超オトクな乗り換えセールがまさかの延長戦!!

【Redmi Note 11 レビュー】2022年ベストバイの格安モデルを開封!ライトユーザーの最有力候補!

Xiaomiの大人気「Redmiシリーズ」から、待望の最新モデルが国内登場しました!

前作のRedmi Note 9Sはコスパの良さから大人気の端末となっておりましたが、今回登場した後続モデル「Redmi Note 11」もそのコスパの良さは健在です。

というわけで今回はコスパ最強モデル「Redmi Note 11」を開封レビューしていきます!

ライトユーザー向けの最有力候補!

ライトユーザー向けの最有力候補!

先にお伝えしておくと、今回のRedmi Note 11はライトユーザーに超おすすめです。

というのもRedmi Note 11は2万円台という安さにもかかわらず、それなりに性能・機能が優れているからです。

下記のような方にとって、Redmi Note 11は最有力候補と言っても過言ではありません。

  • スマホをあまり使わない人
  • 価格の安いスマホを探している人
  • コスパの優れたスマホが欲しい人

おまけにRedmi Note 11はOCNモバイルONEにて取り扱われているため、キャンペーン利用でさらに安く入手できます。

ついでに格安SIMの乗り換えも検討しているという方がいれば、ぜひ「Redmi Note 11+OCNモバイルONE」の組み合わせを利用してみてください。転売クラスの超安値で買えちゃいますから。

blank 【人気機種多数!】Xiaomi 11T Proやedgeシリーズが鬼安い!!OCNの投売りセール再び開催!!

<スポンサーリンク>

Redmi Note 11のスペックや発売日

Redmi Note 11のスペックや発売日

発売 Xiaomi/2022年3月
動作性能 Snapdragon 680/4GBRAM
AnTuTu:25万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.43インチ/2400×1080 FHD+/90Hz
カメラ 背面5000万+800万+200万+200万画素
前面1300万画素
バッテリー 5000mAh
33W充電
サイズ 159.87 x 73.87 x 8.09 mm/179 g
対応バンド 4G:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66
その他 DSDV
トリプルスロット
IP53防水防じん
カラー スターブルー
トワイライトブルー
グラファイトグレー
参考価格 24,800円
Redmi Note 11はリフレッシュレート90Hz対応の有機ELディスプレイが搭載されております。
これは2021年辺りからのトレンド仕様ですが、2万円台で対応しているのはグッドですね!

blankイッテツ

Redmi Note 11の価格や購入方法

Redmi Note 11は24,800円のライトモデルです。

しかもさまざまな格安SIMサービスにて取り扱われているため、そちら経由で入手すればより安く買えちゃいます。

おすすめは先ほど少し触れた「OCNモバイルONE」のセールです。

OCNモバイルONEのセールは、スマホ・ガジェット好き界隈でも有名なセールとなっております。理由はとにかくスマホを安く入手できるからです。

blank 【人気機種多数!】Xiaomi 11T Proやedgeシリーズが鬼安い!!OCNの投売りセール再び開催!!

OCNセールでは、今回のRedmi Note 11をはじめ人気端末を多数取り扱っているので、スマホの買い替えを検討している方は、ぜひ一度チェックしてみてください(*´▽`*)

<スポンサーリンク>

【開封】Redmi Note 11の外観レビュー

Redmi Note 11の外観レビュー

というわけで早速届いた「Redmi Note 11」を開封レビューしていきます。

Redmi Note 11の本体細部

Redmi Note 11の本体細部

カラーは「グラファイトグレー」を選びました。
Redmi Note 11は「グラファイトグレー」と「スターブルー」と「トワイライトブルー」の3色展開となっております。

Redmi Note 11の本体細部2

デザインはかなりイイ感じ。こちら背面カメラユニット周り。

Redmi Note 11の本体細部3

背面の下部にはRedmiロゴ。Redmiにしてはかなり控えめなサイズですね。

Redmi Note 11の本体細部4

右側面には「ボリュームボタン」「電源ボタン(指紋認証センサー兼)」が配置されております。

Redmi Note 11の本体細部5

左側面には「SIMトレイ」が配置されております。

Redmi Note 11の本体細部6

上面には「イヤホンジャック」「スピーカー」「センサー類」が配置されております。

Redmi Note 11の本体細部7

底面には「USBポート」「スピーカー」が配置されております。
Redmi Note 11は上面と底面にスピーカーが搭載されているので、ステレオ対応となっております。

