【2018年最新】auのAndroid白ロムスマホ比較!おすすめ6選

auの白ロムスマホで、2017年以降に登場したモデルを比較してみました!
2018年代や2017年代の新し目の白ロムをお探しの方は是非最後までご参考下さい^^

そもそも白ロムスマホとは?

SIMカードが挿入されていない解約済みのスマートフォンのことです。
本来の意味合いからは少し変化しておりますが、白ロムスマホは既に解約されている中古スマホのことを指します。

白ロムスマホの使い道は?

白ロムスマホはSIMカードを差し込むことによって、普通のスマホとして利用することが出来ます。
キャリアで新品を契約するよりも型落ちの安い中古を購入したいと言う方もいるというわけですね。もちろん未使用品も出回っているので中古に抵抗のある方は新品や未使用品を選びましょう。

白ロムスマホは安いのでオススメ!

キャリアの投売り(期間限定の格安で購入出来るキャンペーンなど)が過去にあった端末はめちゃくちゃ相場が安くなります。それによってスペックに見合わない「コスパの良い」端末となります。
古いモデルや状態の悪いものほど安くなりますし、タイミング次第ではありえないほど安く販売されていることがあります。

白ロムスマホのメリットは?

SIMフリースマホと比較すると「おサイフケータイ」や「防水防塵」などの機能に対応したモデルが多いことや、先ほども記載したように投売りが過去にあった端末など暴落した価格で購入出来る場合があることです。

白ロムスマホの購入方法は?

白ロムスマホは基本的には中古での購入となります。もちろん購入してすぐに出品される未開封品や新品、動作確認だけ行われた未使用品なども販売されておりますが、どちらにしても一度は人の手に渡った中古品と言う扱いになります。


ひとつ注意しておきたいのが白ロムスマホの入手経路です。オークションやフリマ、ショップ等で販売されていますが、
商品状態の程度や傷の大小等の認識は売り手の判断となっております。


そういった理由もあるので、専門店での購入がオススメです。
専門店だと個人出品のオークションやフリマよりは高くなりがちですが、専門業者が状態の判断をしている分、ある程度は安全に取引が出来ます。

auの人気白ロムスマホは?

ムスビー/中古ケータイ・スマホ専門サイトムスビーにて公開されている白ロムスマホの売れ筋ランキングやYahoo!ショッピングのランキングを参考にauの白ロムをピックアップ。
中でもランキング上位端末やレビュー評価の高いものなどを中心に、2017年以降のおすすめモデルをいくつか紹介します!

SONY Xperia XZ1 SOV36

メーカー  ソニー
発売時期  2017年11月
CPU  Snapdragon 835
RAM  4GB
ROM  64GB
画面サイズ  5.2インチ
画面解像度  1920×1080(FHD)
背面カメラ  1920万画素
前面カメラ  1320万画素
バッテリー  2700mAh
サイズ  148 x 73 x 7.4 mm
 156 g
カラー  ムーンリットブルー
 ウォームシルバー
 ブラック
 ヴィーナスピンク
機能  Wi-Fi5GHz(a/ac)
 おサイフケータイ
 防水防塵
価格  69,120円
まずおすすめしたいのは人気ランキングでも上位にランクインしているソニーの「Xperia XZ1」です。
こちらはスナドラ835搭載モデルなのでAntutuスコアが18万前後と言うハイスコア。後続機のスナドラ845を搭載したモデルが登場しているので、スペックではそちらの方が圧倒的に上ですが、もちろん価格もかなり高いです。
ドコモ版もau版も状態次第では安く入手出来ますし、まだまだ現役で使える良端末です!

HUAWEI P20 lite HWV32

メーカー  HUAWEI
発売時期  2018年5月
CPU  Kirin 659
RAM  4GB
ROM  32GB
画面サイズ  5.8インチ
画面解像度  2280×1080(FHD+)
背面カメラ  1600万+200万画素
前面カメラ  1600万画素
バッテリー  3000mAh
サイズ  148.6 x 71.2 x 7.4 mm
 145 g
カラー  クラインブルー
 サクラピンク
 ミッドナイトブラック
機能  Wi-Fi5GHz(a/ac)
 デュアルカメラ
 ベゼルレス
価格  31,980円
そして次に紹介するのはHUAWEI人気SIMフリースマホ「P20 lite」です。auからもキャリアモデル「HWV32」として登場しております。
こちらはミドルレンジのSIMフリースマホの中で最も人気の高い端末で、auモデルも価格が安いので人気です。
2018年代の端末なのでワイドディスプレイ+ベゼルレス・ノッチやデュアルカメラなどのトレンドも取り入れられており、Antutuスコアは87000前後となっております。
性能自体はスコアを見れば分かるようにそこまで高くありませんが、新品が3万円で購入出来ると言うコスパの良さを発揮しています。
中古でもかまわないという方はもちろんもっと安く入手出来ますので、もし普段使いの端末でコスパの良いモデルをお探しの方にオススメ!

