スマホ投売り最強セール再び!

Bluetoothを使わないときは切った方がいいの?【バッテリー消費を測定】

こんにちは、イッテツです。

普段Bluetoothワイヤレスイヤホンを使っているので、スマホのBluetoothを常にオンにしています。ふと思ったのが「デバイスに接続していない時も、Bluetoothってオンのままでいいの?」という疑問です。

Bluetoothを常時オンにしていると、何かの作用でバッテリーが減ったり劣化しそうですよね。

というわけで今回は実機を使って「Bluetoothオン」と「Bluetoothオフ」の状態でバッテリー消費の違いを比べてみました。Bluetoothを常にオンにしている人は、ぜひ参考にしてみてください(*´▽`*)

Bluetoothの常時オンはバッテリー消費がすこしだけ早い

Bluetoothの常時オンはバッテリー消費がすこしだけ早い

検証の結果を先に伝えておくと、常時Bluetoothオンだとバッテリーの減りが少しだけ早かったです。

実際にいくつかのメーカーのSIMフリースマホを使って測定してみましたが、どの端末もBluetooth常時オンの方がわずかにバッテリーの減りが早かったです。

Bluetoothオン・オフでバッテリー消費を測定

いくつかの端末でBluetoothのオンオフを切り替えて48時間スリープ状態で測定してみました。

Bluetoothオン Bluetoothオフ
blank blank

こちらはモトローラのmoto g8 powerの測定結果。Bluetoothオンの方が1パーセントだけバッテリーの減りが早かったです。

Bluetoothオン Bluetoothオフ
blank blank

こちらはUMIDIGIのUMIDIGI A7 Proの測定結果。こちらもBluetoothオンの方が1パーセントだけバッテリーの減りが早かったです。

Bluetoothオン Bluetoothオフ
blank blank

こちらはシャープのAQUOS R2 compactの測定結果。バッテリーの減りは同じでした。

いちいちBluetoothオフにするのは面倒くさい

いちいちBluetoothオフにするのは面倒くさい

一応Bluetoothオンの方が少しだけバッテリー消費が早いという結果にはなりましたが、3端末測定して1パーセント・1パーセント・0パーセントという誤差のレベル。これならわざわざオンオフを切り替える手間の方が大きいので、Bluetoothは常時オンでも問題ないでしょう。

<スポンサーリンク>

さいごに

  • Bluetooth常時オンにするとバッテリーの減りがわずかに早い
  • この誤差のためにオンオフ切り替えるのは手間
  • よってBluetoothは常時オンで問題なし

結論は上記の通り。誤差レベルのバッテリー消耗だったので、Bluetoothデバイスを使っている方は常時オンでも問題ありません。

筆者のイッテツもワイヤレスイヤホンをBluetooth常時オンで接続しておりますが、今後も常時オンで利用していこうと思います(*´▽`*)

期間限定スマホの投売り最強セールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。