前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

【Briskyjp NY16 レビュー】Amazonで販売されている格安スマートウォッチを開封!

先日ランニング用にスマートウォッチを探していたところ、Amazonのスマートウォッチ売れ筋ランキングで3位にランクインしている「Briskyjp」というメーカーのスマートウォッチを発見しました。

Briskyjpのスマートウォッチは、5,000円で販売されている格安スマートウォッチなのですが、デザインがアップルウォッチと酷似しています。

元々ランニングの時にしか使わないので、デザインよりもバッテリーや価格の安さを優先するつもりだったのですが、この価格でアップルウォッチに似ているなら普段使いもできそう!

ってことで今回はお試し感覚で格安スマートウォッチ「Briskyjp NY16」を購入してみたので、開封レビューしていきます!

価格の安いスマートウォッチをお探しの方はぜひ参考にしてみてください!

Briskyjpはどこの国のメーカー?

Briskyjpはどこの国のメーカー?

そもそも全く聞いたことのないBriskyjpというメーカーですが、一体どこの国のメーカーなのか気になりますよね。

一応Amazonの出品情報では住所が日本の神奈川になっていますが、代理店の可能性もあります。試しに電話してみましたが繋がらず、、色んなワードで検索してみるもヒットせず…。

まあきっと中国メーカーなのではないでしょうかね。Amazonで販売されている格安スマホやタブレットなどの家電は、ほとんど中国製ですし。

断言はできませんが、、恐らく中国のメーカーが製造しているスマートウォッチを日本の業者が代理で販売しているのだと思います。

<スポンサーリンク>

Briskyjp NY16の開封レビュー

というわけで届いたBriskyjp NY16を早速開封していきます。

Briskyjp NY16の外観

Briskyjp NY16のパッケージ

届いたパッケージ。カラーはブラックです。

Briskyjp NY16のパッケージ裏

パッケージの裏には英語でスペックが記載されています。

Briskyjp NY16を開封

早速オープン。まずは本体と充電器があります。

Briskyjp NY16の本体

こちらがBriskyjp NY16の本体です。

Briskyjp NY16の本体2

ベルトはよくあるシリコン系の素材です。少し伸縮性があるので腕にフィットしてくれます。

Briskyjp NY16の本体3

デザインはこんな感じで、まんまアップルウォッチのような形をしています。

Briskyjp NY16の裏面

裏面には心拍センサーが搭載されています。

Briskyjp NY16の本体4

横に電源ボタンが付いており、ディスプレイを消灯できます。

Briskyjp NY16の本体5

留め具はよくあるこのタイプ。

Briskyjp NY16の付属品

Briskyjp NY16の充電器

こちらは「充電器」です。よくあるUSB-A(パソコンのUSB、スマホのACアダプターなど)に接続することで充電できます。

Briskyjp NY16のフィルム

こちらは「液晶保護フィルム」です。ランニングで使うと傷が付きやすそうだし、これは普通に嬉しいオマケです。

Briskyjp NY16の説明書

こちらは「取扱説明書」です。表記は日本語で、ペアリング手順なども記載されています。

Briskyjp NY16の付属品は以上の3つで、替えのベルトなどは同梱されていないので注意。

  • 充電器
  • 液晶保護フィルム
  • 取り扱い説明書

Briskyjp NY16の重量

Briskyjp NY16の重量

Briskyjp NY16の重量は「50.7グラム」でした。バンド込みでこの重量なら軽い方ですね。

外観はアップルウォッチにかなり似ています。今回ランニング用にこの時計を選んだのですが、とりあえずデザインには満足しています!

blankイッテツ

Briskyjp NY16のココが良い!

Briskyjp NY16の使い方

Briskyjp NY16は格安スマートウォッチですが、しっかりと便利機能が搭載されています。

中でも筆者が実際に使っていて良かった機能

運動測定アプリが使える

運動測定アプリが使える

今回ランニング用にスマートウォッチを探していたので、運動測定アプリの対応は必須条件でした。

Briskyjp NY16はしっかりとランニングをはじめ、ウォーキングやハイキングにも使えるので便利です。

LINEの通知確認ができる

LINEの通知確認ができる

Briskyjp NY16はスマホに来る色んな通知を確認できます。

着信やラインの通知はもちろんですが、他にもTwitterやFacebookなどSNSの通知も対応。すぐに手元でメッセージを確認できるので、非常に便利です!

スマホ探しが便利

スマホ探し

そして意外と便利だった機能が「スマホ探し」です。こちらの機能を使えばスマートウォッチ側で操作して、スマホからアラームを鳴らすことができます。

実際に車でスマホを落としてしまった時と、お風呂場に持って行ったスマホを忘れていた時に、この機能を使って見つける事が出来ました!

他にも「写真の撮影操作」や「アラーム機能」や「睡眠計測」などに対応しています。格安スマートウォッチとしては十分すぎるほど多機能です!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

Briskyjp NY16の充電方法

Briskyjp NY16の充電方法

Briskyjp NY16の充電方法はシンプルです。付属の充電器をUSBポートに接続して、Briskyjp NY16本体を上から装着するだけです。

Briskyjp NY16はバンド交換できる?

Briskyjp NY16はバンド交換できる?

Briskyjp NY16のバンドを止めている部分を確認してみましたが、取り外しできませんでした。もしバンドを別の製品に取り替えようと思っている方は注意。

<スポンサーリンク>

唯一のデメリットは「手首をひねって点灯」の精度

唯一のデメリットは「手首をひねって点灯」の精度

Briskyjp NY16は手首をひねったら画面が点灯します。普段ディスプレイは消灯しており、時間や歩数を確認したい時に手首をひねってディスプレイを点灯します。かなり便利な仕組みで、いろんなスマートウォッチに採用されている機能です。

ただしBriskyjp NY16はその精度がかなり悪いです。ほとんどの場合、問題なく作動するのですが、たまに上手く点灯してくれない日があります。しばらくすると直るのですが、いまだに原因は不明。

まとめ

まとめ

Briskyjp NY16は、格安なのに多機能で使いやすいスマートウォッチです。デザインもアップルウォッチに似ていて良い感じですし、非常にバランスの取れた製品だと思います。

価格の安さコストパフォーマンスを重視するのであれば、今回のBriskyjp NY16はかなりおすすめです。普段使い、ランニング用、睡眠計測などにぜひお試しください!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。