人気スマホが1円!!前回在庫切れ続出のスマホ投売りセール再び

DSDS・DSDVとおサイフケータイ(Felica)に対応したSIMフリースマホ

DSDS・DSDVが使いたい…!でもおサイフケータイ(Felica)も使いたい…!

こんなお悩みを解決するためにDSDS・DSDVとおサイフケータイに対応したスマホをご紹介します。

本記事ではDSDSとDSDVの違いを解説し、おサイフケータイとDSDV対応が使えるおすすめスマホを紹介しています。どちらの機能も使いたいと言う方がいれば、ぜひ参考にしてみて下さい!

この記事はこんな方におすすめ

  • SIM2枚をスマホ1台で使いたい
  • おサイフケータイが使いたい
  • 両機能に対応したスマホを探している
先に言っておくと、おサイフケータイとDSDV機能に対応したスマホって、すごく数が少ないんですよ…。

blankイッテツ

DSDSとDSDVの違いとは?

DSDSとDSDVの違いとは?

DSDSとDSDVの頭二文字「DS」は、デュアルSIMの略です。つまりDSDSもDSDVもデュアルSIM対応なので、2枚のSIMを差し込むことが出来るのです。

それでは「DSDS」と「DSDV」の後半部分は何が違うのか?解説していきます。

  • DSDS⇒デュアルSIMデュアルスタンバイ
  • DSDV⇒デュアルSIMデュアルVoLTE

そして機能の違いは、

  • デュアルスタンバイ(DSDS)⇒4G+3Gの同時待ち受けに対応
  • デュアルVoLTE(DSDV)⇒4G+4Gの同時待ち受けに対応

昔は色々と問題があってDSDSとDSDVを使い分けないといけなかったのですが、最近はとりあえずDSDVを選んでおけば大丈夫です。最近の新機種はほとんどがDSDSではなくDSDV対応です。

DSDSを選ぶメリットは片側が3Gスロットであることです。例えばFOMA SIM(3G)をいまだに使っている人は、DSDSを選んでおいた方が無難です。とはいえそれもDSDV対応機で多数の使用報告があるので、対応したDSDV対応機を選んだ方がお得です。

blank FOMA SIM(docomo 3G)が使えるDSDV対応スマホのまとめ

blankコテツ

いまいちDSDSとDSDVの違いが分からないんだけど…
FOMA SIM使わないなら、深く考えずにDSDVを選んでおけば問題ないよ。

blankイッテツ

DSDSとおサイフケータイ対応スマホは存在しない

DSDSとおサイフケータイ対応モデルは存在しない

そもそもDSDSの上位機能としてDSDVが登場しているので、最近登場するスマホはDSDV対応モデルばかりです。

DSDS対応がお馴染みのモトローラ「moto gシリーズ」も、g7シリーズまではDSDS対応だったのですが、g8シリーズからDSDV対応へと変更されています。

そんなDSDS対応スマホは、残念ながらおサイフケータイ対応モデルがありません。唯一のmoto g7シリーズや、それ以前のZenFone 5QやHUAWEI honor 9など、全ておサイフケータイに対応していません。つまりSIM2枚運用でおサイフケータイを使うには、DSDV対応スマホを選ばないといけないです。

最近はわざわざDSDSを選ぶ必要もありませんし、素直にDSDV対応モデルを選びましょう!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

DSDVとおサイフケータイ対応スマホは5機種だけ

おサイフケータイ対応のDSDSスマホが存在しないので、SIM2枚運用でおサイフケータイを使うためには、おサイフケータイ対応のDSDVスマホから選ばないといけません。

しかしおサイフケータイ対応のDSDVもそこまで種類は多くありません。2020年6月時点で対応している端末は以下の5機種。

  • R15 Pro
  • Reno A
  • AQUOS sense 3
  • AQUOS sense 3 plus
  • AQUOS zero 2

OPPO R15 Pro

OPPO R15 Pro

こちらは初めてDSDV・おサイフケータイ対応したスマホ「R15 Pro」です。
現在販売されているOPPOスマホと比べるとコスパが劣りますので、今選ぶならこの後紹介する「Reno A」の方がオススメです。
発売 OPPO/2018年9月
動作性能 Snapdragon 660/6GBRAM
AnTuTu8:15万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.3インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面2000万+1600万画素
前面2000万画素
バッテリー 3430mAh
サイズ 156.5 × 75.2 × 8.0 mm/180 g
カラー レッド
パープル
価格 69,880円

OPPO Reno A

OPPO Reno A

こちらはOPPOのコスパ良端末「Reno A」です。
Snapdragon 710搭載、有機ELディスプレイを搭載していながらも3万円台で購入出来るコスパの良さです。AnTuTu8のベンチマークスコアは20万前後とハイスコアを記録。もちろんDSDV・おサイフケータイ・防水防塵にも対応しています。
発売 OPPO/2019年10月
動作性能 Snapdragon 710/6GBRAM
AnTuTu8:20万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 158.4 × 75.4 × 7.8 mm/169.5 g
カラー ブルー
ブラック
価格 35,273円(税込)
Reno Aの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:10,800円
(投売り特価!)
サマーバーゲン2020開催!
セール期間中にReno A(25,800円)を音声SIMセットで契約すると、15,000円割引が適用されます。
2020年7月15日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:18,973円
(大量ポイント付与!)
Rakuten UN-LIMIT 提供キャンペーン 開催!
キャンペーン期間中にReno A 128GB(35,273円)をデータ使い放題の「Rakuten UN-LIMIT」で契約した場合、「10000ポイント」「オンライン契約で3000ポイント」「事務手数料分3300ポイント」と大量の楽天ポイントが貰えます!
さらに今ならRakuten UN-LIMIT契約でプラン料金1年間無料(300万人限定)と言うとんでもない特典あり!

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:27,800円
(特典多数!)
夏祭!トリプルキャンペーン!
OPPO Reno A(27,800円)をauの音声SIMで契約した場合、3か月間700円割引が適用されます!また「初期費用が1円」「誰とでも10分通話定額オプションが4か月間0円」「乗り換えで4,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

AQUOS sense 3

AQUOS sense 3

こちらはシャープの2019年冬モデル「AQUOS sense 3」です。
前作にあたるAQUOS sense2から様々なスペックがアップグレードされており、チップセットにSnapdragon 630が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは11万前後を記録しています。5.5型のコンパクトモデルなので、小さめのスマホを探している方にオススメ!
発売 SHARP/2019年11月
動作性能 Snapdragon 630/4GBRAM
AnTuTu8:11万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.5インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 147 × 70 × 8.9 mm/167 g
カラー ライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
参考価格 30,000円前後

AQUOS sense 3 plus

AQUOS sense 3 Plus

こちらはそんなAQUOS sense3の上位モデル「AQUOS sense 3 Plus」です。
チップセットにSnapdragon 636が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは16万前後を記録しています。AQUOS sense3よりも性能が高い方が良いと言う方、サイズが大きくても問題ないと言う方にオススメ。
発売 SHARP/2019年12月
動作性能 Snapdragon 636/6GBRAM
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.0インチ/2220×1080 FHD+
カメラ 背面1220万+1310万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 160 × 75 × 8.7 mm/175 g
カラー ムーンブルー
ホワイト
ブラック
参考価格 4万円~5万円前後

AQUOS zero 2

AQUOS zero 2

こちらはシャープの2020年春モデル「AQUOS zero 2」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは40万~45万を記録しています。
SIMフリースマホに人気の「DSDV」に対応したハイスペックモデルで、大型スマホながらに141グラムと言う軽さが特徴です。もちろん防水防塵とおサイフケータイにも対応しています。
発売 SHARP/2020年3月
動作性能 Snapdragon 855/8GBRAM
AnTuTu8:40~45万
ストレージ 内部256GB/外部非対応
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1220万+2010万画素
前面800万画素
バッテリー 3130mAh
サイズ 158 × 74 × 8.8 mm/141 g
カラー コズミックブルー
ポイズンベリー
参考価格 104,700円

評判が良いのは「Reno A」と「AQUOS sense3」

ダントツで人気の高いモデルは「Reno A」です。
このスマホは2019年に何度もランキング首位に君臨していたSIMフリースマホで、おサイフケータイとDSDVの対応はもちろんですが、防水防塵にも対応しています。

Snapdragon 710が搭載されているので性能はそこそこ良いですし、35,000円で買えるのでコスパが優れています。また多くの格安SIMとセット販売されているので、何らか期間限定キャンペーンが絡めば、より安く入手できる場合もあります。


そしておすすめ2機種目は「AQUOS sense3」です。
こちらのスマホも売れ筋ランキングの上位によくランクインしており、大人気のライトモデル。

チップセットにSnapdragon 630が搭載されているので性能はむしろ低いですが、その分Reno Aよりも価格が安いので、Reno Aほどの性能は必要ないと言う方におすすめ。こちらもよく格安SIMとセット販売されているので、キャンペーンを絡めて購入したいところ。


blankコテツ

結局どっちを買えばいいんすか…?
価格差が5,000円ほどしかないので、個人的には「Reno A」の方がオススメ。ちなみにReno Aは最近キャリアでも採用され始めた中国「OPPO」の製品だよ!

blankイッテツ

ハイスペックは「AQUOS zero 2」のみ

Reno Aを購入して困る点は動作性能が微妙な点。AnTuTu v8のスコアが20万もあるので、普段使いであれば快適なレベルです。しかし3D系の重いゲームをプレイするのであれば、ワンランク上の端末を選ばないといけません。おサイフケータイとDSDVに対応したモデルの中では「AQUOS zero 2」しか選択肢がありません。

AQUOS zero 2はチップセットにSnapdragon 855が搭載されているので、重い3D系のゲームも快適にプレイすることができます。しかしこの端末は、価格が高い上に評判がそこまで良くないです。

参考 AQUOS zero2 レビュー・評価価格.com

価格.comのレビューを見てみると、バッテリーとカメラへの評価が激低です。

DSDVとおサイフケータイ対応モデルをお探しで、重いゲームをプレイすると言う方がいれば、他に選択肢が無いのでこちらを選びましょう。

<スポンサーリンク>

どれもQi充電には非対応

今回紹介した端末は、残念ながらQi充電に非対応です。
今回のような条件に加えてQi充電に対応したモデルをお探しの方が多いみたいですが、その内OPPO辺りが解決してくれることを願って待ちましょう(;´・ω・)

DSDS対応スマホのまとめ記事

blank 【2020年最新】DSDS(3G+4Gデュアルスタンバイ)のおすすめスマホは?

こちらの記事では、現在国内で販売されているDSDSスマホ(3G+4G)をまとめてあります。もしおサイフケータイ非対応のDSDS対応スマホをお探しの方がいれば、こちらも合わせて参考にしてみて下さい!

DSDV対応スマホのまとめ記事

blank DSDV対応のおすすめSIMフリースマホ10選【2020年7月最新】

こちらの記事では、現在国内で販売されているDSDVスマホ(4G+4G)をまとめてあります。こちらも合わせて参考にしてみて下さい!

トリプルスロット搭載スマホのまとめ記事

blank 【2020年最新】トリプルスロットのDSDS対応スマホまとめ

こちらの記事では、デュアルSIM+SDカードを同時に利用できる「トリプルスロット」を搭載したスマホをまとめてあります。もしSIM2枚運用で容量不足に悩まされている方がいれば、こちらも合わせて参考にしてみて下さい!

まとめ

今回の「DSDS・DSDVとおサイフケータイ(Felica)が使えるSIMフリースマホ」をまとめると、以下の通り。

  • DSDV対応スマホから選ばないといけない
  • おサイフケータイ対応は5機種だけ
  • おすすめはReno AかAQUOS sense3

とくにこだわりが無ければ「Reno A」を選んでおけばオッケーです!

期間限定スマホが1円!?在庫切れ続出のスマホ投売りセール再び開催!

4 COMMENTS

blank 匿名

11/27発売、simフリーのaquos sense3もDSDV対応のようですので、アップデートされてはいかがでしょうか?

返信する
blank イッテツ

>匿名さん
コメントありがとうございます。管理人のイッテツです。
ついにOPPO以外に対応端末が出ましたね。AQUOS sense3の発売までには記事内容を変更しようと思います。貴重な情報をありがとうございました!

返信する
blank ソニン

こんにちわ。
SIMフリー版のAQUOS SENSE3 SH-12Hがまもなく発売ですね。FOMA回線での使用可否が気になるところです。

JCBのスマホ決済または住友VISAの20%キャッシュバックが使えるので、使用可能であれば購入するつもりです。

返信する
blank イッテツ

>ソニンさん
コメントありがとうございます。管理人のイッテツです。
返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

DSDV対応・標準広角のデュアルカメラ・4000mAhバッテリー・5.5型コンパクトディスプレイ・防水防塵・おサイフケータイ・シャープブランドなど、
人によってはかなりストライクな端末ですよね。それこそおサイフケータイは今需要ありますしね。動作性能のコスパだけで言えばOPPOやHUAWEIに劣るかもしれませんが、機能面を考えるとAQUOS sense3もかなり優れています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。