nova lite3がまさかの「1円」好評OCN投げ売りセール再び!

DSDS・DSDVとおサイフケータイ(Felica)が使えるSIMフリースマホ

「おサイフケータイ」を搭載しているモデルで「DSDS」「DSDV」を使いたいと言う方が少なからずいるはず。今回は両機能に対応しているSIMフリースマホは存在するのかを調べてみました!

DSDSとおサイフケータイに対応したスマホ

DSDSは「デュアルSIMデュアルスタンバイ」のことで、3G+4Gの同時待ち受けを可能にする機能です。片側が3Gなのでキャリアの「3G音声通話プラン+格安SIMのデータプラン」の組み合わせで使う人が多いです。au系の3G回線が珍しい周波なのでau通話SIMとの相性は悪いです。

そんなDSDSに対応したスマホで且つおサイフケータイにも対応したモデルは残念ながら存在しません!(2019年7月時点)
DSDSが出始めた2016年にも一度調べたことがあったのですが、残念ながら2019年に突入してからも未だに登場していないようです。

DSDVとおサイフケータイに対応したスマホ

DSDVは「デュアルSIMデュアルVoLTE」のことで、4G+4Gの同時待ち受けを可能にする機能です。2枚のSIMどちらも4G対応なので、4G(VoLTE)通話を使えます。これによってau通話SIMが使えないと言うDSDSのデメリットを見事にカバー。しかし端末によっては3G通話の相性が悪いというデメリットがあります。実際にFOMA SIM(3G)を使った組み合わせではDSDV機ではなくDSDS機を選ぶ人が多いです。

そんなDSDVに対応スマホで且つおサイフケータイにも対応したモデルはたった2機種だけです!(2019年10月時点)

その2機種とはOPPOの「Reno A」「R15 Pro」です。OPPOは2018年2月に「R11s」と共に日本上陸した中国メーカーです。世界的には「カメラフォン」と言う名で高いシェア率を誇ります。

OPPOは「R15 Neo」や「AX 7」と言ったミドルクラス、「Find X」や「Reno 10x Zoom」など独特の機能を搭載したハイエンドモデル、UQモバイル専売モデルなど様々なニーズに合ったスマホを続々と国内投入し、2018年の間に一気に知名度が上がりましたね。
参考:【2019年最新】OPPOスマホ全機種比較【ラインナップ一覧】

そんなOPPOスマホ第三弾として登場した「R15 Pro」、そして2019年秋冬モデルとして登場した「Reno A」が、今回の本題でもある「おサイフケータイ」と「DSDV」に対応したスマホとして話題にあがっています。

おサイフケータイ対応のDSDV機を探しているなら、この2機種から選ぶ必要があります。

Reno AとR15 Proはどっちが良いの?

そんなReno AとR15 Proにはどのような違いがあるのか、どちらを選べば良いのか、比較していきましょう。

名称 Reno A R15 Pro
画像 Reno A 小さい画像 R15 Pro 小さい画像
CPU Snapdragon 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
RAM 6GB 6GB
ROM 64GB 128GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 6.4 インチ
有機EL
6.3 インチ
有機EL
画面解像度 2340×1080
FHD+
2280×1080
FHD+
背面カメラ 1600万画素
200万画素
2000万画素
1600万画素
前面カメラ 2500万画素 2000万画素
その他 3600mAh
USB Type-C
3430mAh
microUSB
参考価格 35,800円 69,880円

Reno Aの方が高コスパでオススメ

かつての準ハイスペックモデル「R15 Pro」ですが、残念ながら「Reno A」が搭載しているSnapdragon 710の方がハイランクです。これによってReno Aの方が安いのに、Reno Aの方が高性能と言うことになります。

単純に考えて、R15 Proが値下がりしない限りは「Reno A」の方がお買い得です。

R15 Proを選ぶメリットは、背面カメラが優秀なところと、ROMの容量が128GBであるところと、OPPO独自開発「VOOC」に対応しているところです。VOOCは、付属のケーブルを使えば急速充電ができる機能です。VOOCケーブルの端子はmicroUSBなので、R15 ProもUSBポートはmicroUSBが採用されています。

Reno Aは注目の秋冬モデル

Reno Aは、様々な面で価格に見合わない性能の良さが見られます。

「有機ELディスプレイ」「デュアルカメラ」「高画素インカメラ」「大容量バッテリー」など価格の高いR15 Proに劣らない性能で、3万円もの価格差があるとは思えないレベルです。

今回の本題でもある「おサイフケータイ及びDSDV」の対応が無かったとしても「高コスパスマホ」として、注目の2019年秋冬モデルとなっております。

これまで筆者のイッテツはR15 Proをオススメしてきましたが、さすがにこれだけコスパの良いReno Aが登場してしまった以上、これからはReno Aを推すつもりです。

イッテツ

ちなみにReno AはR15 Proよりも内部ストレージが少ないですが、楽天モバイル楽天モバイルの専売モデルは128GBが搭載されています!

「アクセス可能性」が表示されてしまう解決法

OPPOスマホでFOMA SIM運用の方から多く報告されているバグが、画面右上に「アクセス可能性」と表示されてしまうと言うもの。念のため解決方法を紹介しておきます。

・「設定」⇒「その他設定」⇒「バリアフリー」にて、全ての項目をオフ

この手順で解決したとの報告があったので、同様のバグが発生している方は是非試してみて下さい。

まとめ

そもそもR15 Proがずっと在庫切れの状態なので、今買うならやっぱり「Reno A」ですね。

ちなみにR15 ProはAmazonのレビュー評価はかなり高くて、理由はやはり「おサイフケータイ」に対応しているからです。

今回後続機として登場した「Reno A」がどういった評価になるのかはまだ分かりませんが、スペックだけを見ればR15 Proよりも優秀なので、ぜひおサイフケータイ対応DSDV機をお探しの方は「Reno A」の購入を検討してみて下さい!

期間限定nova lite3が「1円」で買える投売りセール開始!

3 COMMENTS

匿名

11/27発売、simフリーのaquos sense3もDSDV対応のようですので、アップデートされてはいかがでしょうか?

返信する
イッテツ

>匿名さん
コメントありがとうございます。管理人のイッテツです。
ついにOPPO以外に対応端末が出ましたね。AQUOS sense3の発売までには記事内容を変更しようと思います。貴重な情報をありがとうございました!

返信する
ソニン

こんにちわ。
SIMフリー版のAQUOS SENSE3 SH-12Hがまもなく発売ですね。FOMA回線での使用可否が気になるところです。

JCBのスマホ決済または住友VISAの20%キャッシュバックが使えるので、使用可能であれば購入するつもりです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。