Redmi Note 11の付属品一覧

Redmi Note 11の書類

Redmi Note 11の付属品をざっくりと紹介していきます。
まずこちらは「取扱説明書」「クイックスタートガイド」です。

Redmi Note 11の充電器

こちらは33W対応の「ACアダプター」です。かなりの高速充電が可能です。

Redmi Note 11のUSBケーブル

続いてこちらは「USBケーブル(A to C)」です。

Redmi Note 11のケーブル2

ケーブル端子の中は赤くなっています。

Redmi Note 11のSIMピン

また「SIMピン」も同梱されていました。

Redmi Note 11の純正ケース

最後にこちらは純正ケース。素材はおそらくTPUです。

純正ソフトケース&光沢フィルム付き

Redmi Note 11の純正ソフトケース

せっかくなので純正のソフトケースを装着してみました。

Redmi Note 11の純正ソフトケース2

Xiaomiスマホでお馴染みのUSBポートフタ付きです。

Redmi Note 11の純正ソフトケース3

側面のボタン部分もしっかりと設計されています。

Redmi Note 11の初期液晶保護フィルム

また初期から液晶保護フィルムが貼られています。
ザラつきが無いのでおそらく光沢タイプのフィルムでしょう。光沢フィルムは透明度が高く、画面がきれいに映るので、動画視聴などが多いユーザーにおすすめです。

Redmi Note 11の性能チェック!

Redmi Note 11の性能チェック出典:Mi.com

Redmi Note 11の性能をチェックしていきます!

リフレッシュレート90Hzの有機ELディスプレイ搭載

Redmi Note 11のディスプレイ性能

Redmi Note 11は6.43インチ有機ELディスプレイが搭載されております。
有機ELディスプレイは液晶ディスプレイと発色の仕組みが異なり、薄さや視野角の広さなどのメリットがあります。

Redmi Note 11のディスプレイ性能2

液晶のPOCO X3 Pro(左)と比較してみると明るさの違いが分かります。最大にすると有機ELディスプレイを搭載したRedmi Note 11(右)の方が明るいですね。

blank 有機ELディスプレイとは?【メリット・デメリット・液晶との違い】
Redmi Note 11のディスプレイ性能2

またRedmi Note 11はリフレッシュレート90Hzに対応しております。
リフレッシュレートは「1秒間でモニターに表示される画像の枚数」のことで、例えば60Hzなら1秒間に60枚の画像、90Hzなら1秒間に90枚の画像が表示されます。枚数が多いほど動画・スクロールが滑らかに映ります。ページのスクロールやゲームアプリを利用する際に重宝する機能です。

blank スマホのリフレッシュレートを確認する方法

広角・マクロ・深度のクアッドカメラ搭載

Redmi Note 11のカメラ性能

Redmi Note 11は「5000万+800万+200万+200万画素」のクアッドカメラ仕様が採用されております。
それぞれのレンズ役割は下記の通り。

  1. 5000万画素(F1.8/メイン)
  2. 800万画素(F2.2/広角)
  3. 200万画素(F2.4/マクロ)
  4. 200万画素(F2.4/深度)

広角撮影、ポートレート撮影、マクロ撮影などの便利機能に対応しております。

Redmi Note 11のカメラは平均レベルです。さすがにiPhoneと比べると劣りますが、日常生活で使う分には問題なさそう。

blankblank
blankblank
Redmi Note 11は2万円台スマホなのでカメラ性能はぼちぼち。さすがにiPhone 11(右)の方がキレイに仕上がっていますね。

blankイッテツ

通常撮影
広角撮影
広角撮影で画角の広い撮影が可能!

blankイッテツ

通常撮影
マクロ撮影
流行りのマクロ撮影にも対応。通常なら焦点が合わないような近距離でも撮影できます!

blankイッテツ

Redmi Note 11のカメラユニット

ちなみにカメラユニットはそこそこ薄めです。

AnTuTuベンチマークスコアは25万

Redmi Note 11のAnTuTuベンチマークスコア

Redmi Note 11のAnTuTuベンチマークスコアは「249831」です。スコアは低~中辺りとなりますが、価格を考えるとかなり優秀なスコアです。

Redmi Note 11 25万 24,800円
moto g31 20万 25,800円
AQUOS wish 28万 31,400円
OPPO A55s 5G 28万 33,800円

Redmi Note 11は価格が安いわりに25万スコアを記録しています。コスパはかなり優秀な部類です(*´▽`*)

重量は178グラムで軽量化に成功

Redmi Note 11の重量実測値は「178.7グラム」です。前作のRedmi Note 9Sは200グラムを超えていましたので、大幅に軽量化しております。

ちなみに純正ケース込みの重量は「198.3グラム」でした!

