人気スマホが1円で買えちゃう投売りセール開催中!

【2020年最新】コスパに優れたおすすめ白ロムスマホ6選

性能の割に価格の安いコストパフォーマンスに優れた白ロムスマホをまとめてみました。

なるべく新し目のモデルをメインに評判の良いミドルクラス~ハイスペックまでをピックアップ!コスパに優れた白ロムスマホをお探しの方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

そもそも白ロムスマホとは?

白ロムスマホとは、SIMカードが挿入されていない解約済みのスマートフォンのことです。
本来の意味合いからは少し変化しておりますが、白ロムスマホは既に解約されている中古スマホのことを指します。

白ロムスマホを買うときの手順や注意点

STEP.1
白ロムスマホを購入する
白ロムスマホと呼ばれる中古端末(もちろん新品も可能)を入手しましょう。STEP.2で紹介している格安SIMサービスの回線と合わせる必要があるので注意。例えばドコモ回線のサービスならドコモ端末、au回線のサービスならau端末、と言ったように。
STEP.2
格安SIMサービスを契約する
先ほども記載しましたがドコモ端末ならドコモ回線を、au端末ならau回線を契約した方が無難です。
STEP.3
白ロムスマホにSIMカードを挿入する
契約した格安SIMサービスから「SIMカード」が届きます。これを白ロムスマホに挿入して、APNの設定を行いましょう。
STEP.4
白ロムスマホが利用可能になる
APNの設定が完了すれば契約した格安SIMのサービスを利用することが出来ます。もちろん通話SIMなら通話も出来ますし、普通のスマホと変わらないように利用出来ます!
完了!

白ロムスマホを購入した後は、白ロムスマホに対応した回線のSIMが必要です。この辺りの情報をまとめた記事があるので、白ロムスマホ購入前に一度チェックしてみて下さい!
参考:はじめて白ロムスマホを購入するときの手順や注意点

白ロムスマホの販売店

スマホには盗難品や不正利用にかかる制限が設けられており、そういったロックがかかった端末を赤ロムと呼びます。

白ロムスマホを購入する際に、赤ロムを掴んでしまったら最悪です。絶対に信用出来る出品先から購入するように心がけましょう。

  • ネットモールで購入
  • オークションで落札
  • フリマアプリで落札
  • 白ロムスマホ専門店で購入
  • 知人から使ってない端末を譲ってもらう

白ロムの購入方法は上記のような方法があります。不正製品が出回る確立が高いのはオークションやフリマなどの個人出品です。しかしオークションやフリマは価格が安いのも事実です。

安全に購入したのであれば専門店での購入がオススメです!
参考:安心取引の中古スマホ(白ロム)の販売ショップ一覧

コスパに優れたおすすめ白ロムスマホは?

ムスビー/中古ケータイ・スマホ専門サイトムスビーにて公開されている白ロムスマホの売れ筋ランキングやYahoo!ショッピングのランキングなどを参考に選出。
ランキング上位モデルはもちろんですが、動作性能が優れているのに価格が下落しているモデル、評判の良いモデルを中心に、新し目のおすすめモデルをいくつか紹介します!

Xperia XZ1 SO-01K/SOV36

Xperia XZ1 SO-01K

こちらはソニーの2017年モデル「Xperia XZ1」です。
チップセットにSnapdragon 835が搭載されているので、Antutu7のベンチマークスコアが20万前後と言うそれなりにハイスコアです。。後続機のスナドラ845を搭載したモデルが登場しているので、スペックではそちらの方が圧倒的に上ですが、もちろんそちらは価格もかなり高いです。
ドコモ版もau版も状態次第では安く入手出来ますし、こちらよりも新しいモデルはまだまだ価格が高いのでこちらをオススメします。
au版は特に価格が安いので、au系のSIMを使う予定の方には更にオススメ!
発売 ソニー/2017年11月
動作性能 Snapdragon 835/4GBRAM
AnTuTu7:20万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 5.2インチ/1920×1080 FHD
カメラ 背面1920万画素
前面1320万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 148 x 73 x 7.4 mm/156 g
カラー ムーンリットブルー
ウォームシルバー
ブラック
ヴィーナスピンク

Xperia X Compact SO-02J

Xperia X Compact SO-02J

こちらはそんなXperia XZ1よりも古いコンパクトモデル「Xperia X Compact SO-02J」です。
チップセットにSnapdragon 650が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアが10万前後を記録しています。
4.6型のHDディスプレイが搭載されており、本体サイズが129×65ミリと言うコンパクトモデルです。
発売 ソニー/2016年11月
動作性能 Snapdragon 650/3GBRAM
AnTuTu7:10万
ストレージ 内部32GB/外部256GB
ディスプレイ 4.6インチ/1280×720 HD
カメラ 背面2300万画素
前面510万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 129 x 65 x 9.5 mm/135 g
カラー ミストブルー
ホワイト
ユニバースブラック
ソフトピンク