Qua Phone QX KYV42

メーカー  京セラ
発売時期  2017年7月
CPU  Snapdragon 430
RAM  2GB
ROM  16GB
画面サイズ  5.0インチ
画面解像度  1280×720(FHD+)
背面カメラ  1300万画素
前面カメラ  500万画素
バッテリー  2600mAh
サイズ  146 x 73 x 8.6 mm
 139 g
カラー  ホワイト
 ブラック
 ピンク
機能  Wi-Fi5GHz(a/ac)
価格  32,400円
そしてコスパで言えば京セラの「Qua Phone QX KYV42」もオススメです。
P20 liteと比べると性能は更に劣りますが、販売価格が安かったこともあって白ロム価格もとても安くなっております。
Antutuスコアは55000前後となっております。
もしP20 liteよりも更に価格の安い端末を探している方がいればオススメします!

isai V30+ LGV35

メーカー  LGエレクトロニクス
発売時期  2017年12月
CPU  Snapdragon 835
RAM  4GB
ROM  128GB
画面サイズ  6.0インチ
画面解像度  2880×1440(qHD)
背面カメラ  1650万画素
1310万画素
前面カメラ  510万画素
バッテリー  3060mAh
サイズ  152 x 75 x 7.4 mm
 158 g
カラー  オーロラブラック
 クラウドシルバー
機能  Wi-Fi5GHz(a/ac)
 デュアルカメラ
 おサイフケータイ
 防水防塵
価格  88,560円(税込)
先ほど紹介したXZ1と同様にスナドラ835を搭載したLGの「isai V30+ LGV35」もオススメです。
XZ1との大きな違いは画面解像度がqhdの高解像度ディスプレイを搭載しているところです。また背面にはデュアルカメラ仕様が採用されているのもメリットです。
メーカーの人気はソニーXperiaシリーズと比べると劣りますが、機能面が強化されているので、価格次第ではXZ1よりもこちらをオススメします!

AQUOS sense SHV40

メーカー  シャープ
発売時期  2017年11月
CPU  Snapdragon 430
RAM  3GB
ROM  32GB
画面サイズ  5.0インチ
画面解像度  1920×1080(FHD)
背面カメラ  1310万画素
前面カメラ  500万画素
バッテリー  2700mAh
サイズ  144 x 72 x 8.6 mm
 148 g
カラー  オパールグリーン
 シルキーホワイト
 ミスティピンク
 ベルベットブラック
機能  おサイフケータイ
 防水防塵
価格  32,400円
そしてこちらはムスビーのランキングで2018年代で何度も首位を獲っているシャープの「AQUOS sense SHV40」です。
と言っても実際に人気が高いのはドコモ版のSH-01Kです。SH-01Kはドコモの料金プランdocomo withの対象端末と言うこともあって非常に価格が安くなっております。
それに伴ってau版のSHV40も価格は安くなっておりますし、Antutuスコアが6万前後なので普段使いなら問題ないです。
とは言えスコアがスコアなので重いゲーム系のアプリのプレイは厳しいでしょう。もっと安いほうが良いと言う方はQua Phone QX、もう少し予算があるという方はP20 liteを選びましょう。

HUAWEI nova 2 HWV31

メーカー  HUAWEI
発売時期  2018年1月
CPU  Kirin 659
RAM  4GB
ROM  64GB
画面サイズ  5.0インチ
画面解像度  1920×1080(FHD)
背面カメラ  1200万+800万画素
前面カメラ  2000万画素
バッテリー  2950mAh
サイズ  142 x 69 x 6.9~7.6 mm
 143 g
カラー  オーロラブルー
 グラファイトブラック
 ローズゴールド
機能  -
価格  32,400円(税込)
そして最後に紹介するのはこれまたHUAWEI製の「nova 2 HWV31」です。
こちらはP20 liteと同じぐらいコスパに優れたモデルとなっておりますが、カメラ機能が優れています。背面のデュアルに加えてセルフィーも高画素レンズが搭載されております。
また5インチのコンパクトディスプレイが搭載されているので、横幅が69mmとなっております。
普段使いでかつある程度スペックの高いコンパクトモデルを探している方には是非オススメしたい端末です!

まとめ

ドコモと比べると利用者の都合もあってau白ロムは少し安く入手出来ます。例えば今回紹介した端末でもXperia XZ1やP20 liteは別キャリアからも販売されております。


今回取り上げた6端末はコスパだけで言えばかなり優秀な部類に入ります。
注意しておきたいのが各端末のスペックです。もしゲーム系のアプリをプレイするのであればある程度のスペックが必要になります。今回紹介したモデルで言えばXperia XZ1とisai V30+です。


普段使いだけどスマホは良く使う、動画の視聴やネットを良く使うと言う方はP20 liteやnova2を選びましょう。


そして普段使うでスマホはそこまで使わないと言う方はQua Phone QXやAQUOS senseが安くてオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。