<スポンサーリンク>

Redmi Note 11の良いところ

Redmi Note 11の良いところ

使って感じたRedmi Note 11の良いところ・メリットを紹介します。

1.優秀すぎるディスプレイ仕様

優秀すぎるディスプレイ仕様

「ディスプレイ性能」でも紹介しましたが、Redmi Note 11は「リフレッシュレート90Hz」「有機ELディスプレイ」という格安モデルらしくない優秀な仕様となっております。

どちらも最近のトレンドなのですが、この価格で搭載されているモデルはほとんどありません。

2.MIUI13(Android 11ベース)搭載

MIUI13(Android 11ベース)搭載

Redmi Note 11のプリインストールOSバージョンは「MIUI13(Android 11ベース)」です。

これによって、フローティングウィンドウなどの最新機能を利用できます。

3.トリプルスロット搭載

トリプルスロット搭載

Redmi Note 11は「トリプルスロット」を搭載しております。

これによって、SIM2枚とSDカードを同時に利用することができます。最近はサブ回線に格安SIMを契約する人もいるので、トリプルスロットは何気に重宝する機能です。

blank 【2022年最新】トリプルスロットのDSDV対応おすすめスマホまとめ

4.ステレオスピーカー搭載

ステレオスピーカー搭載

Redmi Note 11はステレオスピーカー搭載です。上面と底面にスピーカーが配置されており、それぞれのスピーカーから音がでます。

個人的にモノラルスピーカーは違和感があるので、ステレオスピーカーの方が好みです。

5.コスパが抜群に良い

そして繰り返しになりますが、Redmi Note 11は「とにかくコスパが優秀」です。

エントリークラスの中では圧倒的にコスパが良いですし、ディスプレイ仕様やカメラ仕様も優れています。Redmi Note 11を選ぶ一番のメリットはやはり「コスパの良さ」だと思います。

Redmi Note 11の悪いところ

Redmi Note 11の悪いところ

逆にRedmi Note 11の悪いところやデメリットについても紹介しておきます。

5G非対応

5G非対応

まずRedmi Note 11は5G通信非対応です。

5G通信は続々と対応機種が増えておりますが、今回のRedmi Note 11では残念ながら4G対応となっております。

5Gのエリアはまだまだ狭いので実用性は低いですが、今後のことを考えると対応していた方が嬉しかったかも。

RAMが4GB

RAMが4GB

Redmi Note 11はRAMが4GBしか搭載されておりません。

少し前は4GBがベストだと言われておりましたが、最近は6GBのモデルが主流になりつつあります。

ちなみにRedmi Note 11は「RAM増設」を使うことで、少しストレージを削ってRAMを1GB増設することができます!

RAM増設

内部ストレージが64GB

内部ストレージが64GB

Redmi Note 11の内部ストレージは「64GB」のみです。

ひと昔前なら64GBでも大容量と言われておりましたが、最近はエントリークラスですら64GB搭載されるようになりました。

できれば1ランク上の「128GB」搭載されていれば嬉しかったのですが、、残念なポイントです。

なんだかんだ力不足

なんだかんだ力不足

Redmi Note 11のAnTuTuベンチマークスコアは25万前後です。

これはエントリークラス・24,800円としては間違いなく優秀な部類ですが、それでもやはり力不足感は否めません。

せっかくリフレッシュレート90Hzに対応しているので、ゲームなどで活かしたいところですが、残念ながらそもそもパワー不足なのです。

ネットサーフィンや動画視聴ぐらいなら問題ありませんが、本格的にゲームをプレイする方には向いていません。

Redmi Note 11のおすすめ設定

blank Redmi Note 11を購入したらやっておきたい11個の設定

こちらの記事ではRedmi Note 11を買ったらやっておきたいおすすめ設定を11個を紹介しています。Redmi Note 11を購入した方は、ぜひチェックしてみてください!

Redmi Note 11は楽天モバイルとUQモバイルで使える?

blank Redmi Note 11が楽天モバイルとUQモバイルで使えるか検証してみた【APN】

こちらの記事で検証しましたが、Redmi Note 11は楽天モバイルとUQモバイルで使えます!

まとめ

まとめ

というわけで今回はRedmi Note 11を開封レビューしてみました。

なんと言っても驚異のコストパフォーマンスが特徴のライトモデルです。

24,800円で買えるスマホとしては、間違いなくトップクラスの良さですね。とくにディスプレイ仕様には驚きです。

おまけにRedmi Note 11はスマホを安く買える「OCNモバイルONE」にも取り扱われております。

OCNモバイルONEではそもそも販売額が安い(通常16,634円)上に、セール時にはもっと安く入手できちゃいます。

blank 【人気機種多数!】Xiaomi 11T Proやedgeシリーズが鬼安い!!OCNの投売りセール再び開催!!

気になる方は一度セール記事をチェックしてみてください。

とりあえずスマホをあまり使わない人は、今回のRedmi Note 11を選んでおけば間違いなし!

blankイッテツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。