スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

【2018年最新】大容量!バッテリー持ちの良いおすすめSIMフリースマホ5選


スマートフォンを選ぶポイントとして「バッテリー容量」があります。
auで公開されている「スマホを選ぶポイントランキング」でも過半数が「バッテリーの持ち」を選んで1位を獲得しています。
今回はそんなスマホを選ぶ際に重視されている バッテリー容量やバッテリー持ちの良い2017年以降のSIMフリースマホを比較してみました!
バッテリー持ちの良いSIMフリースマホをお探しの方は是非最後までご参考下さい^^

大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマホ比較

まずは単純に大容量バッテリーモデルを比較。2017年以降のモデルを対象としています。
参考価格は主に定価なので、古いモデルほど安くなっています。
端末名をタップすればAmazonページに繋がるので現在の価格はそちらをご参考下さい。

名称 容量 発売時期 価格
ZenFone Zoom S 5000mAh 2017/06 54,800円
RAIJIN 5000mAh 2017/02 29,800円
ZenFone4 Max 4100mAh 2017/12 24,800円
ZenFone3 Max 5.5 4100mAh 2017/04 27,800円
ZenFone3 Max 5.2 4100mAh 2017/01 19,800円
Mate 10 Pro 4000mAh 2017/12 89,800円
Priori 4 4000mAh 2017/01 14,800円
P10 Plus 3750mAh 2017/06 72,800円
ZenFone4 Pro 3600mAh 2017/10 89,800円

おすすめモデルを価格別に紹介!

上記の大容量バッテリーを搭載したモデルの中でもオススメの端末を価格帯別に紹介しておきます。

低価格の中では圧倒的にオススメ!「ZenFone4 Max」

ZenFone 4 Max ZC520KLの主な仕様
・発売時期(2017年冬モデル)
・通信(docomo/Softbank)
・OS(Android 7.1)
・CPU(Snapdragon 430)
・RAM(3GB)
・ROM(32GB)
・画面(5.2 インチ/HD)
・カメラ(1300万+500万画素/800万画素)
・バッテリー(4100mAh)
・USBポート(microUSB)
ZenFone 4 Max ZC520KLの主な特徴
普段使いでオススメしたい低価格モデルがASUS製のZenFone 4 Max ZC520KLです。
こちらは大容量バッテリーを搭載しながらも、広角のデュアルカメラ仕様、指紋認証センサーの搭載、デュアルSIM+SDカードの運用可と機能面が非常に優れています。
それでいて定価が24,800円と破格です。
もちろんこれだけの機能を備えてこの価格を実現しているということで性能面はコストカットされています。
つまり性能面が気にならない方、重い動作を行わない普段使いの方にドンピシャの端末となります!
ZenFone 4 Max ZC520KLの関連記事
ZenFone4 Maxの開封レビュー!低価格ながらにデュアルカメラやDSDSに対応した大容量バッテリーモデル!
ZenFone4 Max ZC520KLのおすすめカバー・ケース・フィルム特集
ZenFone4 Max ZC520KLの格安SIMセット販売価格まとめ
ZenFone 4 Max ZC520KLの購入方法
Amazon「ZenFone4 Max ZC520KL」で検索する
楽天市場「ZenFone4 Max ZC520KL」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone4 Max ZC520KL」で検索する


ZenFone4 Max 限定キャンペーン情報
goo SimSellergooSimSellerにて春得セールが開催中!
ZenFone4 Max(15,800円)をキャンペーン期間中に契約した場合、12,800円にて購入可能に!
2018年4月10日~2018年4月20日までの期間限定なのでお早めに。
IIJmioにてスプリングセールが開催中!
ZenFone4 Max(23,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券3,000円が貰えます!
2018年3月1日~2018年5月8日までの期間限定なのでお早めに。
DMMモバイルにてASUS端末3,000円割引きキャンペーン開催中!
ZenFone4 Max(24,800円)が台数限定で21,800円にて購入可能!

少し価格は高いが評判の良い「ZenFone Zoom S」

ZenFone Zoom S ZE553KLの主な仕様
・発売時期(2017年夏モデル)
・通信(docomo/au/Softbank)
・OS(Android 6.0)
・CPU(Snapdragon 625)
・RAM(4GB)
・ROM(64GB)
・画面(5.5 インチ/FHD)
・カメラ(1200万+1200万画素/1300万画素)
・バッテリー(5000mAh)
・USBポート(USB Type-C)
ZenFone Zoom S ZE553KLの主な特徴
ZenFone4 Maxと比べると価格がグンと上がってしまいますが、次に紹介するのは同じくASUS製のZenFone Zoom Sです。
こちらは名称通り、ズームレンズが特徴的なモデルですがバッテリー容量が5000mAhと大容量搭載となっております。
こちらは価格.comやAmazonのレビュー評価が非常に高く、バッテリー関連の満足度が非常に高い端末となっております。
性能はスナドラ625搭載なのでそれなりに高いですしカメラ性能も非常に優秀で、かつこの大容量バッテリー搭載したモデルです。
しかしこれだけの性能を有しているだけあって価格は定価で5万超えとやや高めに設定されています。
ZenFone Zoom S ZE553KLの関連記事
ZenFone Zoom S ZE553KLのおすすめカバー・ケース・フィルム特集
ZenFone Zoom S ZE553KLの格安SIMセット販売価格まとめ
ZenFone Zoom S ZE553KLの購入方法
Amazon「ZenFone Zoom S」で検索する
楽天市場「ZenFone Zoom S」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone Zoom S」で検索する


 

ハイスペック仕様で最上位「Mate 10 Pro」

Mate 10 Proの主な仕様
・発売時期(2017年冬モデル)
・通信(docomo/au/Softbank)
・OS(Android 8.0)
・CPU(Kirin 970)
・RAM(6GB)
・ROM(128GB)
・画面(6.0 インチ/FHD+)
・カメラ(1200万+2000万画素/800万画素)
・バッテリー(4000mAh)
・USBポート(USB Type-C)
Mate 10 Proの主な特徴
こちらは更に高価格となるHUAWEI製のMate10 Proです。
価格は高いですが性能はめちゃくちゃ高く、現行のモデルの中でもトップクラスでしょう。
肝心のバッテリー容量も4000mAhと高めですが、ディスプレイがFHD+なので消費電力はそれなりに高そうです。
もしお金に余裕がある方やハイスペックなモデルを探している方がいればMate10 Proはとてもオススメです!
Mate 10 Proの関連記事
Mate 10 Proのおすすめカバー・ケース・フィルム特集
Mate 10 Proの格安SIMセット販売価格まとめ
Mate 10 Proの購入方法
Amazon「Mate 10 Pro」で検索する
楽天市場「Mate 10 Pro」で検索する
Yahoo!ショッピング「Mate 10 Pro」で検索する


Mate10 Pro 限定キャンペーン情報
IIJmioにてスプリングセールが開催中!
Mate10 Pro(79,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券10,000円が貰えます!
2018年3月1日~2018年5月8日までの期間限定なのでお早めに。

ライカ監修のデュアルカメラ搭載「P10 Plus」

P10 Plusの主な仕様
・発売時期(2017年夏モデル)
・通信(docomo/Softbank)
・OS(Android 7.0)
・CPU(Kirin 960)
・RAM(4GB)
・ROM(64GB)
・画面(5.5 インチ/WQHD)
・カメラ(1200万+2000万画素/800万画素)
・バッテリー(3750mAh)
・USBポート(USB Type-C)
P10 Plusの主な特徴
こちらはライカ監修のデュアルレンズが特徴的なハイスペックモデル「P10 Plus」です。
P10 PlusはHUAWEI製のスマートフォンで、P10 lite、P10、P10 Plusとクラス別のモデルが登場しております。
中でもP10 Plusは最上位モデルに位置し、ライカ監修のカメラ性能はもちろんですが動作面の性能やディスプレイ関係にもメリットがあります。
バッテリー容量は3750mAhとこれまでの端末と比べると劣るもののカメラ性能に特化した大容量バッテリー搭載モデルと言うことで一応紹介。
P10 Plusの関連記事
HUAWEI P10 plusのおすすめカバー・ケース・フィルム特集
HUAWEI P10 Plusの格安SIMセット販売価格まとめ
P10 Plusの購入方法
Amazon「HUAWEI P10 Plus」で検索する
楽天市場「HUAWEI P10 Plus」で検索する
Yahoo!ショッピング「HUAWEI P10 Plus」で検索する


P10 Plus 限定キャンペーン情報
IIJmioにてスプリングセールが開催中!
P10 Plus(64,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2018年3月1日~2018年5月8日までの期間限定なのでお早めに。

容量はそこそこ、バッテリー持ちの良いミドルクラス「Mate 10 lite」

Mate 10 liteの主な仕様
・発売時期(2017年冬モデル)
・通信(docomo/Softbank)
・OS(Android 7.0)
・CPU(Kirin 659)
・RAM(4GB)
・ROM(64GB)
・画面(5.9 インチ/FHD+)
・カメラ(1600万+200万画素/1300万+200万画素)
・バッテリー(3340mAh)
・USBポート(microUSB)
Mate 10 liteの主な特徴
こちらは先ほど紹介したHUAWEIのMate 10シリーズのライトモデル「Mate 10 lite」です。
バッテリー容量こそ3340mAhとこれまで紹介した端末よりは劣ります。
しかし価格.comのバッテリー満足度ランキングで上位にランクインしていたのでピックアップ。
今回これまでに取り上げた4端末では程よい価格のモデルがなかったので丁度良いかと。
私も実際に使用しておりますが、バッテリー持ちへの不満を感じたことはありません。
程よい価格帯のバッテリー持ちの良い端末をお探しの方には是非オススメしたいモデルです!
Mate 10 liteの関連記事
Mate10 liteの開封レビュー!ベゼルレスデザインにFHD+の大画面ディスプレイで迫力がスゴイ!
Mate 10 liteのおすすめカバー・ケース・フィルム特集
Mate 10 liteの購入方法
Amazon「Mate10 lite」で検索する
楽天市場「Mate10 lite」で検索する
Yahoo!ショッピング「Mate10 lite」で検索する

まとめ

スマートフォンを選ぶ際に重要視されているポイントのひとつが「バッテリー持ち」です。
今回はバッテリー容量の多いSIMフリースマホをまとめてみました。

バッテリー持ちはライトユーザーからヘビーユーザーまで全ての層に恩恵のある項目です。
SIMフリースマホに乗り換え予定の方や端末をお探しの方は是非是非バッテリー持ちの良い端末でストレスを減らしましょう^^


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!