スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

スマホケースでよく聞くPUレザーと合皮レザーの違いとは

tisiki-logo
Pocket

現在のスマートフォンのシェア率は非常に高く、
子供向けスマホや老人向けスマホまで存在しています。
またスマートフォン本体の性能の上昇とともに、端末の価格が非常に高くなっています。
そんなスマホ本体を護る大事なアイテムがスマホケースです。
とベーシックに本体を護るシンプルケース、
ケース自体にキャラクターやイニシャルが入っているデザインケース、
軽い収納も兼ねている手帳型ケース、
高級ガラスであるスワロフスキーを使ったデコレーションケースなど数々のタイプのケースがあります。
個人的なイメージですが、やはり人気が高いのはシンプルケースや手帳型ケースです。
今回は手帳型ケースによく使われている素材である、
「PUレザー」と「合皮レザー」と「本皮」の違いについてまとめてみました。
(ついでにシェア率の高いシンプルケースの種類も解説します)

手帳型ケースのほとんどがPUレザーまたは合皮レザー

レザーケースでも、非常に高いケースとそうでもないケースがあります。
高いケースは本皮が多く、
安いケースは「PUレザー」か「合皮レザー」を素材にしている物がほとんどです。

PUレザーと合皮レザーの違い

PUレザーとはポリウレタン素材のことで、
合皮レザーの素材がポリウレタンの物がPUレザーと言う事になるのですが、
スマホのケースの場合は合皮レザーはほとんどポリウレタンなので、
合皮レザーもPUレザーもほぼ同じ意味と言うことになります。
購入する商品の素材を確認すれば分かりやすいかもしれません。
スマホケース以外ではPU以外もPVCなどの素材もあります。

合皮レザー(PUレザー)と本皮の違い

本革と比べて第一に挙がる点が価格の安さです。
天然の動物の皮を使っておらず、
Wikiによると「天然の布地を基材とし、合成樹脂を塗布したものである」との事なので、
費用は当然安くなります。
また本革との違いで第二の利点としては、汚れにくいことです。
水をはじくPUレザーは本革と違い非常に汚れにくいです。
そして最後にPUレザーの短所となるのですが、寿命が短いことです。
しかしこの短所ですが、スマホケースにはそこまで大きな短所ではありません。
と言うのも大体2,3年が寿命と言われているのですが、
財布などと違って同じ端末の同じスマホケースは長く使うものでもありません。
3キャリアの2年縛りしかり、SIMフリー端末しかり、2,3年後には機種変更している可能性が高いので。

スマホケースの素材の種類

手帳型ケースは上記のようなPUレザーや本革のケースが多いのですが、
シンプルなケースの素材は大きく分けると3種類になります。
ハードタイプ・ソフトタイプ・レザータイプの3種類です。

ポリカーボネード

プラスチックのことで、ハードタイプのケースの素材のほとんどがこちらになります。
特徴としてはコストが安く丈夫な素材です。しかしハードケースが嫌いな方が多いのも事実です。
すべりやすいので誤って落としたりする可能性があります。

シリコン

シリコンが素材のケースです。こちらも価格はそこまで高くない上に、
ゴム系の質で手にフィットして操作がしやすいのが特徴です。
またすべりにくいので、ポケットから落ちたりはしにくいです。

TPU

一時は非常に流行りました。シリコンのようなやわらかい素材ですが、
衝撃にも非常に強くて優秀です。シリコンやポリカーボネードのシンプルなデザインな物と比べると、
やや価格が高め?かと思われます。

レザー

手帳型以外のレザーケースは入れ物のようなタイプが多いです。
素材は上記で説明したようなPUレザーと本革がほとんどです。

ハイブリット

「ハイブリットタフ」などとも言われています。
シリコンやポリカーボネードを組み合わせて作られているケースです。
衝撃にも強く手触りも良いのでオススメです。数は少ないです。

防水

防水に対応しているケースで、風呂場での利用などの際に便利です。

おすすめは手帳型PUレザーケース

スマホケースを購入する上で気をつけたい点は3つです。
まずは大前提として「衝撃に強い」ことです。
当然スマホを保護する目的で購入するのであれば必須の条件です。
手帳型は全体を覆う形なので非常に丈夫です。
そして「安い価格」です。
スワルフスキーのデコケースや、キャラクターデザインケースなどは比較的高いですが、
本革と比べてPUレザーケースは非常に安いです。
最後に「扱いやすさ」です。
そういう意味では手帳型はうってつけです。
軽い収納が出来たり、落下防止のストラップがついていたり、
非常に便利なのでオススメです。
個人的におすすめはJMEIのDandyシリーズです。
3大キャリアから発売されている端末であればほとんどの機種が対応していますので、
AmazonのJMEI製品
こちらで機種名を入れて検索してみて下さい。
※2016年7月追記
その後様々な端末のグッズ特集記事を作成しましたが、最近人気はF.G.Sの手帳型ケースです。
F.G.Sはかなり価格が安い上に質感にも高評価が多いのが特徴的です。
AmazonのF.G.S
こちらも機種名を入れて検索してみて下さい。楽天市場でも出店しています。
楽天市場のF.G.S

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly