前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

【moto g32 レビュー】2万円台コスパ最強スマホ登場!90Hz・ROM128GB・急速30W・ステレオ対応!

個人的に注目していたモトローラのライトモデル「moto g32」を購入したので開封レビューしていきます。

moto g32は2022年9月に登場した3万円で買えるスマホです。価格は安いのですがスペックがそれなりに優秀なのでおすすめです。

moto g32はどのようなユーザーにおすすめなのか、先に3つのポイントを紹介しておきます!

  • 価格の安いモデルを探している人
  • スペックの優秀なライトモデルを探している人
  • キャンペーンでスマホを激安で入手したい人

このような方は要チェックです(*´▽`*)

まず1つ目の「価格の安いモデルを探している人」ですが、moto g32の発売時価格は「28,800円」です。3万円以下のかなり安いモデルで、スマホをあまり使わないライトユーザーに向けたものとなっております。

続いて「スペックの優秀なライトモデルを探している人」ですが、

moto g32はとにかく格安ながらにスペックのバランスが良いです。例えば、、

  • 内部ストレージ128GB搭載
  • リフレッシュレート90Hz対応
  • 急速充電30W対応
  • ステレオスピーカー搭載

こんな感じで3万円の割にスペックが優秀なのでコスパも抜群です!

そして最後の「キャンペーンでスマホを激安で入手したい人」ですが、moto g32は早速「OCNモバイルONE」と「IIJmio」にて取り扱いが決定しております。

OCNもIIJmioもキャンペーン利用時の端末セット購入が激安なのです。

moto g32の開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:4,980円(乗り換えがお得!!)

    乗り換え応援キャンペーン
    moto g32(22,980円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、18,000円割引が適用されます。
    さらに「初期費用1,650円割引」「プラン料金6か月間440円割引」「通話定額オプション7か月間410円割引」も適用されます!
    2022年11月30日までの期間限定なのでお早めに。
    >>キャンペーン詳細はこちらから
  • OCNモバイルONEblank
    端末価格:6,820円(投売り特価!!)

    人気のスマホSALE
    moto g32(25,500円)をセール期間中に購入すると18,680円割引が適用されます!
    2022年12月26日までの期間限定なのでお早めに。
    >>キャンペーン詳細はこちらから

今回のmoto g32もすでにセール対象となっておりますので、気になる方はチェックしてみてください(*´▽`*)

というわけで「価格の安い」「スペックの優秀な」「セールで安く入手できる」moto g32の詳細を画像付きで紹介していきます♪

moto g32の特徴

moto g32の特徴は下記の通り。

  • 28,800円の低価格
  • Snapdragon 680(AnTuTu25万)
  • 内部ストレージ128GB
  • 6.5型の90Hz液晶ディスプレイ
  • 30W急速充電
  • ステレオスピーカー

冒頭でもお話しした通り、とにかく価格の割にスペックが優秀です。3万円ぐらいの予算でスマホを探している方には最適解かもしれません。

<スポンサーリンク>

moto g32のスペック

moto g32のスペックは下記の通り。

名称 moto g32
メーカー モトローラ
キャリア SIMフリー
発売時期 2022年9月
OS Android 12
CPU Snapdragon 680
RAM 4GB
ROM 128GB
カードスロット 1TB
ディスプレイ 6.5インチ
画面解像度 2400×1080
リフレッシュレート 90Hz
背面カメラ 5000万画素(F値1.8)
800万画素(F値2.2/広角118度)
200万画素(F値2.4/マクロ)
前面カメラ 1600万画素
バッテリー 5000mAh
USB Type-C
Bluetooth 5.2
Wi-Fi a/b/g/n/ac
DSDV 対応
生体認証 指紋
防水防塵 IP52
おサイフケータイ
通信 4G:LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8
2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz
機種サイズ 73.84× 161.78 × 8.49 mm
機種重量 184 g
カラー名称 サテンシルバー
ミネラルグレイ

moto g32の価格とライバル

moto g32の価格は28,800円です。その辺りの価格帯のスマホが競合機となるでしょう。

とくにライバルとなりそうなのはXiaomiのRedmi Note 11です。Redmi Note 11は24,800円で買えるライトモデルで、moto g32と同じように価格の割にスペックが優秀です。

blank moto g32とRedmi Note 11の比較【コスパが良いのはどっち?】

Redmi Note 11よりも優れている点は「内部ストレージ(128GB)」です。2022年10月時点だと、この価格帯で128GB搭載しているモデルはかなり少ないので、moto g32を選ぶメリットとなります。

blank 【2022年最新】内部ストレージ128GBのおすすめSIMフリースマホ10選【Android】

2~3万円辺りだと、同じモトローラの「moto g50 5G」、Xiaomiの「Redmi 9T 128GB版」、そして同時期に発売されたOPPOのHD+搭載「OPPO A77」ぐらいですね。

<スポンサーリンク>

moto g32の開封レビュー

▲というわけで届いたmoto g32を開封レビューしていきます。

▲moto g32は付属品が少ないので箱が激薄。普通サイズの箱と比べるとこの通り。

▲開封すると本体登場です(^^)/

▲内訳は「本体+薄目の箱」のみ。

moto g32の本体チェック

▲moto g32本体。デザイン性はかなり良い感じです。ちなみにカラーは「サテンシルバー」を選びましたが、moto g32は他に「ミネラルグレイ」もあります。


▲細部までメタリックになっていてかなり良い。個人的には評価高いです。

▲正面から見て左側面には「SIMトレイ」が配置されています。

▲正面から見て右側面には「ボリュームボタン」「電源ボタン(指紋認証センサー)」が配置されています。

▲底面には「スピーカー」「USBポート(Type-C)」「イヤホンジャック」が配置されています。

moto g32の付属品チェック

同梱品の箱がペラッペラだったのですが中身は上記の通り。「書類」「SIMピン」のみ。

また「TPU素材のソフトケース」も付属しています。

端末に装着された状態で届きます。フィット感などは抜群に良いので、ケースは買わずに純正品のまま使っていこうと思います。

moto g32の性能

moto g32の性能をチェックしていきます。

AnTuTuベンチマークスコアは25万

moto g32のAnTuTuベンチマークスコアは「25万」です。

Redmi Note 11と同じ「Snapdragon 680」を搭載しているので、動作性能は同レベルということになります。

blank スマホの動作性能を示すCPU・ベンチマークの目安

6.5インチの90Hz液晶ディスプレイ搭載

moto g32は6.5インチの液晶ディスプレイが搭載されており、リフレッシュレート90Hzに対応しております。

高リフレッシュレートは最近のスマホによく採用されておりますが、画面が滑らかに動くのでおすすめです。

blank 【2022年最新】リフレッシュレート90Hz以上のおすすめSIMフリースマホ8選

カメラは広角撮影とマクロ撮影に対応

moto g32のカメラ構成は下記の通り。

  1. 5000万画素(F値1.8)
  2. 800万画素(F値2.2/広角118度)
  3. 200万画素(F値2.4/マクロ)

機能としては広角撮影・マクロ撮影に対応しております。また動画の手振れ補正にも対応とのことですが、iPhone 11と比べると使い物にならないレベルでした。おまけ程度に考えておいてください。

blankblank

▲118度の広角撮影。集合写真などに便利です。

blankblank

▲ちなみにズームは8倍まで対応です。

blankblank

▲ポートレート撮影はかなり微妙。価格が価格なので仕方ないかも。

blankblank

▲こちらはマクロ撮影。超至近距離の接写が可能に。

blankblank

▲ちなみにメインレンズはF値1.8の5000万画素です。

カメラは価格相応と言った感じでしょうか。

blankイッテツ

本体重量は183グラムでケース付きは202グラム

moto g32の本体重量実測値は「183.6グラム」でした。残念ながらライバル機のRedmi Note 11の方が4グラムほど軽い。

ちなみに付属品のケース装着時の重量は「202.8グラム」でした。

ロック解除は指紋認証と顔認証に対応

moto g32は「指紋認証」「顔認証」に対応しております。ちなみに指紋認証センサーは側面に配置されています。

トリプルスロット(SIM2枚+SDカード)対応

moto g32は「トリプルスロット」に対応しております。

通常の端末は片方のSIMカードとmicroSDカードが排他利用(どちらか一枚だけ)となっておりますが、トリプルスロットの端末はスロット自体が3つあるので、「SIM2枚+microSDカード」を同時利用することができます!

blank 【2022年最新】トリプルスロットのDSDV対応おすすめスマホまとめ

ステレオスピーカー対応

moto g32は底面と前面上部にスピーカーが配置されております。これによって「ステレオ対応」となっております。

内部ストレージ128GB搭載(初期ストレージ114GB)

moto g32は格安ながらに「ROM128GB」を搭載しております。

またシステム・アプリ類に初期から14GB使われているので、実際に使えるストレージは「114GB」です。

<スポンサーリンク>

moto g32のデメリット

moto g32の気になるところがいくつあったので紹介しておきます。

液晶保護フィルムが付いていない

moto g32は付属品が少ないですが、残念ながら液晶保護フィルムも付いていません。

30W対応だが付属の充電器が無い

moto g32は「30W TurboPowerチャージ」に対応しております。30Wの急速充電なので、端末をかなりの速度で充電できます。

格安ながらに30Wはかなり良いメリットだと思うのですが、、こちらも残念ながら充電器は付属なしです(´;ω;`)

moto g32のおすすめ設定

後日moto g32のおすすめ設定を公開してみました。興味のある方はそちらも合わせてチェックしてみてください。

blank moto g32を購入したらやっておきたい9個の設定

moto g32の開封レビューまとめ

というわけでモトローラのライトモデル「moto g32」を開封レビューしてみました。

まず間違いなくこの価格帯のスマホの中ではスペックが優れていますね。AnTuTuベンチマークこそ25万ですが、普段使いには十分すぎるスコアです。

細かいところで言えば特徴のないカメラや液晶ディスプレイなど、弱点になりそうなところもあるのですが、あくまでmoto g32は3万円以下で買えるライトモデルなのです。

  • 内部ストレージ128GB搭載
  • リフレッシュレート90Hz対応
  • 急速充電30W対応
  • ステレオスピーカー搭載

3万円以下なのに上記のようなメリットがあります。ライトユーザーやサブ機にはもちろんおすすめですが、3D系のゲームをしないのであればメイン機でも十分な性能だと思います(*´▽`*)

また忘れてはいけないのが「格安SIMのキャンペーン利用」です。

moto g32の開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:4,980円(乗り換えがお得!!)

    乗り換え応援キャンペーン
    moto g32(22,980円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、18,000円割引が適用されます。
    さらに「初期費用1,650円割引」「プラン料金6か月間440円割引」「通話定額オプション7か月間410円割引」も適用されます!
    2022年11月30日までの期間限定なのでお早めに。
    >>キャンペーン詳細はこちらから
  • OCNモバイルONEblank
    端末価格:6,820円(投売り特価!!)

    人気のスマホSALE
    moto g32(25,500円)をセール期間中に購入すると18,680円割引が適用されます!
    2022年12月26日までの期間限定なのでお早めに。
    >>キャンペーン詳細はこちらから

乗り換えキャンペーンのド本命である「IIJmio」でも取り扱われています。乗り換えできる方は、ぜひキャンペーンを利用してみてくださいね!

blank 【11月セール】みおふぉん(IIJmio)の「スマホ大特価セール」の激安スマホまとめ【乗り換えが超オトク!!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。