前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

CoDモバイルで勝てるおすすめのスマホは?【必要スペックは低め】

2019年10月にリリースされた「コールオブデューティーモバイル」をご存じですか?

コールオブデューティーモバイル(CoDモバイル)は、世界的に人気のあるFPSゲーム「コールオブデューティー」のスマホ向けアプリです。

簡単にダウンロードしてプレイ出来るのがスマホアプリの良いところです。今回のCoDモバイルも、CoDをプレイしたことが無い新規ユーザーが多く参戦しています。

今回はそんなCoDモバイルで使うオススメのスマホを紹介していこうと思います。

「CoDモバイルがカクついて打ち合いが勝てない!」という方は、
ぜひ参考にしてみて下さい!

CoDモバイルとは?

CoDモバイルとは?

冒頭でも記載しましたが、CoDモバイルはコールオブデューティーのスマホ向けアプリです。

ジャンルはシューティングゲームで、FPS/TPS視点のゲームとなっております。いわゆるFPSゲームと言うだけでなく、最近流行りのバトロワモードも搭載されています。

FPSやTPSと言ったシューティングゲームのジャンルは、ロールプレイングのようにやればやるほど強くなるワケではなく、プレイヤーのスキルで優劣が付くゲームです。

少しでも撃ち合いに勝てるように、ゲームをやる環境だけは整えておきたいですよね。スマホの場合は端末の性能でカクつき具合が変わるので、出来ればカクつかないレベルの端末を選びたいところです。

<スポンサーリンク>

CoDモバイルに必要なスマホのスペックは?

CoDモバイルは2019年10月にリリースされた新しいゲームアプリなので、ある程度のスペックが要求されると思います。ちなみにアップルストア、グーグルストアに記載されている条件は以下の通りです。

iPhoneの必要最低スペック

対応OS iOS 9.0以降
サイズ 1.5GB
対応機種 iPhone 5s以降

Androidの必要最低スペック

対応OS Android OS 4.3以降
サイズ 74MB
対応機種 不明

blankイッテツ

ストアに表記されているのは対応OSとサイズだけなので、必要最低スペックは分かりかねますね。。

と言うワケで実際にどのランクのスマホが最低ラインなのかを知るために、ストアのレビュー評価とSNSの書き込みをひたすら遡って調査してみました!

どの程度のスマホがベスト?

どの程度のスマホがベスト?

実際にレビュー評価やSNSの書き込みを見てみると、CoDモバイルは思ったよりも要求スペックが低いと言う事が分かりました。

最新の3Dグラフィックの重いゲームアプリだと「ハイスペックモデル」「ゲーミングスマホ」レベルの高価なスマホが必要なのですが、CoDモバイルの場合はそれよりもランクの低いモデルで十分快適にプレイすることが出来ます。

実際に端末名指定で書かれていた情報は以下の通りです。

P30 liteで問題なくプレイできる

Reno Aだとかなり快適にプレイできる

iPhone 6を使っているが、かなりカクつく

iPhone 7だと重いけど何とかプレイできる

AndroidスマホだとP30 liteやReno Aだとプレイ出来るみたいですね。P30 liteはKirin710を搭載しており、AnTuTu8のベンチマークスコアが18万前後を記録しております。一方のReno AはAntuTu8のベンチマークスコアが20万前後を記録しております。

AnTuTuのベンチマークスコアはスマホの動作性能やグラフィック性能をスコア化してくれるツールとなっております。CoDモバイルをプレイするにはAnTuTu8のスコアが20万ほど出る端末を選べば問題ないと言うことになります。

そしてiPhoneではiPhone 7がカクつくと言う情報があるので、iPhone 8以降を選びましょう。iPhone 8はAnTuTu8のスコアが20万超えなので、CoDモバイルをある程度快適にプレイ出来ます。

ひと昔前はAnTuTuベンチマークスコア20万と言えばハイスペックモデルばかりでしたが、最近の端末だとミドルクラスでもAnTuTuベンチマークスコアが20万を超えていることもあるので(実際にP30 liteやReno Aがそうです)、そもそもCoDモバイルがカクついていると言う方はスマホの買い替え時だと考えても良いと思います。

<スポンサーリンク>

メイン機を買い替えるならハイスペックが良い

メイン機を買い替えるならハイスペックが良い

CoDモバイルに必要なスペックはそこまで高くありませんが、これからリリースされるゲームが軽いとは限りません。もしCoDモバイルだけでなく色んなゲームアプリをプレイしていきたいと言う方は、ハイスペックモデルがオススメです。

また記事中に少しだけ触れましたが、ゲームに特化した「ゲーミングスマホ」と呼ばれるモデルも存在します。こちらもハイスペックスマホの一種なのですが、ゲームアプリに特化した冷却性能やディスプレイ性能が搭載されています。ゲーミングスマホは価格がとても高いと言うデメリットがあるので、お金に余裕がある人やどうしてもゲームで勝ちたいと言う人にのみオススメしておきます。