Xperia Z5 Compact SO-02H

Xperia Z5 Compact SO-02H

こちらは2015年に登場したコンパクトモデル「Xperia Z5 Compact SO-02H」です。
チップセットにSnapdragon 810が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアが9万前後を記録しています。
4.6型のHDディスプレイが搭載されており、本体サイズが127×65ミリと言うコンパクトモデルです。古い上に動作性能もそこまで高くないので、ぎりぎり現役のラインです。
Xperia X compactと比べて価格が安いので、販売されている商品の状態や在庫次第でどちらかを選びましょう。
発売 ソニー/2016年11月
動作性能 Snapdragon 810/2GBRAM
AnTuTu7:9万
ストレージ 内部32GB/外部200GB
ディスプレイ 4.6インチ/1280×720 HD
カメラ 背面2300万画素
前面510万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 127 x 65 x 8.9 mm/138 g
カラー Yellow
Graphite Black
White
Coral

Galaxy A20 SC-02M/SCV46

Galaxy A20 SC-02M

こちらは2018年に登場した「Galaxy A20」です。
チップセットにExynos 7884Bが搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは10万前後を記録しています。
こちらはGalaxyシリーズでは珍しい格安のライトモデルです。2019年後半に登場したライトモデルの割に、価格がめちゃくちゃ安いのでオススメです。
発売 サムスン/2019年11月
動作性能 Exynos 7884B/3GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 5.8インチ/1560×720 HD+
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 150 x 71 x 8.4 mm/151 g
カラー レッド
ホワイト
ブラック

AQUOS sense3 SH-02M

AQUOS sense3 SH-02M

こちらはAQUOS senseシリーズの2019年モデル「AQUOS sense3 SH-02M」です。
チップセットにSnapdragon 630が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは11万前後を記録しております。
AQUOS senseシリーズは価格の安いライトモデルを取り扱っており、最近ではキャリアだけでなくSIMフリースマホとしても人気のモデルです。
発売 シャープ/2019年11月
動作性能 Snapdragon 630/4GBRAM
AnTuTu8:11万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.5インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 147 x 70 x 8.9 mm/167 g
カラー ライトカッパー
ブラック
ホワイトシルバー
ディープピンク

AQUOS sense2 SH-01L

AQUOS sense2 SH-01L

こちらはそんなAQUOS senseシリーズの2018年モデル「AQUOS sense2 SH-01L」です。
AQUOS sense3と比べると動作性能がかなり劣っています。チップセットにSnapdragon 450が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは7万前後て低スコアを記録。
しかしその分AQUOS sense3より安く入手出来るので、スマホをそこまで使わないとと言う方や、AQUOS sense3ほどの性能が必要ないと言う方にオススメ!
発売 シャープ/2018年12月
動作性能 Snapdragon 450/3GBRAM
AnTuTu7:7万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 5.5インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1200万画素
前面800万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 148 x 71 x 8.4 mm/155 g
カラー シャンパンゴールド
シルキーホワイト
ニュアンスブラック
ブロッサムピンク

arrows Be F-05J

arrows Be F-05J

こちらは富士通のライトモデル「arrows Be F-04K」です。
Snapdragon 410が搭載されているので、より動作性能が低くなっております。さらに価格が安いので、より安くて低スペックなモデルを探している方にオススメ。
発売 富士通/2017年6月
動作性能 Snapdragon 410/2GBRAM
AnTuTu7:3万5000
ストレージ 内部16GB/外部256GB
ディスプレイ 5.0インチ/1280×720 HD
カメラ 背面1310万画素
前面500万画素
バッテリー 2580mAh
サイズ 144 x 72 x 7.8 mm/141 g
カラー レッド
ブラック
ホワイト

iPhone 6s

iPhone 6s

こちらはiPhoneシリーズの2015年モデル「iPhone 6s」です。
iPhoneシリーズはどれも価格が高いので、予算次第では古いモデルを選択する事になります。こちらのiPhone 6sはチップセットにA9が搭載されており、AnTuTu7のベンチマークスコアは13万前後を記録しています。iPhoneを探しているのであれば、この辺りが最低ラインかなと思います。
発売 アップル/2015年9月
動作性能 Apple A9/2GBRAM
AnTuTu:10万
ストレージ 内部16~128GB/外部非搭載
ディスプレイ 4.7インチ/1334×750
カメラ 背面1200万画素
前面500万画素
バッテリー 1715mAh
サイズ 138.3 x 67.1 x 7.1 mm/143 g
カラー スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ローズゴールド

ドコモ白ロムスマホのまとめ記事

ちなみに今回紹介した白ロムスマホを含めたドコモ白ロムスマホのまとめ記事があるので、興味のある方はそちらも合わせて参考にしてみて下さい!
参考:【2020年最新】おすすめのドコモ白ロム24選【中古スマホで節約!】

あとがき

スマホをよく使う方で、ゲーム系のアプリをプレイすると言う方は、ハイスペックが必要です。今回紹介したモデルで言えばXperia XZ1がオススメです。

より高性能なモデルを使いたいと言う方は、上記で紹介したまとめ記事にハイスペックモデルがピックアップされているので、そちらをチェックしてみて下さい!

期間限定人気スマホが1円で買えちゃう投売りセール開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。