超オトクな乗り換えセールがまさかの延長戦!!

【軽量小型】3インチや4インチ台の小さな小型スマホ16選

ディスプレイサイズが3インチ台や3インチ以下の「小型スマホ」と呼ばれるモデルをご存じでしょうか?

普通のスマホ画面は5インチ~6.5インチぐらいが一般的で、小さめのスマホのことを「コンパクトモデル」と言います。

年々スマホのディスプレイサイズが大型化していく中で、コンパクトモデルは一部のユーザーに人気があります。そしてそんなコンパクトモデルよりも更に小さいスマホのことを「小型スマホ」と言います。

本記事ではそんな「小型スマホ」と一般的なサイズよりも小さい「コンパクトスマホ」をまとめてみました!

小さめのスマホを探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

4インチ以下の軽量超小型スマホ

一般的なスマホ画面は5インチ~6.5インチぐらいです。2018年以降にはベゼルレス(縁を狭くするデザイン)が主流になったので、端末サイズの割に大画面を搭載することが出来るようになりました。

ベゼルレスのスマホは5インチや5.5インチでも十分コンパクトスマホに分類されるサイズ感となっておりますので、単純な画面サイズだけでスマホサイズを判断することができなくなりました。

そんな中でも飛びぬけてサイズの小さい「小型スマホ」をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

Unihertz Jelly 2

Jelly 2

こちらはUnihertzのおサイフケータイ対応モデル「Unihertz Jelly 2」です。
チップセットにMediaTekのHelio P60が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは20万前後となっております。
こちらは3.0インチの超小型スマホです。OCNモバイルONEなどの格安SIMでも採用されています。
発売 Unihertz/2021年5月
動作性能 Helio P60/6GBRAM
AnTuTu:20万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 3.0インチ/854×480
カメラ 背面1600万画素
前面800万画素
バッテリー 2000mAh
サイズ 95 × 49.4 × 16.5 mm/110 g
カラー グリーン系
価格 25,000円前後

Rakuten Mini

Rakuten Mini

こちらは楽天モバイルのオリジナルスマホ「Rakuten Mini」です。
チップセットにSnapdragon 439が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは9万前後となっております。
こちらは3.6インチの超小型スマホです。楽天モバイルの専売となっておりますが、残念ながら現在は販売終了。
発売 楽天モバイル/2020年4月
動作性能 Snapdragon 439/3GBRAM
AnTuTu:9万
ストレージ 内部32GB/外部非対応
ディスプレイ 3.6インチ/1280×720
カメラ 背面1600万画素
前面500万画素
バッテリー 1250mAh
サイズ 106.2 × 53.4 × 8.6 mm/79 g
カラー ナイトブラック
クールホワイト
クリムゾンレッド
価格 販売終了

Unihertz Atom

ユニハーツ(Unihertz) Atom

こちらは防水・防塵・耐衝撃を備えた小型スマホ「Unihertz Atom」です。
チップセットにMediaTekのMT6763V/Bが搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは8万5000程度となっております。
こちらは2.45インチの超小型スマホとなっておりますが、厚みが18ミリとかなりの重厚です。3キャリア回線に対応しておりますが、docomoのFOMAプラスエリア(B6)に非対応なので注意。
発売 Unihertz/2018年10月
動作性能 MT6763V/B/4GBRAM
AnTuTu7:8万5000
ストレージ 内部64GB/外部非搭載
ディスプレイ 2.45インチ/240×432
カメラ 背面1600万画素
前面800万画素
バッテリー 2000mAh
サイズ 96 × 45 × 18 mm/108 g
カラー ブラック
価格 30,000円前後

SOYES XS

SOYES XS

こちらはSoyes 7Sの後続モデル「SOYES XS」です。
チップセットにMediaTekのMTK6737が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは3万前後となっております。
こちらは3.0インチの超小型スマホとなっております。Atomほどではないが10ミリとかなり厚めなので注意。4Gの対応バンドがB1 / B8 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41です。B19に対応していないのが気がかりですが、とりあえず通信は可能です。
発売 SOYES/2019年1月
動作性能 MTK6737/2GBRAM
AnTuTu7:3万
ストレージ 内部16GB/外部64GB
ディスプレイ 3.0インチ/480×854
カメラ 背面500万画素
前面500万画素
バッテリー 1580mAh
サイズ 91 × 47 × 10 mm/100 g
カラー ブラック
ホワイト
価格 15,000円前後

Unihertz Jelly Pro

Unihertz Jelly Pro

こちらはAtomの前作モデル「Jelly Pro」です。
チップセットにMediaTekのMTK6737Tが搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは3万前後となっております。
こちらは3.0インチの超小型スマホとなっております。Atomほどではないが10ミリとかなり厚めなので注意。4Gの対応バンドがB1 / B8 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41です。B19に対応していないのが気がかりですが、とりあえず通信は可能です。
発売 Melrose/2019年1月
動作性能 MT6737/2GBRAM
AnTuTu7:3万
ストレージ 内部16GB/外部256GB
ディスプレイ 2.45インチ/432×240
カメラ 背面800万画素
前面200万画素
バッテリー 950mAh
サイズ 92.3 × 43 × 13.3 mm/60.4 g
カラー パールホワイト
スペースブラック
スカイブルー
価格 20,000円前後

Anica K-Touch i9

Anica K-Touch i9

こちらはAnicaのミニスマホ「Anica K-Touch i9」です。
チップセットにMediaTekのMTK6739が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは4万前後となっております。
こちらは3.5インチの小型スマホとなっております。いろんなモデルが存在するので、購入する時はしっかりとスペックを確認しましょう。4Gの対応バンドはB1/B3/B7/B20となっております。
発売 Anica
動作性能 MTK6739/1or2or3or4GBRAM
AnTuTu7:4万
ストレージ 内部16or32or64GB/外部256GB
ディスプレイ 3.5インチ/800×340
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 1000~2000mAh
サイズ 101.6 × 44 × 8.1 mm/90 g
カラー ブラック
ホワイト
ブルー
グリーン
イエロー
価格 1万~2円前後

Palm Phone

Palm Phone

こちらはパームの小型スマホ「Palm Phone」です。
チップセットにSnapdragon 435が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは5万5000程度となっております。
こちらは国内で有名な小型スマホで、ディスプレイサイズは3.3インチです。こちらも4Gの対応バンドが1/3/7/8/20なので、Band19に非対応なのが気になるところです。ソフトバンク回線を選んだ方が無難だと思います。
発売 Palm
動作性能 Snapdragon 435/3GBRAM
AnTuTu7:5万5000
ストレージ 内部32GB/外部非搭載
ディスプレイ 3.3インチ/1280×720
カメラ 背面1200万画素
前面800万画素
バッテリー 800mAh
サイズ 96.6 × 50.6 × 7.4 mm/62.5 g
カラー チタン
価格 45,000円前後

KYOCERA カードケータイ KY-01L

KYOCERA カードケータイ KY-01L

こちらはドコモから販売されている京セラの小型スマホ「カードケータイ KY-01L」です。
チップセットにSnapdragon 210が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは2万5000程度と低スコア。
ディスプレイサイズは2.8インチで、厚みが5.3ミリと言う超薄型の小型スマホです。ドコモから販売されているのでドコモ回線で使うことが出来ます。
発売 京セラ
動作性能 Snapdragon 210/1GBRAM
AnTuTu7:2万5000
ストレージ 内部8GB/外部非搭載
ディスプレイ 2.8インチ/480×600
カメラ 非搭載
バッテリー 380mAh
サイズ 91 × 55 × 5.3 mm/47 g
カラー インクブラック
価格 31,680円

<スポンサーリンク>

一般的なコンパクトスマホ

上記で紹介した超小型スマホとまではいかないが、一般的に「コンパクトモデル」と呼ばれるスマホが存在します。現在国内で販売されている新し目のモデルをまとめてみましたので、小さめのスマホを探している方は、こちらも端末選びの参考にしてみて下さい!

iPhone 13 mini

iPhone 13 mini

こちらはお馴染みAPPLEの「iPhone 13 mini」です。
チップセットにA15が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは80万超えというハイスコアを記録。こちらは「131.5 × 64.2 mm」のコンパクトモデルです。
発売 APPLE/2021年9月
動作性能 A15
AnTuTu:80万
ストレージ 内部128or256or512GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.4インチ/2340×1080
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面1200万画素
サイズ 131.5 × 64.2 × 7.65 mm/140 g
カラー ミッドナイト
スターライト
レッド
ピンク
ブルー
参考価格 10万円前後

iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

こちらはAPPLEの2020年モデル「iPhone 12 mini」です。
チップセットにA14が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは60万前後を記録しています。こちらもiPhone 13 miniと同様に「131.5 × 64.2 mm」のコンパクトモデルです。
発売 APPLE/2020年9月
動作性能 A14
AnTuTu:60万
ストレージ 内部64or128or256GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.4インチ/2340×1080
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面1200万画素
サイズ 131.5 × 64.2 × 7.4 mm/133 g
カラー ブラック
ホワイト
レッド
グリーン
ブルー
パープル
参考価格 7~9万円

iPhone SE 2

iPhone SE 2

こちらはAPPLEの2020年モデル「iPhone SE 2」です。
チップセットにA13が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは45万前後を記録しています。本体サイズはminiシリーズより大きいものの、「138.4 × 67.3 mm」とかなりコンパクトです。
発売 APPLE/2020年4月
動作性能 A13
AnTuTu:45万
ストレージ 内部64or128or256GB/外部非搭載
ディスプレイ 4.7インチ/1334×750
カメラ 背面1200万画素
前面700万画素
サイズ 138.4 × 67.3 × 7.3 mm/148 g
カラー ブラック
ホワイト
レッド
参考価格 4~7万円

