「Galaxy Feel2 SC-02L」と前作「Galaxy Feel SC-04J」のスペックの違いを比較!

NTTドコモのキャンペーン「docomo with」対象端末であるサムスン製「Galaxy Feel2 SC-02L」とその前作にあたる「Galaxy Feel SC-04J」からどの様な部分が進化したのかスペックの違いを比較してみました!

Galaxy Feel2とGalaxy Feelのスペック比較

スペック比較表
名称 Galaxy Feel2 SC-02L Galaxy Feel SC-04J
画像
メーカー サムスン
キャリア NTTドコモ
発売時期 2018年11月 2017年6月
OS Android 8.1 Android 7.0
CPU Exynos 7885 Exynos 7870
RAM 4GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大512GB 最大256GB
画面サイズ 5.6 インチ 4.7 インチ
画面解像度 1480×720 1280×720
背面カメラ 1600万画素 1600万画素
前面カメラ 1600万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
149 mm 138 mm
機種サイズ
(横幅)
70 mm 67 mm
機種サイズ
(厚み)
8.4 mm 8.3 mm
機種重量 168 g 149 g
カラー フロストホワイト
オパールブラック
オーロラピンク
オパールピンク
インディゴブラック
ムーンホワイト
オーロラグリーン

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの価格比較

どちらもライトモデルなので端末価格自体もキャリアスマホの中では安い方です。

Galaxy Feel2の
「 42,120円 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 33,600円 」になります。

あくまで端末代金です。もちろん「docomo with」が適用されるので実質負担金ではもっと安くなります。

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSに違いがあります。

Galaxy Feel2の
「 Android 8.1 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 Android 7.0 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUが変更されています。

Galaxy Feel2の
「 Exynos 7885 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 Exynos 7870 」になります。

どちらの端末も自社開発のExynosが搭載されており、今作では前作の7870からアップグレードされた7885が搭載されております。

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMも増設されています。

Galaxy Feel2の
「 4GB 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 3GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

Galaxy Feel2の
「 最大512GB 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズも変更されております。

Galaxy Feel2の
「 5.6 インチ 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 4.7 インチ 」になります。

前作ではスタンダードでコンパクトなディスプレイが搭載されておりましたが、
今作では5.6型のワイドディスプレイが搭載されています。ちなみにどちらも有機ELです。

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「画面解像度」

それに伴い画面解像度も変更されております。

Galaxy Feel2の
「 1480×720 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 1280×720 」になります。

前作では縦横比16:9のHDディスプレイが搭載されておりましたが、今作では縦横比18:9のHD+ディスプレイが搭載されております。

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「カメラ」

インカメラの画素数も変更されています。

Galaxy Feel2の
「 1600万画素 」に対して、
前作Galaxy Feelは
「 500万画素 」になります。

今作のGalaxy Feel2では前面にも1600万画素と言う高画素なレンズが採用されました。

Galaxy Feel2とGalaxy Feelの違いを比較「サイズ」

ディスプレイの変更もあって、端末サイズ自体は前作の方がコンパクトで薄型軽量となっております。

まとめると

大きな変更点と言う意味では、ディスプレイとインカメラの変更が主です。
ディスプレイは縦横比16:9のスタンダードディスプレイからトレンドでもある縦横比18:9のワイドディスプレイへと変更されています。
もちろんそれに伴って端末サイズはやや大きくなってしまいましたが、ベゼルレス設計が採用されているのである程度は抑えられています。

またカメラも変更点があります。
背面カメラではF値が1.9から1.7へと変更されており、インカメラは画素数が500万画素から1600万画素へと変更されています。

CPUも後続モデルへとアップグレードされていますし、RAMも1GB増設されているので、動作性能も向上しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。