スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

cpu6
Pocket

スマホのスペック表で「CPU」と言うワードをよく見かけますよね。
スマホのスペックを比較する際に「動作面」を考えるとこのCPUの性能差はスマホのコア部分と言っても過言ではありません。
実際にこのCPUに何を搭載するかによって価格が大きく変化するからです。

今回は詳しい説明は省いて「スマホのCPUとは何なのか」をざっくりと分かるように初心者向けに記事を作成してみます。
もっと詳しくスマホ本体ごとのCPUの性能差が知りたい場合は、Antutuのベンチマークスコアを見れば詳しくどの端末のどのCPUが優れているのかが分かるので、「スマホ ベンチマーク」等で検索してみて下さい。機会があれば当サイトでも比較表を作ろうと思っています。
あくまで当ページでは初心者に向けてざっくりと理解できるような内容となっています。

CPUとは?

CPUとは「セントラルプロセッシングユニット」の略で、
「プロセッサー」等とも呼ばれています。
スマホのCPUは、「動作面」全てにおいての「頭脳」と言えます。
たとえばアプリの動作、ウェブサーフィン、動画の視聴、テキストファイルの編集等、スマホで行える動作全てにおいてCPUの良し悪しは影響を及ぼします。
分かりにくいかもしれませんがいわゆる「データ処理」をメインの仕事としているパーツです。
基本的にはCPUが優秀であればあるほど、
データ処理が高速に行えるので「動作が快適」と言えます。

またこの「優秀」は何をもって判断するかと言うと、
「クロック周波数」「コア数」が大きく関係します。

CPUの表記について

最近の端末ではオクタコアと呼ばれる8コアCPUが多くて少し表記が分かりにくいですね。
まずは右側の「オクタコア」と表記されている部分を説明します。
現在のスマホのCPUは1コア、2コア、4コア、6コア、8コアと分かれています。

シングルコア(1コア)
デュアルコア(2コア)
クアッドコア(4コア)
ヘキサコア(6コア)
オクタコア(8コア)

呼称はこのように分かれているだけなので一度覚えてしまえばカンタンです。
つまり上記の画像では「オクタコア」のCPUなので「8コア」と言うことになります。

そして左側のクロック周波数はそのまま数値が高ければ高い程処理速度が速くなります。
画像では2.0GHzと1.5GHzと2つの数値が記載されていますが、これはオクタコア(8コア)がクアッドコア(4コア)を2つ組み合わせてあるからです。
つまり画像のCPUはクロック周波数が2.0GHzのクアッドコア(4コア)と1.5GHzのクアッドコア(4コア)を組み合わせたオクタコア(8コア)と言うことになります。

2.0GHzと2.0GHzのオクタコアにすればいいのに!って思うかもしれませんがこれにはしっかりと理由があります。
あまり高性能なCPUを稼働した場合にバッテリー持ちに大きな支障が出るからです。
高速のコアと低速のコアを上手く組み合わせることによってその問題を解決しているとのことです。(※諸説あるみたいですが)

数値だけが全てでは無いのも事実

今までの説明だけが全てCPUの性能差であればとても分かりやすくて良いのですがそうもいきません。実際にこの「CPU」は製造メーカーが異なっており、それぞれのメーカーのCPUでデータ処理速度や能力が異なっているんです。
例えばiPhoneを販売しているAppleは独自開発のAシリーズを搭載しています。このAシリーズは性能が優れており少ないコア数でも他のメーカーのCPUと変わらない働きをしていることで有名です。
パッと見の性能ではあまりに数値の低いiPhoneが未だに人気なのはブランド力とデザインだけではないというわけです。

と言う訳で冒頭でも記載したように詳しいCPU性能の差を知りたい場合は「ベンチマーク」を利用することをオススメします。それぞれの性能をスコアとして表示してくれるので手っ取り早くCPU性能を知ることが出来ます。


↑AppleのAチップ

↑Androidスマホでシェアの多いスナドラシリーズ

↑数は少ないがパソコンでお馴染みNVIDIAのTEGRA

↑サムスン独自開発のCPU

まとめると「スマホのCPU」は「スペック比較」の中で重要ポイント

少し分かりにくい部分が多かったかもしれませんがあくまで冒頭で記載したように「初心者向け」の記事です。
とりあえずはクロック周波数とコア数によるCPU性能の判断さえ出来れば良いかなと思います。なのでその部分だけはしっかりと記載したつもりです。分かりにくかったら申し訳御座いません^^;

これからスマホを買おうと思ってる方や買い換えようと思っている方で、「快適な動作」を重要視するのであれば今回のCPU性能については是非抑えておきたい情報です。
また「快適な動作」を重要視せずに「ある程度動けばよい」と言う方にも逆にCPU性能をどこまで下げるかが、価格を抑える上で重要になるわけです。

一度把握してしまえば全く難しいことではないので次に購入するスマホでは是非CPUに注目してみて下さいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly