スマホの月額料金を7000円安くする方法

ドラクエウォーク(DQW)におすすめのAndroidスマホは?【必要スペック】

皆さん待望の「DQウォーク」がリリースされましたね!

DQウォークはお馴染み「ドラゴンクエスト」の位置情報スマホアプリで、簡単に言ってしまえばポケモンGOのドラクエバージョンです。

ポケモンGOがリリースした時に「ポケモンGOが重くてプレイ出来ないので、おすすめの端末を教えてほしい」と言うお問い合わせを頂いたことがあったので、今回はドラクエウォークで使えるAndroidスマホを紹介しようと思います。

ドラクエウォーク用のAndroidスマホを探していると言う方は、是非参考にしてみて下さい!

ドラクエウォークの魅力

ドラクエウォークの魅力
出典:https://www.dragonquest.jp/walk/ ©SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラクエウォークは、位置情報を利用したアプリなので、実際にいろんなところへ出かけながらレアモンスターを倒したり、レアアイテムを見つけたり、クエストをクリアしていくと言うゲームアプリです。

ポケモンGOが流行っていた時と同じように、特定のランドマーク(文化遺産など)で発生するイベントのために旅行に出かけるユーザーがいるほどの人気ぶりです。

逆に筆者のようにウォーキングするときだけ楽しむ、と言った使い方をするカジュアルユーザーも多くて、ついつい課金してしまうほどの中毒性もあります。

そんなドラクエウォークですが、なんと言っても長時間プレイすることが多いです。旅行先でクエストをクリアするときも、ウォーキングしながらモンスターを狩るときも、基本的にはアプリを開いたまま楽しむことになります。
戦闘画面のグラフィックや細かいユーザーインターフェースなどもしっかりしています。

しかもレビュー評価を確認してみると、ポケモンGO時代よりも明らかに「アプリが重い」と言う声が少なかったので、もしかするとドラクエウォークの必要スペックはそこまで高くないのではないかと思います。

実際にこの後検証していき、おすすめのAndroidスマホを紹介しているので、ドラクエウォーク用のスマホをお探しの方は、是非続きも読んでいって下さい!

ドラクエウォークの必要最低スペック

OS Android 4.4
メモリ(RAM) 2GB以上
容量(ROM) 200MB~300MBぐらい

OSバージョンとRAMしか記載されていないので、この段階ではどの端末を選べば良いか判断できません。RAMが2GB以上でも動作性能の高い端末と低い端末に分かれています。

スマホの動作性能は「CPU」で決まるので、どの程度のランクのCPUが最低ラインなのかを知る必要があります。
参考:CPU?RAM?ROM?スマホスペックの見方を解説【初心者向け】

実際にドラクエウォークを起動してみた

実際にドラクエウォークを起動してみた

いくつかの端末を使って、実際にドラクエウォークを起動して少しだけプレイしてみました。出来るだけ動作性能の低いモデルを中心に試してみたので、どの程度のランクがボーダーなのかが少しだけ見えてきました。

端末名 CPU(SoC) RAM AnTuTuスコア 結果
Xperia 1 Snapdragon 855 6GB 35万 快適
ZenFone AR Snapdragon 821 6GB 18万 快適
honor 9 Kirin 960 4GB 17万 快適
nova lite 3 Kirin 710 3GB 13万 そこそこ快適
R15 Neo Snapdragon 450 3GB 8万 そこそこ快適
nova lite 2 Kirin 659 3GB 8万 そこそこ快適
P20 lite Kirin 659 4GB 8万 そこそこ快適
FLEAZ Que MT6735A 2GB 4万 カクつくが動く

やはりDQウォークはかなり必要スペックが低いようです。FLEAZ QueなんてAnTuTuベンチマークスコアが4万にも関わらず、何とかプレイ出来ましたからね。

しかしいくつかの端末に最悪の共通点がありました。それはしばらくプレイしていると発熱するということです。動作がカクつくことはありませんでしたが、端末によっては発熱が伴うと画面の切り替えが少し重く感じました。

また長時間プレイしているメイン端末ではバッテリー消耗が激しいということもありましたので、なるべく長時間のプレイは避けるべきかもしれませんね。Xperia 1やZenFone ARなどと言ったハイスペックモデルですら発熱が伴ったわけですから。

設定を変更して端末を軽くする

今回実機で実際にチェックしてみましたし、Twitterの情報を見ても「発熱」「バッテリー消耗の激しさ」の2点は、Androidスマホでかなり高確率で発生しているみたいですね。

かなりグラフィックが汚くなってしまいますが、ゲーム内の設定を下げる事で、発熱やバッテリー消耗を防ぐことが出来るかもしれません。どうしてもこの2点に悩んでいると言う方は設定してみて下さい。

設定を変更して端末を軽くする ゲーム内の「設定」にある「グラフィック簡易設定」「バッテリーセーバー」オンにしましょう。

普段からバッテリー持ちを長持ちさせるように心がけましょう。こちらの記事でスマホのバッテリー持ちを長持ちさせる方法を紹介しているので、興味のある方は合わせて参考にしてみてください!
参考:スマホのバッテリーを長持ちさせる方法は?設定次第で寿命が延びる?

