「Reno A」が12,200円で買える格安セールが開催!

Ulefoneスマホはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

海外のタフネススマホと言えばBlackviewが有名ですが、実はもう1つ有名なメーカーが存在します。

それが今回紹介する「Ulefone(ウレフォン)」と言う名前のメーカーです。

Ulefoneのスマホはゴツゴツした見た目のタフネスモデルの「Ulefone Armor」シリーズが有名ですが、大容量バッテリーを搭載した「Ulefone Power」シリーズも人気です。

今回はそんな有名なタフネススマホ「Ulefone」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

Ulefoneはどこの国のメーカーなの?

Ulefoneはどこの国のメーカーなの?

Ulefone(ウレフォン)は、中国の深セン市に本社を置くスマホメーカーです。GearbestやETORENなどの輸入店だけでなく、日本のAmazonでも一部のモデルを購入することが出来ます。

Ulefoneスマホの特徴は?

Ulefoneスマホの特徴は?

Ulefoneスマホはタフネスモデル大容量バッテリー搭載モデルが主なシリーズです。

看板シリーズでもある「Ulefone Armor」は、日本のAmazonでもたくさんのモデルが販売されています。Ulefoneのスマホに興味のある方のほとんどが「Ulefone Armor」目当てなのではないかと思います。

Ulefoneスマホは買っても大丈夫なの?

海外の中華スマホなんかを探していると、「買わない方が良い」という意見が出るときがあります。

これは「初期不良の多さや壊れやすさ」と言う中華製品のイメージからきているのですが、Ulefoneの場合は大丈夫だと思います。と言うのも日本人のブログでレビュー記事がたくさん出回っていますし、一部のモデルではかなりの高評価を得ているからです。

ただしUlefone Armorは動作性能が低いモデルが多いので注意が必要です。低スペックモデルを使ったことがない方が初めて低スペックモデルを使うと「モッサリ感」がスゴイですからね。あくまでサブ機として使う方や、スマホをあまり使わないと言う方にオススメです。

結論を言えば、「Ulefoneシリーズは買っても問題ないが、動作性能が低いモデルが多いので使い方に注意」です。

Ulefoneスマホはどこで買うの?

Ulefoneの「Ulefone Armor」シリーズは、日Amazonでも数多くのモデルが販売されておりますし、もちろん海外スマホの輸入店で個人輸入することも可能です。

Ulefoneのおすすめモデルをまとめた記事があるので、もしUlefoneスマホを探している方がいればそちらも参考にしてみて下さい!
参考:【2020年最新】Ulefoneのおすすめスマホ6選

Ulefoneスマホの評判は?

とは言えあくまで筆者イッテツの個人的な意見なので、実際にUlefoneスマホを購入したことのあるユーザーの意見をまとめてみました。

Ulefoneのおすすめスマホを紹介

Ulefoneスマホは先ほどお話した通り、タフネスモデルの「Ulefone Armor」や大容量バッテリー搭載の「Ulefone power」がオススメです。【2020年最新】Ulefoneのおすすめスマホ6選で取り上げているいくつかのモデルを紹介しておくので、Ulefoneのスマホを探している方やタフネススマホを探している方は、参考にしてみて下さい!

Ulefone Armor 6

Ulefone Armor 6

こちらはUlefoneのタフネスモデル「Ulefone Armor 6」です。
チップセットにMT6771が搭載されており、AnTuTu7のベンチマークスコアが13万前後となっております。これまで紹介したモデルよりはハイスコアですが、この程度だと重い3D系のゲームなどは厳しいでしょう。こちらはau回線が非対応なので注意。
発売 Ulefone/2018年5月
動作性能 MT6771/6GBRAM
AnTuTu7:13万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.2インチ/2246×1080 FHD+
カメラ 背面2100万+1300万画素
前面1300万画素
バッテリー 5000mAh
防水防塵 対応
サイズ 166 × 83 × 13.3 mm/267.5 g
価格 400ドル前後

Ulefone Armor 6E

Ulefone Armor 6E

こちらはUlefone Armor 6の後続モデル「Ulefone Armor 6E」です。
チップセットが強化されており、AnTuTu7のベンチマークスコアが14万前後となっております。前作モデルからチップセットは強化されていますが、その代わりRAMとカメラ性能がグレードダウンしています。耐久性能やサイズは変わらないので、そこまでカメラを使わないと言う方はこちらの端末も方がお買い得です。
発売 Ulefone/2019年5月
動作性能 MT6771T/4GBRAM
AnTuTu7:14万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.2インチ/2246×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
防水防塵 対応
サイズ 166 × 83 × 13.3 mm/267.5 g
価格 300ドル前後

Ulefone Power 6

Ulefone Power 6

こちらは大容量バッテリー搭載モデルの「Ulefone Power 6」です。
チップセットはMT6765が搭載されており、AnTuTu7のベンチマークスコアが85000前後となっております。そこまでスコアが高くないので、あくまで普段使いが快適なレベルだと思ってください。6350mAhもの大容量バッテリーが搭載されているので、何日間も使うことが出来ます。また海外スマホでは珍しくドコモ・au・ソフトバンク回線にフル対応しているので、どんな回線でも使うことが出来ます。
発売 Ulefone/2019年6月
動作性能 Helio P35 MT6765/4GBRAM
AnTuTu7:8万5000
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.3インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 6350mAh
防水防塵 非対応
サイズ 159.15 × 75.8 × 9.95 mm/207 g
価格 200ドル前後

Ulefone Power 5

Ulefone Power 5

こちらはそんなUlefone 6の前作モデル「Ulefone Power 5」です。
バッテリー容量は脅威の13000mAhと言う数値で、トップクラスのバッテリー容量を誇ります。CPUにMT6737Vが搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアが75000前後となっております。そこまでスコアが高くないので、こちらもあくまで普段使いに。残念ながらドコモ回線とau回線の相性が良くないので、ドコモ回線やau回線で使いたいと言う方はUlefone power 6を選びましょう。
発売 Ulefone/2018年5月
動作性能 MT6737V/6GBRAM
AnTuTu:7万5000
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.0インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面2100万+500万画素
前面800万+500万画素
バッテリー 13000mAh
防水防塵 非対応
サイズ 169.4 × 80.2 × 15.8 mm/330 g
価格 342ドル

まとめ

Ulefoneスマホはタフネスモデルが有名です。もちろんタフネスモデルである「Ulefone Armor」がオススメですが、大容量バッテリーを搭載した「Ulefone Power」シリーズも何気に人気があります!

SNSなどを見てみると、Powerシリーズを購入している方の意見が多いですし、日本のスマホではありえないほどの大容量バッテリーが搭載されているからオススメです。タフネスモデルを探している方だけでなく、大容量バッテリーを搭載したモデルをお探しの方も、ぜひUlefoneスマホを検討してみて下さいね!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。