ機種は?

blank 【2022年最新】中国スマホのおすすめ機種16選【中華スマホ/海外モデル】

今回紹介しているOUKITELスマホを含んだ中国スマホのまとめ記事があるので、興味のある方はそちらも参考にしてみて下さい!

まとめ

というわけで海外スマホ「OUKITEL」のおすすめ機種をまとめてみました。

どれも価格が安いので気になる方はぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。