端末選びは使い用途に合わせる

ドラクエウォーク用にAndroidスマホを購入するのであれば、自分の使い用途に合わせた方が良いです。と言うのもメイン機でこれからずっと運用していく場合は、これからも別の重いゲームをプレイしたり、動画の視聴をしたり、画像ファイルが増えていったり、キャッシュデータが溜まっていきます。
参考:スマホでよく聞くキャッシュとは?削除のメリットや消去方法

ハイスペックモデルならこれからも長い期間現役で使えますし、ドラクエウォークよりスペックが必要なゲームが出たとしてもプレイすることが出来ます。なのでドラクエウォークのためにメイン機を買い替えるのであればハイスペックモデルがオススメです。そして逆にドラクエウォーク用のサブスマホを買うのであれば、価格の安いミドルクラスで十分です!

  • メイン機ならハイスペック
  • サブ機ならミドルスペック

この2点を抑えた上でオススメのAndroidスマホを紹介します!

ドラクエウォーク用のおすすめメインスマホ

今回はSIMフリーモデルを取り上げますが、基本的にある程度の動作性能(Snapdragon 845か855又はKirin9xxシリーズ)があればしばらくは現役で使えるでしょう。とりあえずレビュー評価も高く、動作性能も高い人気端末を紹介します。

ASUS ZenFone 6

ASUS ZenFone 6

こちらはASUSの2019年夏モデル「ZenFone 6」です。
スナドラ855搭載のハイスペックモデルで、回転式のカメラが特徴のスマホです。Snapdragon 855搭載のハイスペックながらにDSDV及びトリプルスロットに対応している珍しい端末です。
またドラクエウォークで重要な「バッテリー容量」もかなり大容量が搭載されている完璧な条件のスマホです!
発売 ASUS/2019年8月
動作性能 Snapdragon 855/6GBor8GBRAM
AnTuTu:35万
ストレージ 内部128or256GB/外部2TB
ディスプレイ 6.4インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+1300万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 159.1 × 75.4 × 9.1 mm/190 g
カラー ミッドナイトブラック
トワイライトシルバー
価格 69,500円
82,500円
ZenFone 6の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:56,900円/68,600円

ZenFone 6(6GBモデル:56,900円/8GBモデル:68,600円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

SHARP AQUOS R2 compact

SHARP AQUOS R2 compact

こちらはシャープのコンパクトモデル「AQUOS R2 compact」です。
こちらはZenFone 6が搭載しているSnapdragon 855の前作モデルSnapdragon 845を搭載したハイスペックモデルです。また端末の特徴でもある「コンパクトさ」を備えているので、小型モデルをお探しの方にオススメ。端バッテリー容量こそ少なめですが、端末のコンパクトさによってバッテリー持ちはそこそこ良いです。
発売 シャープ/2019年2月
動作性能 Snapdragon 845/4GB
AnTuTu:28万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.2インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面2260万画素
前面800万画素
バッテリー 2500mAh
サイズ 131 × 64 × 9.3 mm/135 g
カラー ディープホワイト
ピュアブラック
価格 75,000円
AQUOS R2 compactの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:48,600円
(乗り換えがお得!)
AQUOS R2 compact(48,600円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:64,800円
(特典あり!)
AQUOS R2 compact(64,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:45,800円~57,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS R2 compact(69,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

HUAWEI P30

HUAWEI P30

こちらはHUAWEIの2019年夏モデル「P30」です。
ライトバージョンの「P30 lite」の方が有名ですが、こちらのP30もすごく良端末です。とくにスゴイのがカメラ機能です。
有名なカメラメーカー「ライカ」のレンズが採用されており、4000万画素の超高解像度メインカメラ、1600万画素の超広角カメラ、800万画素の光学3倍の望遠カメラのトリプルカメラが搭載されております。AIカメラの対応はもちろんですが、P30では最大30倍のデジタルズームにも対応しています。
さらにKirin980が搭載されているにもかかわらず価格が10万円オーバーしていないので、ハイスペックモデルの中ではコスパに優れている部類です。ZenFone 6ほどのバッテリー容量はありませんが、それなりに大容量です。
発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin 980/6GBRAM
AnTuTu:30万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.1インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4000万+1600万+800万画素
前面3200万画素
バッテリー 3650mAh
サイズ 149.1 × 71.4 × 7.4 mm/165 g
カラー ブリージングクリスタル
オーロラ
価格 77,800円
P30の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:47,800円
(乗り換えがお得!)
P30(47,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:50,000円
(投売り・特典付き!)
みんなおトクに!人気スマホ999円キャンペーン!
P30(69,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、19,800円割引が適用されます。
同時開催キャンペーンによって「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「通信データ量3ヵ月間 SIM枚数分3GB増量」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

