スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

スマホでよく聞くキャッシュとは?削除のメリットや消去方法

tisiki-logo
Pocket

スマートフォンが重くなった時の対処方法を調べたりアプリでバグが発生した場合に、
対策をインターネットで調べたり、人に聞いたりすると、
「キャッシュの削除」や「キャッシュの消去」と言う方法がよく紹介されていると思います。
今回はパソコン用語でもある「キャッシュ」について初心者向けに基本的な事を記載します。

そもそも「キャッシュ」とは?

パソコンでもスマートフォンでもそうですが、
「キャッシュ」とは「一時ファイル」のことでスマホが一時的に保存したファイルの事です。
例えば、読み込んだことのある画像を再読み込みする際は、画像の表示が速かったりします。
これはスマホが1度目に読み込んだ際にキャッシュファイルとして保存しているおかげで、
2度目の読み込みが早くなっているんです。
そんな一時的なファイルも、塵も積もれば山な訳で、溜まれば当然スマホが重くなってしまいます。

インターネット、アプリのキャッシュ

インターネットでページを閲覧する際に、
まさにこのキャッシュファイルが溜まります。
よく使うサイトや画像の表示など、再読み込みの際には非常に便利な機能なのですが、
溜まりすぎると不具合や重くなる原因になるので、定期的な削除を行って、
スマホを軽くしてあげる必要があります。
このキャッシュファイルはアプリの利用でも溜まってしまいます。
同じ様にアプリの再読み込みに役立つ訳ですが、
これまた溜まりすぎると不具合の原因になります。定期的に削除する必要があります。

キャッシュの削除・消去方法

上記のように不具合やスマホが重くなる前に、
キャッシュファイルを削除する必要があります。
AndroidのOSでは、このページの上記の画像のように、
「設定」から「ストレージ」へ移動することによって、
「キャッシュデータ」の項目がありますので、タップして削除を行うことが出来ます。
これまでのAndroidOSの過去のバージョンでは、このような削除方法は用意されておらず、
「キャッシュ削除」「キャッシュキラー」等のワードでアプリを探す必要がありました。
古い端末または古いOSを利用している方はアプリを探してみてください。

キャッシュの由来はcash?

国内初の言葉ではないので、非常に混合しやすいですね。
キャッシュは日本では現金のイメージが強い訳ですが、
キャッシュデータの正確な英語はcacheで、現金のcashとは別物になります。
発音が同じなので混合しやすいですが、cacheの意味は「貯蔵・隠し場所」です。
由来はこの貯蔵や隠し場所から来ており、「一時ファイル」と言う名称にも納得が行きます。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly