スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

液晶保護フィルム(PET)と強化ガラスはどちらが良いのか違いを比較!


スマートフォンのディスプレイを守るアイテムが「液晶保護フィルム」です。
液晶保護フィルムにはPET素材の保護フィルムと、ガラス素材の強化ガラスフィルムに分かれます。
元々はPET素材のフィルムがほとんどでしたが、最近ではガラス素材の強化ガラスフィルムも人気が高くなっております。
今回はそんな液晶保護フィルムの2タイプはどちらが良いのか違いを比較してみました!

PETフィルムと強化ガラスフィルムの違い

PETフィルム(従来の液晶保護フィルム)と強化ガラスフィルムの最も大きな違いは 素材の違い です。
PETフィルムはその名の通りPET素材でポリエステルの一種になります。ペットボトルと同じ素材です。
一方の強化ガラスフィルムはガラス素材です。ガラスに様々な加工を施した物がいわゆる強化ガラスです。

それぞれの特徴とは?

素材の違いによってそれぞれのフィルムにはメリット・デメリットがあります。
主な特徴は以下のように。

PETフィルムの特徴
・価格が安い
・薄い(ケースとの干渉が起きにくい)
・貼りなおしが出来る

・貼るときに気泡が入りやすい
・耐衝撃の性能がガラスより劣る
強化ガラスフィルムの特徴
・耐衝撃性能が優れている
・気泡が入りにくく、貼りやすい

・価格が高い
・厚い(ケースとの干渉が起きやすい)

簡単に言えば、

PETフィルムは安い、薄い、柔らかい、そして貼るときに気泡が入りやすいです。

そして強化ガラスフィルムは高い、厚い、硬い、そして貼るときに気泡が入りにくいです。

素材の性質から、ガラスフィルムは衝撃や傷に強いです。ただし横からの衝撃にはとても弱いので、貼る時には細心の注意が必要です。

最近では強化ガラスフィルムも安い

強化ガラスフィルムが流行し始めた当初は、その素材や希少さからか価格がとても高い傾向にありました。
2000円や3000円は当たり前でしたが、最近では価格の安い製品も増えています。
PETフィルムと強化ガラスには価格の違いが大きな比較ポイントとなっていましたが、最近の価格を考えれば価格差のメリットデメリットはほぼありません。
それでもやはり強化ガラスフィルムの方がやや高い傾向にありますが、安くて評判の良い強化ガラスフィルムも多く販売されています。

結局どちらが良いのか

PETフィルムのメリットの一つであった「価格の安さ」が、最近では強化ガラスフィルムも安い製品があるので打ち消されています。
当サイトでは様々な端末のフィルムを紹介していますが、これまではPETフィルムを中心に紹介してきました。
いつ頃からかAmazonや楽天市場などの大手ネットモールに出品されている保護フィルムに強化ガラスタイプが増えてきて、それに伴って強化ガラスフィルムも紹介するようになっていきました。

私自身いくつか端末を所有しており、様々なメーカーの保護フィルムを試したことがありますが、最近では強化ガラスフィルムを中心に使用しております。

しかし価格差のメリットがなくなってもPETフィルムには他にも選ぶ利点があります。

例えば最近の端末は端がラウンドエッジに加工されているものが多いです。もちろん直角だと手触りが悪く扱いにくいので端に丸みを帯びるように加工するのは必須だと思います。そんな形の端末に対応出来るのがPETフィルムです。 強化ガラスフィルムは素材の性質上、基本的には直面 になっています。ラウンドエッジ加工されている端末に対しては、角度が付きはじめる箇所の手前まで保護するパターンがほとんどです。
端末の加工の長さ次第ではこのパターンだとフィルムが端まで保護できずに足らない状態になってしまいます。そして逆に角度が付きはじめる箇所を越えてしまうと、フィルムの端が浮いてしまう現象に。
ほとんどのメーカーではあきらめて前者のパターン(足らない状態)で販売しています。こういった端末に対応出来るのが柔軟性のあるPETフィルムになります。

つまりどちらが良いのかはケースバイケースで、自身の端末の端がどの様な形に加工されているかが意外と重要です。

まとめ

これまで記載したメリット・デメリットをふまえた上でどちらのタイプかを選びましょう。
強化ガラスフィルムを購入予定の方は先ほど説明したエッジ部分の問題についてはしっかりと理解しておきましょう。
PETフィルムの有名メーカーで言えば、ミヤビックスPDA工房の保護フィルムがオススメです。
ほとんどの端末に対応している上に様々なタイプが販売されています。

強化ガラスフィルムで言えばWANLOKがオススメです。様々な端末で高評価を得ています。

海外メーカーや格安の製品でも問題ないと思いますが、レビュー評価は参考になるのでそちらだけチェックしてから購入しましょう!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!