前回売り切れ続出!!超オトクな乗り換えセール開催中!!

【2024年最新】MediaTek Dimensity搭載スマホまとめ【Snapdragonとどっちが良い?】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「Dimensityって一体どこの国のチップセットなの?」
「Snapdragonよりも性能良いの?」

と気になっている方に向けて、今回は「Dimensity」というチップセットについて紹介します。

買おうと思っているスマホのチップセットが「Dimensity」だったら、やはり性能が気になりますよね。最近はハイスペックなDimensity 9000台のモデルなんかも日本スマホに搭載されていますからね。

なんと言ってもDimensityシリーズはSnapdragonよりもコストが安いのが特徴です。コスパの良いモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください(*´▽`*)

おすすめキャンペーン!!
\ 前回売り切れ続出! /
IIJmio(みおふぉん)
IIJmioblank
超お得な乗り換えセール開催中
6月3日までの期間限定なのでお早めに!!

Dimensityはどこの国のメーカー?

Dimensityはどこの国のメーカー?

Dimensityは、台湾の半導体企業であるMediaTek社のチップセットです。昔はよくHUAWEIのスマホや格安スマホに搭載されておりましたが、最近では5G対応のハイスペックモデルにも搭載されております。

<スポンサーリンク>

DimensityとSnapdragonの違い

DimensityとSnapdragonの違い

スマホのチップセットと言えば、米国の半導体企業であるQualcomm社の「Snapdragon」シリーズが主流です。

Snapdragon 480やSnapdragon 695、Snapdragon 8 Gen1などよく見かけますよね。

そんなSnapdragonとDimensityの違いは、性能・ブランド価値・価格です。

一般的にSnapdragonの方が高性能と言われており、さらにブランド価値もあって、同等クラスのチップセットもSnapdragonの方が高い傾向にあります。

なので個人的にDimensity搭載モデルを選ぶメリットは「コスパの良さ」かなと思います。実際AnTuTuのベンチマークが同じぐらいのスマホでも、Dimensity搭載モデルの方が安いですから。

日本で販売されているDimensity搭載モデル

日本で販売されているDimensity搭載モデルをまとめてみました。どれもコスパが優れているのでおすすめです。

Xiaomi 13T Pro(Dimensity 9200+)

blank

こちらは2023年12月に登場したハイスペックモデル「Xiaomi 13T Pro」です。
チップセットにDimensity 9200+が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは160万前後を記録しています。
ベンチマークスコアだけで言えばSnapdragon 8 Gen2並のスコアです。10万円前後と高額ですが、コスパで言えばむしろ優秀な部類です。

発売 Xiaomi/2023年12月
動作性能 Dimensity 9200+/12GBRAM
AnTuTu:160万
ストレージ 内部256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.7インチ/2712×1220 FHD+ 有機EL
カメラ 背面5000万+5000万+1200万画素
前面2000万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 162 x 76 x 8.6 mm/200 g
参考価格 100,000円前後

Xiaomi 13T(Dimensity 8200-Ultra)

Xiaomi 13T

こちらはXiaomi 13T Proの下位モデル「Xiaomi 12T Pro」です。
チップセットにDimensity 8200-Ultraが搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは95万前後を記録しています。
auモデルのみとなっておりますが、海外版はAmazonなどでも購入できます。輸入品で価格は7万円ほど。こちらもコスパは良いですね。

発売 Xiaomi/2023年12月
動作性能 Dimensity 8200-Ultra/8GBRAM
AnTuTu:95万
ストレージ 内部256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.7インチ/2712×1220 FHD+ 有機EL
カメラ 背面5000万+5000万+1200万画素
前面2000万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 162 x 76 x 8.6 mm/200 g
参考価格 70,000円前後

motorola edge 40(Dimensity 8200)

motorola edge 40

こちらは2023年7月に登場した「motorola edge 40」です。
チップセットにDimensity 8200が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは75万前後を記録しています。
モトローラのおサイフケータイ対応ミドルレンジモデル。バッテリー容量がやや少なめですが、全体的にバランスが良い感じです。

発売 モトローラ/2023年7月
動作性能 Dimensity 8200/8GBRAM
AnTuTu:75万
ストレージ 内部256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.55インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面5000万+1300万+120万画素
前面3200万画素
バッテリー 4400mAh
サイズ 158 x 72 x 7.6 mm/171 g
参考価格 55,000円前後

