超オトクな乗り換えセールがまさかの延長戦!!

【DOOGEE S98 レビュー】背面にサブディスプレイ搭載のタフネススマホ【ナイトビジョンカメラ対応】

DOOGEEのサブディスプレイ搭載モデル「DOOGEE S98」をご提供いただいたので開封レビューしていきます。

DOOGEE S98

今回紹介する「DOOGEE S98」の最大の特徴はこのリアディスプレイ。公式サイトによると下記4つの機能に対応しているようです。

  • アラーム
  • 通話応答
  • 音楽操作
  • 通知確認

背面にサブディスプレイを搭載した特殊なタフネススマホです。気になる方はぜひチェックしてみてください(*´▽`*)

DOOGEE S98のスペック

DOOGEE S98のスペック

まずは今回のDOOGEE S98のスペックをざっくりとチェックしておきましょう。

DOOGEE S98の主なスペック

  • OS:Android 12
  • CPU:MediaTek Helio G96(AnTuTu30万)
  • RAM:8GB
  • ROM:256GB(外部512GB)
  • ディスプレイ:6.3インチ、液晶、2340×1080(FHD+)、リフレッシュレート60Hz
  • カメラ:背面6400万+2000万+800万画素、前面1600万画素
  • バッテリー:6000mAh、33W、ワイヤレス
  • 機能:USB Type-C、Wi-Fia/b/g/n/ac、IP68/IP69K、MIL-STD-810G
  • 重量:320 g
  • カラー:ブラック、オレンジ、レッド

<スポンサーリンク>

DOOGEE S98の価格や購入先

DOOGEE S98の価格や購入先

DOOGEE S98の発売日は2022年3月で、発売時の価格は500ドル前後です。

執筆時の情報になりますが、Banggoodのセールでは240ドルほどで販売されておりました。

DOOGEE S98の外観レビュー

DOOGEE S98の外観レビュー

というわけで早速届いたDOOGEE S98を開封していきます。

DOOGEE S98の外観レビュー2

ちなみにパッケージの設計がめちゃくちゃしっかりしていてかなり好印象でした。

DOOGEE S98の付属品

DOOGEE S98の付属品

続いて付属品の紹介です。まずは「海外仕様の充電器」です。

DOOGEE S98の付属品2

出力は33Wですが、残念ながら日本のコンセントでは使えません(´;ω;`)

DOOGEE S98の付属品3

こちらは「USB Type-Cのケーブル」です。

DOOGEE S98の付属品4

こちらはちょっと特殊な形状をした「SIMトレイ取り出しツール」です。

DOOGEE S98の付属品5

こちらは「ユーザーマニュアル(取り扱い説明書)」です。

DOOGEE S98の付属品6

日本語でも記載されています。

DOOGEE S98の付属品7

こちらは「保証書」です。

DOOGEE S98の付属品8

ちなみに「強化ガラスフィルム」も同梱されていました(*´▽`*)

DOOGEE S98の端末細部

DOOGEE S98の端末細部

ではDOOGEE S98の本体を見ていきましょう。

DOOGEE S98の端末細部2

右側面には「ボリュームボタン」「電源ボタン」「指紋認証センサー」が搭載されております。

DOOGEE S98の端末細部3

左側面には「SIMトレイ」「スマートキー」が搭載されております。

DOOGEE S98の端末細部4

SIMカードスロット2つとSDカードスロットが別で用意されています。

DOOGEE S98の端末細部5

底面にはキャップ付きの「USBポート」が搭載されております。もちろんType-Cです。

<スポンサーリンク>

DOOGEE S98の性能チェック

DOOGEE S98の性能チェック

DOOGEE S98の性能や機能面をチェックしていきましょう。

ディスプレイは6.3インチFHD+で並以上

DOOGEE S98のディスプレイ

DOOGEE S98は6.3インチのFHD+ディスプレイが搭載されております。タフネススマホなのでベゼルはかなり太めで、上部には水滴型ノッチが採用されていますね。

ナイトビジョンカメラ搭載

DOOGEE S98のカメラ

DOOGEE S98はメインに6400万画素の高画素レンズが搭載されています。

ただしDOOGEE S98はあくまでタフネススマホなので仕上がりは並。ただし「ナイトビジョンカメラ」が搭載されているのが特徴的です。

blankblank
blankblank

写真にはありませんが、森の中に落ちているゴミ袋や傘が白く写っていたので、それなりに使えそうです(^^♪

AnTuTuベンチマークスコアは30万超え

antutu geekbench

DOOGEE S98はHelio G96搭載で、AnTuTuベンチマークスコアは30万ほど。タフネススマホとしては十分すぎる性能で、動画視聴などは問題なく快適に動きます。

300グラムを超えているのでかなり重い

DOOGEE S98の重量

DOOGEE S98はIP68/IP69KMIL-STD-810Gに対応したタフネススマホです。

防水防じんに加えて耐衝撃にも対応しておりまが、見た目のゴツさ通り重量がかなり重いです。

対応バンドはフルキャリア対応

DOOGEE S98の対応バンド(FDD)は、「B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66」です。「B1/3/8/18/19/26」と主要なバンドに対応しているので、日本の回線でも快適に使うことができます。

DOOGEE S98の良いところ【メリット】

DOOGEE S98の特徴やメリットをまとめると下記の通り。

  • 防水防じん&耐衝撃対応
  • サブディスプレイ搭載
  • ナイトビジョンカメラ搭載
  • 動作性能がそこそこ良い(AnTuTu30万)
  • 33W急速充電&ワイヤレス充電対応
  • トリプルスロット搭載
  • フルキャリア対応

「サブディスプレイ」「ナイトビジョンカメラ」という特殊な仕様も気になりますが、個人的にはタフネススマホながらに標準以上のスペックなのが嬉しいポイントです。

具体期には下記のようなところです。

  • AnTuTu30万
  • FHD+ディスプレイ
  • 33W急速充電&ワイヤレス充電

おまけに「トリプルスロット」にも対応しているのは良いですね。タフネススマホだと対応しているモデルはかなり少ないと思います。

<スポンサーリンク>

DOOGEE S98の気になるところ【デメリット】

個人的にデメリットは少なめです。とくにセール時は3万円前後で買えるのでコスパ的にも超優秀だと思います。

※逆に言えばセール時以外の500ドル前後で買うのはおすすめしません。

  • サブディスプレイが微妙
  • モノラルスピーカー搭載
  • 重量が重すぎる
  • 通常価格が高すぎる

目玉機能である「サブディスプレイ」ですが、ぶっちゃけ微妙ですね。

冒頭でも記載しましたが、サブディスプレイで出来ることは下記の4つとなります。

  • アラーム
  • 通話応答
  • 音楽操作
  • 通知確認

スマートウォッチみたいに手元で確認できたらいいんですけど、背面のサブディスプレイですからね。

通知確認にせよ通話応答にせよ、ちょっと持ち上げればディスプレイで確認できますし、わざわざ背面のサブディスプレイで確認する必要があるのか疑問です。

だけど音楽操作に関しては上手く活用できそうです。サブディスプレイをスワイプすればコントロール画面が出てくるので、すぐに再生や停止まで行くことができます。

まとめ

というわけでサブディスプレイ・ナイトビジョンカメラが特徴的なタフネススマホ「DOOGEE S98」を開封レビューしてみました。

個人的にはその特殊な仕様よりも、どちらかと言えば「タフネススマホなのにスペックが並以上」なところにメリットを感じました。

セール時は3万円前後で買えるので、ためしにタフネススマホを使ってみたいという方は、ぜひ検討してみてください(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。