前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

【2022年最新】テザリング用スマホのおすすめ機種は?

最近は、昔と比べてデータ容量の多いプランが本当に安くなりましたよね。

サービスによってはデータ使い放題のプランなども存在しているので、うまくテザリングを使えばモバイルルーターのように扱うことができるのでおすすめです。

とくに今年は楽天モバイルの1年間無料キャンペーンが開催されていたこともあって、テザリング用のスマホを購入した人も増えたはず。

※現在は「3か月無料キャンペーン+ポイント還元」を実施中です。
興味のある方は楽天モバイル楽天モバイルにてチェックしてみてください。

例えばテザリング用スマホに楽天モバイルを入れておけば、出先でノートパソコンやタブレットからインターネットに接続することができます。出先で作業ができるので、この仕組みは人によってはかなり重宝します。

というわけで今回はテザリング用スマホのおすすめ機種をピックアップしてみました。モバイルルーター代わりのテザリング用スマホをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

テザリング用スマホは大容量バッテリーが必要

テザリング用スマホは大容量バッテリーが必要

テザリングをしている間、親機の方も通信が続くため、バッテリーが徐々に消耗していきます。

もしアクセスした別端末の方で長時間ネットを使うのであれば、テザリング用に大容量バッテリーを搭載したスマホを選ぶ必要があります。

テザリング用スマホを探しているのであれば、バッテリー容量やバッテリー持ちの良さに定評のあるモデルを選びましょう。

<スポンサーリンク>

バッテリーさえ良ければ格安スマホでオッケー

バッテリーさえ良ければ格安スマホでオッケー

テザリング用スマホは、ようするに他機器へ回線を飛ばすモバイルルーターのような役割です。

もちろんそのスマホでネットを使うことができますが、基本的に別機器でネットを使う事が多いと言う場合は、テザリング用スマホのスペックが低くても問題ありません。

単純にテザリングさえできればいいわけですから、動作性能などにこだわる必要はありません。スペックよりも価格の安さを優先して端末を選びましょう。

テザリング用スマホの条件
  • バッテリー持ちが良い
  • 価格が安い

おすすめのテザリング用スマホ

というわけで大容量バッテリーを搭載したおすすめの格安スマホを紹介します。

Redmi 9T

Redmi 9T

こちらはXiaomiのコスパ最強スマホ「Redmi 9T」です。
チップセットにSnapdragon 662が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは18万前後を記録。6000mAhバッテリー搭載で価格も安いのでテザリング向き。
発売 Xiaomi/2021年2月
動作性能 Snapdragon 662/4GBRAM
AnTuTu8:18万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.53インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+200万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 162.3 × 77.3 × 9.6 mm/198 g
カラー オーシャングリーン
カーボングレー
価格 17,490円(税込)
Redmi 9Tの開催キャンペーン

  • OCNモバイルONEblank
    乗り換え価格:7,553円(乗り換え割引!!)

    Redmi 9T(13,053円)を他社からの乗り換えで契約すると5,500円割引が適用されます。

blank 【Redmi 9T レビュー】コスパ最強間違いなしの2万円スマホを開封!

moto g8 power lite

moto g8 power lite

こちらはモトローラmoto g8 powerの廉価版モデル「moto g8 power lite」です。
チップセットにHelio P35が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは10万前後と低スコアを記録。バッテリー容量は5000mAhですが、画面解像度がHD+なのでバッテリー持ちがFHD+よりも優秀。価格も2万円以下で安いですが、唯一microUSB採用が残念なところ。
発売 モトローラ/2020年9月
動作性能 Helio P35/4GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1600万+200万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 164.9 × 76.8 × 9.2 mm/200 g
カラー ロイヤルブルー
ポーラブルー
価格 2万円前後
moto g8 power liteの開催キャンペーン

現在開催中のキャンペーン無し

blank 【moto g8 power lite 開封レビュー】格安でトリプルレンズ搭載!だけど色々残念…。

moto g50 5G

moto g50 5G

こちらはモトローラの5G対応モデル「moto g50 5G」です。
チップセットにDimensity 700が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは30万前後を記録しています。
5G対応の3万円スマホです。画面解像度がHD+なのでかなり省エネです。価格.comのレビュー評価でバッテリーが超高評価な端末です。
発売 MOTOROLA/2021年10月
動作性能 Dimensity 700/4GBRAM
AnTuTu8:30万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面4800万+200万+200万画素
前面1300万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 167 × 76.4 × 9.26 mm/206 g
カラー テンダーグリーン
メテオグレイ
参考価格 30,000円前後

OPPO A5 2020

OPPO A5 2020

こちらはOPPOのライトモデル「OPPO A5 2020」です。
Snapdragon 665を搭載しており、AnTuTu8のベンチマークスコアが17万前後を記録。こちらもHD+ディスプレイが搭載されているのでバッテリー持ちがかなり優秀。
発売 OPPO/2019年11月
動作性能 Snapdragon 665/4GBRAM
AnTuTu8:17万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1200万+800万+200万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 163.6 × 75.6 × 9.1 mm/195 g
カラー グリーン
ブルー
価格 25,000円前後
blank 【開封レビュー】OPPO A5 2020はコスパ最強かも!?【バッテリー持ち最強!】

<スポンサーリンク>

モトローラスマホが意外と良さげ

モトローラは、バッテリー持ちの良いライトモデルをいくつか販売しているので、今回の条件にはぴったりかもしれません。

おすすめ機種として「moto g8 power lite」と「moto g50 5G」をピックアップしましたが、他にも大画面のライトモデルやもっと価格の安いモデルなど色々あるので、気になる方は下記のランキング記事をチェックしてみてください。

blank 【2022年最新】モトローラスマホのおすすめ端末ランキングベスト10

テザリング用に中古スマホをおすすめしない理由

テザリング用に中古スマホをおすすめしない理由

テザリング用スマホに中古を検討している方は注意してください。というのもスマホが搭載しているリチウムイオンバッテリーは使えば使うほど劣化していくからです。

バッテリーが劣化しているスマホは、バッテリー消耗が速くなるので、テザリングには向いていません。なのでテザリング用にスマホを選ぶのであれば中古スマホは微妙です。

<スポンサーリンク>

海外スマホはテザリングができない!?

今回は国内で取り扱われているスマホをおすすめ機種として紹介しましたが、Amazonや輸入店などで販売されている海外スマホを選ぶのも手です。ただし一部の海外スマホはテザリングができなかったり、設定が必要な場合があるので注意してください。

実際に筆者はOUKITELのスマホでテザリングができませんでした。(参考:OUKITELスマホはテザリングができない【ルーター代わりに買う予定の人は注意】
OUKITELの一部モデルでは中華スマホからしか接続ができないのです。。

またこちらの記事で紹介しているのですが、Xiaomiの一部端末では初期設定が必要でした。該当する方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。