~どのスマホを選ぶべき?~
  • ゲーミングスマホ…動作が最強に軽い。ゲームに特化。価格は高い。
  • ハイスペックスマホ…動作が軽い。ゲームも快適。価格は高い。
  • ミドルレンジスマホ…動作がまあまあ軽い。重いゲームは厳しい。価格は安い。

これから自分がどういう使い方をするのかによって、選ぶスマホのランクを決めましょう。

CoDモバイルにおすすめのゲーミングスマホ

ゲーミングスマホはゲームに特化したハイスペックスマホです。予算に余裕があるならゲーミングスマホがおすすめです。

ASUS ROG Phone 5s

ROG Phone 5s

こちらはASUSのゲーミングブランド「ROGシリーズ」の「ROG Phone 5s」です。
チップセットにSnapdragon 888+ 5Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは80万というハイスコアを記録しています。
ROG Phoneはゲーミングに特化したスマホなので高性能なのはもちろんですが、冷却機能やオーディオもハイパフォーマンスです。さらにリフレッシュレートも144Hzに対応しているのでゲーム画面が滑らかに動きます。まさに「ゲーム用の最強スマホ」といった感じです。欠点があるとすれば価格の高さです。RAM12GBモデルですら10万円を超えているので注意。
発売 ASUS/2021年11月
動作性能 Snapdragon 888+ 5G/12or16GBRAM
AnTuTu:70万
ストレージ 内部256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.78インチ/2448×1080 有機EL
カメラ 背面6400万+1300万+500万画素
前面2400万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 172.8 x 77.3 x 9.9 mm/238 g
カラー ファントムブラック
ストームホワイト
価格 10万円前後

ASUS ROG Phone 5s Pro

ROG Phone 5s Pro

こちらはROG Phone 5sの上位モデル「ROG Phone 5s Pro」です。
チップセットにSnapdragon 888+ 5Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは80万というハイスコアを記録しています。
ROG Phone 5sからさらにゲーム特化された最強モデルです。ただし価格が3万円ほど上がるので注意。
発売 ASUS/2021年11月
動作性能 Snapdragon 888+ 5G/18GBRAM
AnTuTu:80万
ストレージ 内部512GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.78インチ/2448×1080 有機EL
カメラ 背面6400万+1300万+500万画素
前面2400万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 172.8 x 77.3 x 9.9 mm/238 g
カラー ファントムブラック
価格 13万円前後

Xiaomi Black Shark 4 5G

Black Shark 4

こちらはXiaomiのゲーミングスマホ「Black Shark 4」です。
チップセットにSnapdragon 870搭載で、AnTuTu8のベンチマークスコアは60万前後と言うハイスコアを記録しています。
こちらもリフレッシュレート144Hzに対応したゲーミングスマホです。ROGシリーズよりも価格が安いので、コスパ的にはこちらの方が優秀。
発売 Xiaomi/2021年8月
動作性能 Snapdragon 870/8GBRAM
AnTuTu8:60万
ストレージ 内部128or256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面4800万+800万+500万画素
前面2000万画素
バッテリー 4500mAh
サイズ 163.8 x 76.3 x 10.3 mm/210 g
カラー ブラック
グレー
価格 69,800円

<スポンサーリンク>

CoDモバイルにおすすめのハイスペックスマホ

ゲーミングスマホが必要なほどではないが、とりあえずスマホのゲームが好きだと言う人はハイスペックスマホを選びましょう。ハイスペックスマホは動作性能以外の部分も優れているので、基本的にすべてのスペックが高いです(例えばカメラ性能や画面解像度など)

Xiaomi 11T

Xiaomi 11T

こちらは2021年11月に登場したXiaomiスマホ「Xiaomi 11T」です。
チップセットにDimensity 1200 Ultraが搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは58万前後を記録しています。
リフレッシュレート120Hz有機ELディスプレイ、10800万画素カメラ、67W急速充電、5G通信などトレンドな機能が詰め込まれたスマートフォンです。
発売 Xiaomi/2021年11月
動作性能 Dimensity 1200 Ultra/8GBRAM
AnTuTu:58万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面10800万+800万+500万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 164.1 x 76.9 x 8.8 mm/203 g
参考価格 55,000円

Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro

こちらはXiaomi 11Tの上位モデル「Xiaomi 11T Pro」です。
チップセットにSnapdragon 888 5Gが搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは60万前後を記録しています。
こちらはチップセットが強化された上位モデルです。予算に余裕があればこちらの方がおすすめです。
発売 Xiaomi/2021年11月
動作性能 Snapdragon 888 5G/8GBRAM
AnTuTu:60万
ストレージ 内部128or256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面10800万+800万+500万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 164.1 x 76.9 x 8.8 mm/204 g
参考価格 70,000円

