OCNでnova lite3やAQUOS sense2が800円で買える限定セール開催!【9月30日まで】

SIM無しスマホはWiFiのみで使える?iPhoneは注意!

スマホを機種変更したら、前まで使っていた端末が不要になりますよね。今回はそんないらなくなったスマホを使う方法を紹介します。

Wi-Fiのみで使えるの?

SIM無しのスマホはWi-Fiのみで使うことが出来ます!
機種変更で使わなくなったスマホ、中古で購入したスマホ、知り合いのお古スマホなど、使い道がないスマホもWi-Fi運用で活用することが出来ます。

設定はほぼ不要

SIM有りスマホでWi-Fiに接続するのと同じで、初期設定のみ行う必要があります。Wi-Fiを使ったことがある方なら分かると思いますが、一度設定すれば、そこからは自動で接続してくれます。

iPhoneは初期化に注意

お古のiPhoneをWi-Fiのみで運用する場合、1つ問題点があります。初期化したiPhoneは起動時に、「アクティベーションが必要」と表示される場合があります。アクティベーションは初期設定ことです。このアクティベーションをクリアして初めてiPhoneを使うことが出来ます。アクティベーションの認証にはSIMが必要なので、初期化したiPhoneをWi-Fiのみで運用する場合の一番の壁となります。

もちろんSIMカードがあれば解決出来ますが、当記事のタイトルにもあるように「SIM無し」で「Wi-Fi運用」を考えている方もいるはずなので、別の解決策を紹介します。

アクティベーション用SIMを使う

こちらの商品のように、アクティベーション用のSIMカードが500円前後で販売されているので、こういったものを使ってアクティベーションの認証を突破しましょう。手順はシンプルで簡単です。

  1. iPhoneの電源をオフ
  2. SIMトレイを取り出す
  3. アクティベーション用SIMを装着
  4. iPhoneの電源をオン
  5. 認証突破

SIMトレイの場所や取り出し方は端末によって違うので、グーグルに聞いてください。「iPhone5 SIMトレイ」のように検索すれば情報が出てくるはずです。

SIM無しWi-Fi運用にかかる費用は?

上記で解説したアクティベーションの認証が必要な場合のみ、アクティベーション用SIMの費用がかかります。当たり前ですが、家にWi-Fi環境が無ければ新たに契約する必要があるので、回線の料金が必要になります。

Wi-Fiのみで使う場合のおすすめ設定

Wi-Fiのみで通信する場合、モバイルデータの通信をオフにしましょう。バックグラウンドでモバイルデータに絡んだアプリが動作すると、バッテリーが消耗するからです。
他にも位置情報やBluetoothなども使わないのであれば、オフにしましょう。理由はモバイルデータと同じで、バッテリーが消耗してもったいないからです。

Wi-Fi運用で出来ないことは?

Wi-Fi経由でインターネット回線に接続しているので、基本的にはほとんどのことが出来ます。出来ないことがあるとすればモバイルデータ絡みのことです。代表的なものは「電話」「SMS」の2つでしょうか。これに伴って、電話認証やSMS認証が出来ないので、痛手になる可能性も。

あとは当たり前の話ですが、Wi-Fiエリア外での通信は出来ません。例えば家のWi-Fiで運用しているのであれば、外出時には通信できません。(ポケットWi-Fiや別のWi-Fiスポットを使えば通信可)

まとめ

スマホは機種変更して、使わなくなったとしても、今回のようにWi-Fiを利用すればサブ機として使うことが出来ます。アプリのサブアカウントであったり、動画視聴用、音楽再生用などなどインターネットさえ繋がっていれば使い道は様々です。

使い終わったお古のスマホを使って、より快適なスマホライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。