OPPO A79 5G(Dimensity 6020)

OPPO A79 5G

こちらは2024年2月に登場した「OPPO A79 5G」です。
チップセットにDimensity 6020が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは38万前後を記録しています。
OPPOのライトモデルです。2万円台で買えるスマホの中でもトップクラスにバランスが良いモデルです。

発売 OPPO/2024年2月
動作性能 Dimensity 6020/4GBRAM
AnTuTu:38万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.7インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面5000万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 166 x 76 x 8 mm/193 g
参考価格 27,000円前後

Xiaomi 11T(Dimensity 1200 Ultra)

Xiaomi 11T

こちらは2021年11月に登場したハイスペックモデル「Xiaomi 11T」です。
チップセットにDimensity 1200 Ultraが搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは58万前後を記録しています。
リフレッシュレート120Hz有機ELディスプレイ、10800万画素カメラ、67W急速充電、5G通信などなど、当時の最新機能が詰め込まれたスマートフォンです。

発売 Xiaomi/2021年11月
動作性能 Dimensity 1200 Ultra/8GBRAM
AnTuTu:58万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面10800万+800万+500万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 164.1 x 76.9 x 8.8 mm/203 g
参考価格 55,000円

Libero 5G III(Dimensity 900)

こちらは2022年12月に登場した「Libero 5G III」です。
チップセットにDimensity 900が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは35万前後を記録しています。
ワイモバイルのZTE製格安モデル。かなり安く入手できますが、AnTuTuがそれなりにあるのでコスパは良いです。

発売 ZTE/2022年12月
動作性能 Dimensity 900/4GBRAM
AnTuTu:35万
ストレージ 内部64GB/外部1TB
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面1300万+200万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 4120mAh
サイズ 168 x 78 x 9.1 mm/207 g
参考価格 20,000円

edge 20 fusion(Dimensity 800U)

MOTOROLA edge 20 fusion

こちらはモトローラedge 20の下位モデル「MOTOROLA edge 20 fusion」です。
チップセットにDimensity 800Uが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは35万前後を記録しています。
10800万画素レンズや6.7インチ大画面ディスプレイが特徴のコスパ良スマホです。

発売 MOTOROLA/2021年10月
動作性能 Dimensity 800U/6GBRAM
AnTuTu:35万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.7インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面10800万+800万+200万画素
前面3200万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 166 × 76 × 8.25 mm/185 g
カラー エレキグラファイト
参考価格 40,000円前後

edge 20 fusionの開催キャンペーン

    現在開催中のキャンペーン無し

nubia Ivy

nubia Ivy

こちらは「nubia Ivy」です。
チップセットにDimensity 700が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは35万前後を記録しています。
珍しいZTEのSIMフリーモデル。おサイフケータイ対応でバランスの良いライトモデルです。

発売 ZTE/2024年3月
動作性能 Dimensity 700/6GBRAM
AnTuTu:35万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.6インチ/2408×1080 FHD+
カメラ 背面5000万+200万画素
バッテリー 4420mAh
サイズ 166 × 76 × 8.6 mm/194 g
カラー ブラック
参考価格 31,000円

<スポンサーリンク>

Dimensityは海外スマホに多く搭載されている

Dimensityを搭載した日本モデルもコスパが優秀ですが、海外モデルではさらにヤバイクラスのスマホが販売されています。

中でも最近筆者が購入した「POCO X6 Pro」はマジでおすすめです。

こちらはなんとAnTuTuベンチマークスコア130万超えで4万円台という驚異のコストパフォーマンスを誇ります。

日本Amazonでは輸入品が少し割高で販売されておりますが、アリエクで直接買った方が安いです。開催されているセール次第ではROM512GBモデルですら4万円台で売られていることがあります!

レビュー記事の方で購入先を紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

まとめ

というわけで今回は、台湾MediaTek社のDimensityシリーズを搭載したスマホを紹介してみました。

知名度や技術的な面ではSnapdragonの方が安牌ですが、コストを重視するのであればDimensityの方がおすすめです!

とくに記事の最後に紹介した「POCO X6 Pro」はコスパ最強クラスなので、気になる方はチェックしてみてください(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です