前回売り切れ続出!!超オトクな乗り換えセール開催中!!

【2024年最新】1万円以下で買えるおすすめの白ロムまとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

安くスマホを入手するなら「白ロムスマホ」がおすすめです。

白ロムスマホは中古スマホのことですが、キャリアの型落ちモデルなどが安く販売されております。

そこで今回は白ロムの中でもとくに安い「1万円以下で買える白ロムスマホ」をいくつかピックアップしてみました。

サブ機用に安い白ロムを探している方は、ぜひ参考にしてみてください!

中古・白ロムスマホの買い方

型落ち・中古スマホの買い方

白ロムスマホの買い方は「白ロム販売店」「個人取引」です。

ただし中古品の取引となるため、基本的には専門業者の「白ロム販売店」の方をおすすめします。有名所で言えば「ムスビー」「イオシス」ですね。

どちらも白ロム販売店の老舗です。出品数もかなり多いので、白ロムを探すときは必ず両店をチェックしましょう!

<スポンサーリンク>

なるべく新しいモデルがおすすめ

なるべく新しいモデルがおすすめ

白ロムスマホは中古なので、あまりに古いモデルはバッテリーが劣化している可能性が高いです。

バッテリーが劣化するとバッテリー持ちが悪くなります。充電繋ぎっぱなしで使うのであれば問題ありませんが、そうでない場合は困りますよね。

というわけであまりに古いモデルは省いて、なるべく現在も使いやすそうなモデルを中心にピックアップしていきます!

1万円以下のおすすめ白ロムスマホ

というわけで1万円以下、または1万円前後で買えるおすすめの白ロムスマホを紹介します。

Galaxy A30

Galaxy A30

こちらは2019年に登場した「Galaxy A30」です。
チップセットにExynos 7904が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは10万前後を記録しています。
こちらはauでも採用されているサムスンのライトモデルです。価格がかなり安いです。

発売 サムスン/2019年6月
動作性能 Exynos 7904/4GBRAM
AnTuTu:10万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1300万+500万画素
前面800万画素
バッテリー 3900mAh
サイズ 160 x 75 x 8.2 mm/176 g
カラー ブラック
ホワイト
レッド
ブルー

Xperia Ace

Xperia Ace

こちらは2019年に登場した「Xperia Ace」です。
チップセットにSnapdragon 630が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは14万前後を記録しています。
こちらはドコモ・楽天モバイルで採用されたソニーのライトモデルです。こちらも1万円ほどで入手可能。

発売 ソニー/2019年10月
動作性能 Snapdragon 630/4GBRAM
AnTuTu:14万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.0インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1200万画素
前面800万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 140 x 67 x 9.3 mm/155 g
カラー ブラック
ホワイト
パープル

AQUOS R2 SH-03K

AQUOS R2 SH-03K

こちらは2018年に登場したハイスペックモデル「AQUOS R2 SH-03K」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは32万前後です。
2018年のモデルなのでかなり価格が安いです。コスパ優先でハイスペックモデルを選ぶならR3かR2辺りがお買い得です。

発売 シャープ/2018年6月
動作性能 Snapdragon 845/4GBRAM
AnTuTu8:32万
ストレージ 内部64GB/外部400GB
ディスプレイ 6.0インチ/1440×2560 WQHD+
カメラ 背面2260万+1630万画素
前面1630万画素
バッテリー 3130mAh
サイズ 156 x 74 x 9.0 mm/181 g
カラー アクアマリン
プラチナホワイト
プレミアムブラック

AQUOS zero2 SH-01M

AQUOS zero2 SH-01M

こちらは2020年に登場した軽量型ハイスペックモデル「AQUOS zero2 SH-01M」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは45万前後です。
こちらは何と言っても「141グラム」という軽さが特徴のモデル。ハイスペックなので価格は高め。

発売 シャープ/2020年3月
動作性能 Snapdragon 855/8GBRAM
AnTuTu:45万
ストレージ 内部256GB/外部非対応
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面2010万+1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3130mAh
サイズ 158 x 74 x 9.5 mm/141 g
カラー アストロブラック
ミスティホワイト

AQUOS R3 SH-04L

AQUOS R3 SH-04L

こちらはAQUOS Rシリーズの2019年モデル「AQUOS R3 SH-04L」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは50万前後を記録しております。
こちらもハイスペックの割に価格が安いのでお買い得です。3120×1440の有機ELディスプレイ搭載。

発売 シャープ/2019年6月
動作性能 Snapdragon 855/6GBRAM
AnTuTu:50万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/3120×1440 qHD+
カメラ 背面2010万+1220万画素
前面1630万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 156 x 74 x 10.4 mm/185 g
カラー プレミアムブラック
プラチナホワイト
ラグジュアリーレッド

Xperia 8 SOV42

Xperia 8 SOV42

こちらは2019年に登場した「Xperia 8 SOV42」です。
チップセットにSnapdragon 630が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアが11万前後を記録しています。
こちらは2520×1080の超縦長ディスプレイが搭載されたミドルレンジモデル。ハイスペックではなくミドルレンジですが、2019年代なのでそこそこ新しいモデルとなっております。新し目のモデルを探している方におすすめ。価格は執筆時点で2万円ほど。ちなみにワイモバイル版も販売されています。

発売 ソニー/2019年10月
動作性能 Snapdragon 630/4GBRAM
AnTuTu8:11万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.0インチ/2520×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 2760mAh
サイズ 69 x 158 x 9.7 mm/170 g
カラー ブラック
ホワイト
オレンジ
ブルー

<スポンサーリンク>

1万円前後で買えるSIMフリースマホ

ちなみに1万円前後で買える海外のSIMフリースマホを紹介した記事もあります。

白ロムじゃなくて新品の海外スマホの方が良いという方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ドコモ白ロムスマホのまとめ記事

ちなみに今回紹介したGalaxyの白ロムを含めたドコモ白ロムスマホのまとめ記事があるので、興味のある方はそちらも合わせて参考にしてみて下さい!

<スポンサーリンク>

まとめ

というわけでなるべく新しいモデルの中から1万円以下で買える白ロムスマホをピックアップしてみました。

価格の安い白ロムを探している方は、ぜひ今回紹介した機種の中から選んでみてください(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です