人気スマホが1円!!前回在庫切れ続出のスマホ投売りセール再び

スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

スマホのスペック表で「CPU」と言うワードをよく見かけますよね。

スマホのスペックを比較する際に「動作面」を考えると、このCPUの性能こそが最も重要なのです。実際にCPUのランクによって端末の価格も大きく変わります。

今回は詳しい説明は省いて「スマホのCPUとは何なのか」を分かるように初心者向けにざっくりと紹介します。

スマホのCPUとは?

スマホでよく聞く「CPU」とは、セントラルプロセッシングユニットの略で、「プロセッサ」等とも呼ばれています。

そんなスマホのCPUは、スマホの動作を司る脳みそ的なパーツなのです。

たとえばアプリの動作、WEBサーフィン、動画の視聴、テキストファイルの編集等、スマホで行える動作の「データ処理」をメインの仕事としています。CPUの性能が高いほど色んなデータ処理の速度が上がり、いわゆる「サクサク動作」を味わうことが出来ます。

スマホのCPU性能の表記について

スマホのCPU性能の表記について

最近の端末ではオクタコアと呼ばれる8コアCPUが多くて少し表記が分かりにくいですね。まずは右側の「オクタコア」と表記されている部分を説明します。現在のスマホのCPUは1コア、2コア、4コア、6コア、8コアと分かれています。

  • シングルコア(1コア)
  • デュアルコア(2コア)
  • クアッドコア(4コア)
  • ヘキサコア(6コア)
  • オクタコア(8コア)

呼称はこのように分かれているだけなので一度覚えてしまえばカンタンです。つまり上記の画像では「オクタコア」のCPUなので「8コア」と言うことになります。

そして左側のクロック周波数はそのまま数値が高ければ高い程処理速度が速くなります。画像では2.0GHzと1.5GHzと2つの数値が記載されていますが、これはオクタコア(8コア)がクアッドコア(4コア)を2つ組み合わせてあるからです。つまり画像のCPUはクロック周波数が2.0GHzのクアッドコア(4コア)と1.5GHzのクアッドコア(4コア)を組み合わせたオクタコア(8コア)と言うことになります。

2.0GHzと2.0GHzのオクタコアにすればいいのに!って思うかもしれませんがこれにはしっかりと理由があります。あまり高性能なCPUを稼働した場合にバッテリー持ちに大きな支障が出るからです。高速のコアと低速のコアを上手く組み合わせることによってその問題を解決しているとのことです。(※諸説あるみたいですが)

<スポンサーリンク>

数値だけが全てでは無い

今までの説明だけが全てCPUの性能差であればとても分かりやすくて良いのですがそうもいきません。実際にこの「CPU」は製造メーカーが異なっており、それぞれのメーカーのCPUでデータ処理速度や能力が異なっているのです。

例えばiPhoneを販売しているAppleは独自開発のAシリーズを搭載しています。このAシリーズは性能が優れており少ないコア数でも他のメーカーのCPUと変わらない働きをしていることで有名です。パッと見の性能ではあまりに数値の低いiPhoneが未だに人気なのはブランド力とデザインだけではないというわけです。

と言う訳で冒頭でも記載したように詳しいCPU性能の差を知りたい場合は「ベンチマーク」を利用することをオススメします。それぞれの性能をスコアとして表示してくれるので手っ取り早くCPU性能を知ることが出来ます。

blank
↑AppleのAチップ
blank
↑Androidスマホでシェアの多いスナドラシリーズ
blank
↑数は少ないがパソコンでお馴染みNVIDIAのTEGRA
blank
↑サムスン独自開発のCPU

どのモデルが高性能か知る方法

最近では数値が低くても性能が高いCPUも存在しています。単純に高い数値で、コア数が多いからと言って高性能と言うわけではなくなってきています。

より比較しにくくなってしまったCPUの性能差ですが、ベンチマークスコアと呼ばれるツールを使う事によって、ある程度のランク差を知ることが出来ます。その辺りの情報は別記事にてまとめてあるので、そちらも合わせて参考にしてみて下さい!
参考:スマホの動作性能を示すCPU・ベンチマークの目安

まとめ

少し分かりにくい部分が多かったかもしれませんがあくまで冒頭で記載したように「初心者向け」の記事です。

とりあえずはクロック周波数とコア数によるCPU性能の判断さえ出来れば良いかなと思います。なのでその部分だけはしっかりと記載したつもりです。分かりにくかったら申し訳御座いません(;^ω^)

これからスマホを買おうと思ってる方や買い換えようと思っている方で、「快適な動作」を重要視するのであれば今回のCPU性能については是非抑えておきたい情報です。

また「快適な動作」を重要視せずに「ある程度動けばよい」と言う方にも逆にCPU性能をどこまで下げるかが、価格を抑える上で重要になるわけです。

一度把握してしまえば全く難しいことではないので次に購入するスマホでは是非CPUに注目してみて下さいね!

期間限定スマホが1円!?在庫切れ続出のスマホ投売りセール再び開催!

1 COMMENT

blank べっき

先日スマホを購入し、その後スマホゲーム【シティダンク】を知りはまっています。しかし、動作が重たく困っています。
購入したスマホは、ドコモのL-01Lです。
このスマホで、スムーズになる方法はありますでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。