売り切れ続出の最強セール再び!!

スマホのタッチサンプリングレートを確認する方法

スマホのスペック表に記載されている「タッチサンプリングレート」という言葉をご存じでしょうか。

タッチサンプリングレートは最新スマホやゲーミングスマホでよく聞くようになりましたが、イマイチ意味が分からないという方も多いはず。

というわけで今回はタッチサンプリングレートの解説自分のスマホのタッチサンプリングレートの確認方法を紹介します。

タッチサンプリングレートとは?

タッチサンプリングレートとは?

タッチサンプリングレートは1秒間に何回スマホの画面をタッチ認識できるかを表します。

タッチサンプリングレート120Hzであれば「1秒間に120回」、240Hzであれば「1秒間に240回」のタッチを認識できます。

高タッチサンプリングレートは文字入力の早さや、タッチ速度が重要なゲーム(音ゲーやFPS)にて操作性が向上します。

<スポンサーリンク>

タッチサンプリングレートはゲームで重要

タッチサンプリングレートはゲームで重要

タッチサンプリングレートのメリットは、先ほども紹介した通り「ゲームの操作性が向上すること」です。

音ゲーやFPSゲーをやり込むのであれば、このタッチサンプリングレートにこだわる必要があります。ゲーマーにとってリフレッシュレートもかなり重要ですが、同じぐらいこのタッチサンプリングレートも重要なのです。

だからこそ高価格なゲーミングスマホでは、高タッチサンプリングレートが採用されております。

タッチサンプリングレートの確認・測定方法

GooglePlayストアにある「Touch Multitest」というアプリを使えば自分のスマホのタッチサンプリングレートを確認できます。
Touch Multitest – Google Play

タッチサンプリングレートの確認・測定方法

気になる方は、ぜひTouch Multitestでチェックしてみてください!

<スポンサーリンク>

iPhoneやGalaxyのタッチサンプリングレートは?

iPhoneやGalaxyなどの人気スマホ、様々なゲーミングスマホ、そしてミドルクラスのスマホのタッチサンプリングレートを比較してみました。

iPhone 12 120Hz
iPhone 11 120Hz
iPhone X 120Hz
Galaxy S21 240Hz
Galaxy S20 240Hz
ROG Phone 5 300Hz
Red Magic 6 500Hz
Black Shark 4 720Hz
OPPO Reno5 A 180Hz
Mi 11 Lite 5G 320Hz
Xperia 1 Ⅲ 240Hz

最近のモデルはどれも240Hzを上回る高タッチサンプリングレートが採用されています。それでもやはりゲーミングスマホは段違いに高いですね。

タッチサンプリングレートとリフレッシュレートの違い

タッチサンプリングレートと似た言葉で「リフレッシュレート」と呼ばれるものがあります。

リフレッシュレートは1秒間に画面に表示できるコマ数(画像枚数)のことを指します。タッチサンプリングレートと同じ「Hz」単位で表されます。

60Hzなら1秒間に60枚の画像が表示でき、240Hzなら240枚の画像が表示できます。高リフレッシュレートであるほど画面が滑らかに動くので、こちらもまたFPSゲームなどで重要な要素となります。

blank スマホのリフレッシュレートを確認する方法

<スポンサーリンク>

まとめ

まとめ

というわけでタッチサンプリングレートについて紹介してみました。

ざっくりと言ってしまえば、スマホの画面のタッチ感度のことです。高タッチサンプリングレートの場合はタッチがすぐに認識され、すぐに入力されます。

記事中にお話しした通り、音ゲーやFPSをやり込むのであれば、このタッチサンプリングレートが重要だということを覚えておいてください(*´▽`*)

期間限定前回売り切れ続出!!スマホ投売りセール再び開催!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。