前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

スマホのスペック表に書いてある「CPU」というワードをご存じでしょうか?

スマホのスペックを比較する際に「動作面」を考えると、このCPUの性能こそ最も重要なのです。実際にCPUのランクによって端末の価格も大きく変わります。

今回は詳しい説明は省いて「スマホのCPUとは何なのか」を分かるように初心者向けにざっくりと紹介します。

スマホのCPUとは?

スマホのCPUとは?

「CPU」は「セントラルプロセッシングユニット」の略です。直訳で「中央処理装置」で、「プロセッサ」などとも呼ばれています。

そんなスマホのCPUは、スマホの動作を司る脳みそ的なパーツなのです。

たとえばアプリの動作、WEBサーフィン、動画の視聴、テキストファイルの編集等、スマホで行える動作の「データ処理」をメインの仕事としています。

CPUの性能が高いほど色んなデータ処理の速度が上がり、いわゆる「サクサク動作」を味わうことが出来ます。

<スポンサーリンク>

スマホのCPU性能の表記について

スマホのCPU性能の表記について

最近の端末ではオクタコアと呼ばれる8コアCPUが多くて少し表記が分かりにくいですね。まずは右側の「オクタコア」と表記されている部分を説明します。現在のスマホのCPUは1コア、2コア、4コア、6コア、8コアと分かれています。

  • シングルコア(1コア)
  • デュアルコア(2コア)
  • クアッドコア(4コア)
  • ヘキサコア(6コア)
  • オクタコア(8コア)

ただし最近のスマホはほとんどが「オクタコア(8コア)」なので、他の名称はめったに聞かなくなりました。

数値だけが全てでは無い

数値だけが全てでは無い

今までの説明だけが全てCPUの性能差であればとても分かりやすくて良いのですがそうもいきません。実際にこの「CPU」は製造メーカーが異なっており、それぞれのメーカーのCPUでデータ処理速度や能力が異なっているのです。

例えばiPhoneを販売しているAppleは独自開発のAシリーズを搭載しています。このAシリーズは性能が優れており少ないコア数でも他のメーカーのCPUと変わらない働きをしていることで有名です。

パッと見の性能ではあまりに数値の低いiPhoneが未だに人気なのはブランド力とデザインだけではないというわけです。

というわけで、はっきりとCPU性能の差を知りたい場合は「ベンチマーク」を利用することをおすすめします。

それぞれの性能をスコアとして表示してくれるので手っ取り早くCPU性能を知ることが出来ます。

blank
↑AppleのAチップ
blank
↑Androidスマホでシェアの多いスナドラシリーズ
blank
↑数は少ないがパソコンでお馴染みNVIDIAのTEGRA
blank
↑サムスン独自開発のCPU

<スポンサーリンク>

どのモデルが高性能か知る方法

blank スマホの動作性能を示すCPU・ベンチマークの目安

より比較しにくくなってしまったCPUの性能差ですが、ベンチマークスコアと呼ばれるツールを使う事によって、ある程度のランク差を知ることが出来ます。その辺りの情報は別記事にてまとめてあるので、そちらも合わせて参考にしてみて下さい!

まとめ

まとめ

というわけで初心者向けに「CPU」について解説してみました。

スペック表のクロック数やコア数だけでは分からないと思うので、ベンチマークスコアで比較してみてください(*´▽`*)

1 COMMENT

blank べっき

先日スマホを購入し、その後スマホゲーム【シティダンク】を知りはまっています。しかし、動作が重たく困っています。
購入したスマホは、ドコモのL-01Lです。
このスマホで、スムーズになる方法はありますでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。