Mode1 Grip

Mode1 Grip

こちらはピーアップの「Mode1 Grip」です。
チップセットにHelio P70が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは18万前後を記録。
ディスプレイサイズは5インチで、本体サイズ「138 × 56 mm」のコンパクトスマホです。
発売 P-UP/2021年10月
動作性能 Helio P70/4GBRAM
AnTuTu:18万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 5インチ/1440×576
カメラ 背面4800万+800万画素
前面2500万画素
バッテリー 2620mAh
サイズ 138 × 56 × 10 mm/140 g
カラー スタイリッシュホワイト
アーバングレイ
価格 2万円前後

ZenFone 8

ZenFone 8

こちらはASUSの2021年モデル「ZenFone 8」です。
チップセットにSnapdragon 888 5Gが搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは80万超えとハイスコアを記録。
ディスプレイサイズは5.9インチで、本体サイズ「148 × 68.5 mm」とそこそこコンパクトなので取り上げてみました。
発売 ASUS/2021年8月
動作性能 Snapdragon 888 5G/8GBRAM
AnTuTu:80万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.9インチ/2400×1080
カメラ 背面6400万+1200万画素
前面1200万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 148 × 68.5 × 8.9 mm/169 g
カラー オブシディアンブラック
ホライゾンシルバー
ムーンライトホワイト
価格 7~10万円

Xperia 10 III Lite

Xperia 10 III Lite

こちらはソニーの2021年モデル「Xperia 10 III Lite」です。
チップセットにSnapdragon 690 5Gが搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは28万前後を記録。こちらはeSIMや6型有機ELディスプレイを採用した5Gスマホです。
ディスプレイサイズは6インチで、本体サイズ「154 × 68 mm」とそこそこコンパクト。
発売 ソニー/2021年8月
動作性能 Snapdragon 690 5G/6GBRAM
AnTuTu:28万
ストレージ 内部64GB/外部1TB
ディスプレイ 6インチ/2520×1080
カメラ 背面800万+1200万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 4500mAh
サイズ 154 × 68 × 8.3 mm/169 g
カラー ブラック
ホワイト
価格 5万円前後

Rakuten Hand

Rakuten Hand

こちらは楽天専売モデル「Rakuten Hand」です。
チップセットにSnapdragon 720Gが搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは26万前後を記録。
ディスプレイサイズは5.1インチで、本体サイズ「138 × 66 mm」とかなりコンパクトです。
発売 楽天モバイル/2020年10月
動作性能 Snapdragon 720G/4GBRAM
AnTuTu:26万
ストレージ 内部64GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.1インチ/1520×720 有機EL
カメラ 背面4800万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 2750mAh
サイズ 138 × 63 × 9.5 mm/129 g
カラー ブラック
ホワイト
クリムゾンレッド
価格 2万円

Pixel 4a

Google Pixel 4a

こちらはグーグルスマホ「Pixel 4a」です。
チップセットにSnapdragon 730が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは27万前後を記録しています。
ディスプレイサイズは5.81インチで、本体サイズ「144 × 79.4 mm」なのでそこまでコンパクトではありませんが、横幅が70ミリを切っていたのでピックアップしてみました。
発売 グーグル/2020年8月
OS Android 10
動作性能 Snapdragon 730/6GBRAM
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.81インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面:1220万画素
前面:800万画素
バッテリー 3140mAh
防水防塵
おサイフケータイ 対応
サイズ 144 × 79.4 × 8.2 mm/143 g
カラー Just Black
参考価格 42,900円

まとめ

今回は超小型スマホ・コンパクトスマホと呼ばれている小さなスマホや軽いスマホを紹介してみました!

小さいスマホは片手操作が簡単にできるので、とても扱いやすいですよね。筆者イッテツも端末を選ぶときは横幅をしっかりと確認してから買うようにしています。

今回紹介したようなスマホなら、ほとんどのモデルが片手操作ができるサイズ感なのでオススメです!

1 COMMENT

blank イッテツ

>JUANさん
管理人のイッテツです。コメント頂きありがとうございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。