ASUS ZenFone 8

ZenFone 8

こちらはASUSの2021年モデル「ZenFone 8」です。
チップセットにSnapdragon 888が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは80万前後を記録しています。こちらはZenFoneシリーズ初のおサイフケータイ対応モデルです。おサイフケータイ対応のハイスペックモデルを探している方におすすめ。
発売 ASUS/2021年8月
動作性能 Snapdragon 888/8or16GBRAM
AnTuTu:80万
ストレージ 内部128or256GB/外部非対応
ディスプレイ 5.9インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面6400万+1200万画素
前面1200万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 148 × 68.5 × 8.9 mm/169 g
カラー オブシディアンブラック
ホライゾンシルバー
ムーンライトホワイト
参考価格 79,800円
92,800円
108,800円

CoDモバイルにおすすめのミドルレンジスマホ

CoDモバイル用にサブ機を探している方、スマホを買い替えたいけどお金をかけたくない方にオススメなのがミドルレンジのスマホです。ようするに「中くらい」のランクのスマホです。

OPPO Reno7 A


こちらはOPPOのコスパ良端末「Reno7 A」です。
Snapdragon 695 5G搭載でAnTuTuベンチマークスコアは38万前後を記録しております。
おサイフケータイ・防水防じん対応のミドルレンジモデルです。性能がそれなりに高いので低画質であれば快適にプレイできるしょう。
発売 OPPO/2022年6月
動作性能 Snapdragon 695 5G/6GBRAM
AnTuTu:38万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.4インチ 有機EL/2400×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+200万画素
バッテリー 4500mAh
サイズ 159.7 × 73.4 × 7.6 mm/175 g
カラー スターリーブラック
ドリームブルー
価格 44,800円
OPPO Reno7 Aの開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:19,800円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    OPPO Reno7 A(39,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、20,000円割引が適用されます。
    さらに「初期費用1,650円割引」「プラン料金6か月間440円割引」「通話定額オプション7か月間410円割引」も適用されます!
    2022年10月3日までの期間限定なのでお早めに。
  • blankY!mobile
    乗り換え価格:21,600円(投売り特価!!)

    オンラインストア厳選 大特価スマホ
    OPPO Reno7 A(43,200円)をキャンペーン期間中に「他社からの乗り換えでシンプルM/Lプラン」にて契約すると21,600円割引が適用されます。
    またオンラインストアでは送料・事務手数料が無料となっております!
    売り切れ次第終了なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    端末価格:24,200円(投売り特価!!)

    人気のスマホSALE開催中!!
    OPPO Reno7 A(41,500円)をセール期間中に購入すると17,300円割引が適用されます。
    2022年10月12日までの期間限定なのでお早めに。
  • nuro mobileblank
    実質価格:27,680円(キャッシュバック特典!!)

    OPPO Reno7 A(42,680円)を「他社からのお乗り換えでNEOプラン(20GB)」にて契約した場合、15,000円のキャッシュバックが貰えます!

moto g52j 5G

moto g52j 5G

こちらはモトローラのおサイフケータイ対応モデル「moto g52j 5G」です。
こちらもSnapdragon 695 5G搭載でAnTuTuベンチマークスコアは38万前後を記録しております。
OPPO Reno7 Aと違って液晶が採用されておりますが、その分価格が少し安くなっております。こちらも低画質であれば快適にプレイできるレベルの端末です。
発売 モトローラ/2022年6月
動作性能 Snapdragon 695 5G/6GBRAM
AnTuTu:38万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.8インチ/2460×1080 FHD+
カメラ 背面5000万+800万+200万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 171 × 76.8 × 9.1 mm/206 g
カラー インクブラック
パールホワイト
価格 39,800円
moto g52j 5Gの開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:14,800円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    moto g52j 5G(29,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、15,000円割引が適用されます。
    さらに「初期費用1,650円割引」「プラン料金6か月間440円割引」「通話定額オプション7か月間410円割引」も適用されます!
    2022年10月3日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    端末価格:17,800円(投売り特価!!)

    人気のスマホSALE開催中!!
    moto g52j 5G(36,500円)をセール期間中に購入すると18,700円割引が適用されます。
    2022年10月12日までの期間限定なのでお早めに。

まとめ

今回はコールオブデューティーモバイルが快適にプレイ出来るスマホを紹介してみました。主にSIMフリーで使えるAndroidスマホを取り上げましたが、キャリアスマホでも原理は同じです。

もしこれからもたくさんのゲームをプレイするのであればXperiaやGalaxyのフラグシップモデルを選ぶべきですし、そうでなければ中くらいのランクのスマホを選べば良いと思います。

iPhoneシリーズに関してはiPhone 8以降での動作が快適なので、お金に余裕があればサブ機として中古を買うのもありだと思います。その場合はイオシスやムスビーと言った白ロムの専門店にて多数取り扱われていますので、ぜひ一度のぞいてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。