ゴリラガラスとドラゴントレイルの違いを比較!【シェア率は?】

スマホの液晶画面に使われている素材は、普通のガラスよりも硬度が高いガラスです。

スマホは小さいので、誤って落としてしまう事があります。そんなときに落下の衝撃に耐えるため、画面の素材は丈夫でないといけません。だからスマホでは普通のガラスよりも硬度が高いガラスが採用されているのです。

本記事ではそんなスマホに使われている硬度の高いガラス素材「ゴリラガラス」「ドラゴントレイル」の違いについてまとめてみました!

スマホに使われているガラスは、ほとんどのモデルがこの2種類のどちらかです。ゴリラガラスとドラゴントレイルの違いや性能について知りたいと言う方は、ぜひ参考にしてみてください!

スマホ画面はガラスが主流

スマホ画面はガラスが主流

冒頭でもお話したように、スマホの画面が硬度の高いガラス素材である理由は、落下の衝撃に耐えるためです。

スマホやタブレットが流行る前は、ガラケーやノートパソコンを持ち歩いていましたよね。ガラケーやノートパソコンは折り畳み式なので画面部分が表に出ていませんでした。これによって画面が壊れたり傷が付く心配が少なかったので、画面にプラスチック素材が使われていたんですよね。

ただしスマホやタブレットのような画面がむき出しのデバイスは、ガラケーやノートパソコンと比べて壊れたり傷が付く可能性がかなり高いです。なので画面に丈夫なガラス素材が使われるようになりました。

その丈夫なガラス素材としてスマホに採用されているガラスが、今回紹介する「ゴリラガラス」「ドラゴントレイル」です。

ゴリラガラスとは?

ゴリラガラスとは?

アメリカのコーニング社が開発する強化ガラスです。iPhoneシリーズをはじめ様々なスマホで採用されています。2007年に登場してからゴリラガラス2、ゴリラガラス3,ゴリラガラス4と言ったように進化を続けています。

ゴリラガラスのシリーズ
Gorilla Glass 2007年
Gorilla Glass 2 2012年
Gorilla Glass 3 2013年
Gorilla Glass 4 2014年
Gorilla Glass 5 2016年
Gorilla Glass 6 2018年

ガラスの硬度が分かるビッカース硬度は622~701とのことで、カッターでも傷が付かないレベルとされています。また2018年に登場したゴリラガラス6では「1m程度の高さから15回落下させても割れない」とのことで、かなりの耐久力を誇ります。

ドラゴントレイルとは?

ドラゴントレイルとは?

日本の旭硝子(AGC)社が開発する強化ガラスです。国産メーカーと言うこともあって、京セラや富士通などの国産スマホに採用されています。

ドラゴントレイルのシリーズ
Dragontrail 2011年
Dragontrail X 2014年
Dragontrail Pro 2016年

ドラゴントレイルはビッカース硬度が670超えと言われているので、世代によってはゴリラガラスよりも硬度が高い製品となっております。

シェア率はゴリラガラスが過半数

なんと言っても2007年に登場したiPhoneに採用され、それからもiPhoneシリーズに採用され続けているゴリラガラスのシェア率は高いです。iPhoneシリーズだけでなく海外のフラグシップモデルはほとんどが最新のゴリラガラスを搭載しています。

ゴリラガラスのビッカース硬度は622~701とありましたが、恐らく最新のゴリラガラス6が「701」なのでしょう。Dragontrailが「670」程度だと考えると、現行モデルである「Gorilla Glass 6」と「Dragontrail Pro」だと、Gorilla Glass 6の方が優れているということになります。

今後ドラゴントレイルに後続モデルが登場することを期待しておきましょう。

※硬度に関してはWikiを参考にしました。間違っている可能性があるので、何か情報を知っている方はコメントを宜しくお願いします。

スマホに採用されている他の強化ガラスは?

スマホに搭載されているガラスは、ほとんどがゴリラガラスです。そして少数派としてドラゴントレイルが採用されています。

実はほかにも、日本電気硝子(日本)の「Dinorex」、SCHOTTAG(ドイツ)の「Xensation Cover」、Tunghsu Group(中国)の「Panda King Glass」などの強化ガラスメーカーが存在します。

ただしこれらはドラゴントレイル以上にマイナーなので、現在ゴリラガラスのライバルとして成り立っているのはドラゴントレイルだけです。

ぜひ今後もドラゴントレイルには頑張ってほしいですね。

ドラゴントレイルの強化ガラスフィルム

ゴリラガラスにシェアが負けているドラゴントレイルですが、最近は強化ガラスフィルムの素材として人気です。

ドラゴントレイルの強化ガラスフィルム

ゴリラガラスやドラゴントレイルのような硬度の高いガラスが搭載されているなら「強化ガラスフィルムはいらないのでは?」と思われがちですが、やはり液晶保護フィルムは貼っておいた方が良いです。

なぜなら最新のゴリラガラス6ですら「1m程度の高さから15回落下させても割れない」と言う性能です。これは強化ガラス素材としては素晴らしい耐久力だと思いますが、あくまで1メートル程度の高さからの落下実験ですからね。それ以上の高さから落としてしまった場合や、鋭利な物体に当たってしまった場合などは結局カンタンに割れてしまうのです。

表面にドラゴントレイルの強化ガラスフィルムを貼りつけておけば、「フィルムだけが割れた」「本体画面に少しヒビが入るだけで済んだ」など、被害を抑える事ができます。

よく強化ガラスフィルムのレビューで「落としたらすぐに割れた!」「フィルム付けてたのにスマホの画面が割れた!」などの意見がありますが、試行錯誤を重ねて進化し続けているゴリラガラス6ですら、この程度の性能なのです。液晶保護フィルムは、気づかないうちに被害を抑えてくれているのかもしれませんよ。

まとめ

現在スマホ画面に使われているガラス素材は「ゴリラガラス」が最強です。唯一少数に採用されている「ドラゴントレイル」がライバルとして成り立っていますが、それでもシェアの差は開きまくりです。

とくに2018年に登場した第6世代の「ゴリラガラス6」は性能的には一強状態なので、今後ドラゴントレイルが新しい製品を開発したり、別のメーカーが突然現れたりしない限りは、ゴリラガラスの覇権が続くことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。