nova lite 3が3,480円、Mate 20 Proが52,800円!OCNの投げ売りセール開催中【8月5日まで】

TORQUE G04は前作G03からドコが進化したのかスペックの違いを比較!

auの京セラ製スマホ「TORQUE G04」は前作にあたる「TORQUE G03」からどのような部分が進化したのか、スペックの違いを比較してみました!

スペック比較表

名称 TORQUE G03 TORQUE G04
画像
メーカー 京セラ
発売時期 2017年6月 2019年8月
OS Android 7.1 Android 9.0
CPU Snapdragon 625
オクタコア
2.0GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
RAM 3GB 4GB
ROM 32GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大512GB
画面サイズ 4.6 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1920×1080
FHD
背面カメラ 1300万画素
200万画素
2400万画素
800万画素
前面カメラ 500万画素 800万画素
バッテリー 2940mAh 2940mAh
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
機種サイズ (縦幅) 145 mm 150 mm
機種サイズ (横幅) 71 mm 73 mm
機種サイズ (厚み) 13.6 mm 13.4 mm
機種重量 198 g 203 g
カラー ブラック
ブルー
レッド
グリーン
ブラック
ブルー
レッド

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

TORQUE G03 TORQUE G04
Android 7.1 Android 9.0

まずプリインストールされているOSのバージョンが新しくなっております。あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。Android 9.0ではホームボタンメニューの刷新や、ノッチデザインのレイアウト対応などを筆頭にさまざまな新機能や改善が行われています。

CPUの違い

TORQUE G03 TORQUE G04
Snapdragon 625
オクタコア
2.0GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz

CPUはスマホの動作面に最も影響を与えるパーツです。

TORQUE G03ではクアルコム社のスナドラ625が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアでは7万5000前後を記録しています。

一方今作のTORQUE G04ではアップグレードされた後続モデルのスナドラ660が搭載されています。AnTuTuベンチマークスコアは13万~14万程度を記録しているので、前作から大幅に動作性能が向上しています。

RAMの違い

TORQUE G03 TORQUE G04
3GB 4GB

RAMもまた動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、TORQUE G04は前作から1GB増設されているので、より快適な動作に期待出来ます。

ストレージの違い

TORQUE G03 TORQUE G04
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ
最大256GB
内部ストレージ:
64GB
外部ストレージ
最大512GB

内部ストレージの容量・外部ストレージの対応数ともに前作から容量アップしています。

ディスプレイの違い

TORQUE G03 TORQUE G04
4.6インチ,TFT,1280×720(HD) 5.0インチ,TFT,1920×1080(FHD)

前作では4.6インチのHDディスプレイが搭載されておりましたが、今作では5.0インチのFHDディスプレイが搭載されております。画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。

カメラの違い

TORQUE G03 TORQUE G04
1300万+200万画素 2400万+800万画素
500万画素 800万画素

どちらの端末も背面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されておりますが、メイン・サブ共に画素数が向上しています。また前面カメラもG04の方が高画素です。

機能面やデザインの違いを比較

イヤホンジャックの搭載

前作TORQUE G03ではイヤホンジャックが搭載されておりましたが、今作TORQUE G04では非搭載とのこです。

耐久性能の違い

シリーズのコンセプトでもある「耐久力」も向上しています。

公式サイトによるとG03が、

米国国防総省が定める耐久試験MIL-STD-810Gの19項目と京セラ独自の耐海水試験・耐荷重試験の2項目を加えた21項目に準拠。さらに高さ1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下試験もクリアした高い堅牢性。

G04が、

米国国防総省が定める調達基準MIL-STD-810Gに、京セラ独自の耐衝撃、耐荷重、耐海水の試験を加えた、TORQUEシリーズ最強の堅牢性・耐久性を実現。熱や気圧に影響されやすい仕事場や、土ぼこりや水はね、雪けむりが舞うフィールドなどで安心して使うことができます。

とのことで、クリアした試験項目が増えています。実際には、
米国国防総省「MIL規格」が19項目⇒22項目
京セラ独自の試験が2項目⇒5項目

端末サイズや重量の違い

TORQUE G03 TORQUE G04
145 × 71 × 13.6 mm
198 g
150 × 73 × 13.4 mm
203 g

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体は前作G03の方がコンパクトです。

カラーバリエーションの違い

TORQUE G03 TORQUE G04
ブラック ブラック
ブルー ブルー
レッド レッド
グリーン  

まとめると

まずTORQUEシリーズのコンセプトでもある「耐久力」が向上しています。MIL規格の試験クリアが22項目、そして京セラの試験クリアが5項目とのことですが、具体的には以下の通りです。

TORQUE G03
MIL規格19項目に準拠及び京セラ独自の耐海水・耐荷重試験2項目に加え高さ1.8mから26方向での鉄板・コンクリートへの落下試験をクリア
TORQUE G04
MIL規格22項目に準拠及び京セラ独自試験(高さ約2.0mから鉄板・コンクリートに製品を26方向で落下させる試験、高さ約1.0mから連続落下させる試験、約100gの鋼球をディスプレイ面(中央)に落下させる試験、耐荷重・耐海水・温水シャワー試験)をクリア

そして耐久性能だけでなく、ほかのスペックも強化されています。まず動作性能ではスナドラ625⇒スナドラ660へのアップグレード、RAMが3GB⇒4GBへ増設されているので、より快適な動作に期待出来ます。

さらに内部ストレージの増量、外部ストレージの対応数アップ、高解像度、カメラ画素数など細かいところもすべて進化しています。

さすがに前作から2年も経っているので、ほとんどのスペックが強化されています。TORQUE G03から乗り換えを検討している方は、ちょうどよいタイミングなのではないかと思います。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。