ドラクエウォーク用のおすすめサブスマホ

実機テストで分かった通り、Snapdragon 450(AnTuTuスコア8万)ぐらいのスペックがあればとりあえずは動きます。後は「バッテリー容量」「価格の安さ」などを加味した上でオススメのAndroidスマホを紹介します。

OPPO R15 Neo

OPPO R15 Neo

こちらはOPPOのコスパ良端末「R15 Neo」です。DSDV及びトリプルスロットに対応しており、2万円台で購入出来るモデルの中では飛びぬけてコスパが良いです。そこまで性能が必要ないと言う方は3GBRAMバージョンも用意されているので、そちらの方が安く入手出来ます。実機テストで使用した端末の中で性能は低い方でしたが、発熱がかなり少なかったのでオススメです。RAM3GBモデルとRAM4GBモデルが用意されているので、少しでもハイスペックが良いと言う方は4GBモデルを選びましょう。
発売 OPPO/2018年8月
動作性能 Snapdragon 450/3GBor4GB
AnTuTu:76000
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.2インチ/1520×720 HD+
カメラ 背面1300万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 4230mAh
サイズ 156.2 x 75.6 x 8.2 mm/168 g
カラー ダイヤモンドブルー
ダイヤモンドピンク
価格 25,880円(RAM3GBモデル)
29,880円(RAM4GBモデル)
R15 Neoの開催キャンペーン

現在R15 Neoのキャンペーンは開催されていません。

MOTOROLA moto g7 power

MOTOROLA moto g7 power

こちらはモトローラg7シリーズのライトモデル「moto g7 power」です。
g7と比べてカメラ性能や解像度は劣りますが、バッテリーが5000mAhもの大容量搭載と言うことで、ドラクエウォークでも扱いやすいのではないかと思います。しかもSnapdragon 632が搭載されているので、動作性能はR15 Neoよりも上です。こちらもまたDSDS及びトリプルスロットに対応しております。
発売 MOTOROLA/2019年5月
動作性能 Snapdragon 632/4GBRAM
AnTuTu:10万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/1520×720 HD+
カメラ 背面1200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 159.4 × 75.3 × 9.3 mm/193 g
カラー セラミックブラック
価格 25,800円
Moto G7 Powerの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:15,800円
(乗り換えがお得!)
moto g7 power(15,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:24,800円
(特典あり!)
Moto G7 Power(24,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3

こちらはHUAWEIのコスパ神端末「nova lite 3」です。
こちらの特徴は何と言ってもコストパフォーマンスの高さです。元々は格安SIMの専売モデルとして登場しているので価格が安く設定されています。しかし最近は端末単品でもよく出品されているので、SIM契約無しでも入手出来ます。とは言え、格安SIMサービスがnova lite3を対象とした割引サービスをいろいろと行っているので、ついでに格安SIMを探していると言う方がいれば、お得に購入出来ます。
発売 HUAWEI/2019年2月
動作性能 Kirin 710/3GBRAM
AnTuTu:13万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1300万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 3400mAh
サイズ 155.2 × 73.4 × 7.95 mm/160 g
カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
価格 26,880円
nova lite 3の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:14,800円
(乗り換えがお得!)
nova lite 3(14,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:9,800円
(投売り・特典付き!)
みんなおトクに!人気スマホ999円キャンペーン
nova lite 3(22,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、13,000円割引が適用されます。
同時開催キャンペーンによって「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「通信データ量3ヵ月間 SIM枚数分3GB増量」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:20,760円

サイト限定キャッシュバック特典! nova lite 3(23,760円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:2,880円~14,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でnova lite 3(26,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

まとめ

現状ドラクエウォークは発熱バッテリー消耗の激しさと言う問題点を抱えています。

いろんな人がGoogle Playストアのレビューにも記載しているので、そのうちアップデートで修正されるかもしれませんね。

本記事で取り上げた6端末は売れ筋ランキングの上位やレビュー評価の高い端末の中から選んでいるので、もしドラクエウォークをやめたとしてもまだまだ使えるスマホばかりです!是非はぐれメタルのためにも購入を検討してみて下さいね!

人気記事スマホ料金が7,000円も安くなる!?確実に節約できる2つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。