OPPOとXiaomiはどっちがいい?おサイフケータイとコスパが比較ポイント

最近やたらと人気の高い「OPPO」「Xiaomi」のスマホはどっちを買えばいいの…?

どのSIMフリースマホを買うか迷っている方の中には、このような悩みを抱えている方も多いはず。

最近は世界的に中国製スマホのシェア率が高くて、日本でも多くの中国メーカーが猛威を振るっています。中でもとくに今回取り上げている「OPPO」「Xiaomi」の勢いは凄くて、コストパフォーマンスだけで言えば他のメーカーじゃ太刀打ちできないレベルです。

というわけで今回は、世界的にも日本的にも勢いのある中国の2大スマホメーカー「OPPO」と「Xiaomi」の違いについてまとめてみました。どちらのスマホを買うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

OPPOとXiaomiはどちらを選べば良いのか?

OPPOとXiaomiはどちらを選べば良いのか?

どちらもコスパの良さが特徴なのですが、中でもXiaomiが販売しているRedmiシリーズのコスパの良さは異常です。とくにこだわりが無く、コスパ重視でスマホを選ぶのであればXiaomiのRedmiシリーズを選びましょう。

blank 【Redmi Note 9S実機レビュー】2万円台でAnTuTuベンチマーク25万はもはや反則レベル

現在日本で販売されている代表スマホ「Redmi Note 9S」はAnTuTuベンチマークスコア25万で価格は2.5万円ほど。他のメーカーだと4万円ぐらいするランクのスマホが半額近くで販売されているのは正直すごすぎます。

blank 【Redmi 9T レビュー】コスパ最強間違いなしの2万円スマホを開封!

またその後発売された「Redmi 9T」も、AnTuTuベンチマークスコア18万で価格が税込み17,490円と異常な安さ。

コスパ重視で選ぶなら間違いなくXiaomiのRedmiシリーズが最強!

blankイッテツ

一方でOPPOが2018年に発売した「Reno A」もコスパの良さから大人気の端末で、価格.comの売れ筋ランキングでも長い間1位をキープしていました。Redmiが登場するまではコスパ最強スマホだったのです。

そんなOPPOのRenoシリーズは、XiaomiのRedmiシリーズと比べると単純なコスパでは劣っていますが、その代わりおサイフケータイ対応というアドバンテージがあります。

blank 【開封レビュー】OPPO Reno3 Aは前作からスペックダウンしたけど総合的には大幅強化!

こちらは2020年に登場したおサイフケータイ・防水防じん対応の「Reno3 A」です。売れ筋ランキングではいまだに上位にランクインしている大人気スマホ。

blank 【OPPO A73 実機レビュー】3万円で買えるeSIM対応の万能スマホを開封!

そしてこちらは2020年冬に登場した「OPPO A73」です。おサイフケータイ非対応ですが、その代わりeSIMに対応しています。eSIMはネット上で手続きができるデジタルSIMのことで、今後流行るであろう機能です。

OPPOのスマホは、単純なコスパでXiaomiのRedmiシリーズに勝てませんが、おサイフケータイやeSIMなどの特殊機能を搭載したスマホがあるので、これらの機能を使うユーザーは必然的にOPPOのスマホを選ぶことになります。

おサイフケータイやeSIMを使いたいユーザーはOPPOを選ぶべし!

blankイッテツ

OPPOとXiaomiの人気モデルを比較

現在売れ筋上位の人気スマホ「Xiaomi Redmi 9T」と「OPPO Reno3 A」のスペックを比較してみました。

blank

名称 Redmi 9T OPPO Reno3 A
メーカー Xiaomi OPPO
発売時期 2021年2月 2020年6月
OS MIUI 12
(Android 10ベース)
ColorOS 7.1
(Android 10ベース)
CPU Snapdragon 662
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
Snapdragon 665
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 128GB
外部ストレージ 最大512GB 最大256GB
ディスプレイ 6.53 インチ 6.44 インチ
有機EL
画面解像度 2340×1080
FHD+
2400×1080
FHD+
アスペクト比 19.5:9 20:9
画面占有率 不明 89.9%
背面カメラ 4800万画素
800万画素
200万画素
200万画素
4800万画素
800万画素
200万画素
200万画素
前面カメラ 800万画素 1600万画素
バッテリー 6000mAh 4025mAh
急速充電 18W 18W
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0
DSDS DSDV DSDV
トリプルスロット 対応
生体認証 指紋
指紋
防水防塵 防滴 IP68
おサイフケータイ 対応
通信(5G)
通信(4G) B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41
通信(3G) B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 162.3 mm 160.9 mm
機種サイズ (横幅) 77.3 mm 74.1 mm
機種サイズ (厚み) 9.6 mm 8.2 mm
機種重量 198 g 175 g
カラー オーシャングリーン
カーボングレー
ホワイト
ブラック
参考価格 15,900円 40,000円前後

大人気の両端末ですが、動作性能がほとんど同じなので、価格やコスパ重視で選ぶならRedmi 9Tがおすすめ。そしておサイフケータイを利用するつもりならOPPO Reno3 Aを選びましょう。

Xiaomiスマホでおサイフケータイを使う裏技

Xiaomiスマホでおサイフケータイを使う裏技

OPPOスマホを選ぶメリットとして「おサイフケータイ」を挙げましたが、Xiaomiのスマホ全てが非対応というわけではありません。

実はソフトバンクの専売モデルとして販売されている「Redmi Note 9T」という端末がおサイフケータイに対応しています。Redmi Note 9Tはソフトバンク専売なので通常スマホ単体で購入できませんが、SIMロック解除された白ロム(中古)スマホを買えば格安SIMでも使えます!

blank

まだあまり出回っていないので、Amazonや楽天市場では販売されていませんでしたが、白ロムスマホの専門店イオシスblankムスビーblankでたまに出品されています。チェックしてみてください。

<スポンサーリンク>

まとめ

今回の記事をまとめると下記の通り。

  • コスパ重視で選ぶならXiaomi
  • おサイフケータイが必要ならOPPO
  • Redmi Note 9Tの白ロムはおサイフケータイが使える

こんな感じです。あくまで2020年春時点のお話なので、今後OPPOにコスパ重視のスマホが登場したり、Xiaomiにおサイフケータイ対応のSIMフリースマホが登場するかもしれませんのであしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。