前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

【POCO X3 Pro レビュー】格安ハイスペックスマホ!?コスパ最強ポコフォンを開封!

コスパ最強のスマホと言えば、Xiaomiの「POCO Phoneシリーズ」の名前を挙げる人が多いと思います。ちなみに筆者もその一人です(^^)/

POCOシリーズは高性能なチップセットが搭載されているのに価格が安いという特徴があります。とくにスマホにこだわりは無いけど動作性能は高い方がいいなんて方におすすめのシリーズです。

今回は中でもハイコスパと名高い「POCO X3 Pro」を購入したので、開封レビューしていきます。

今回はお世辞抜きにコスパ最強のスマホでした…!
Snapdragon 860搭載機が3万円で買えるのはPOCOだけ…!

blankイッテツ

まだまだ現役のコスパ最強スマホ

まだまだ現役のコスパ最強スマホ

今回紹介する「POCO X3 Pro」はXiaomiから2021年3月に発売されたモデルですが、Snapdragon 860を搭載しているのでバリバリ現役で使えます!

そしてポイントはもちろん「価格の安さ」「コスパの良さ」です。筆者はBanggoodのセールでRAM8GBモデルを28,000円ほどで入手しました。

後ほどスクショ付きで紹介しますが、POCO X3 ProのAnTuTuベンチマークスコアはなんと57万。日本でこれだけ性能の高いモデルを買おうとすると、5万円以上はかかります。

またAnTuTuベンチマークスコアが57万もあれば、ほとんどのゲームがサクサク動くし、これからしばらく快適に使えることでしょう。

発売からそこそこ経っているスマホではありますが、今から買っても全く遅くないレベルの性能です。安いハイスペックスマホやコスパの良いスマホを探している方は、ぜひぜひ今回の「POCO X3 Pro」を検討してみてください(*´▽`*)

<スポンサーリンク>

POCO X3 Proのスペックや発売日

POCO X3 Pro

発売 Xiaomi/2021年3月
動作性能 Snapdragon 860/6or8GBRAM
AnTuTu:57万
ストレージ 内部128or256GB UFS3.1/外部1TB
ディスプレイ 6.67インチ液晶/2400×1080 FHD+/120Hz
カメラ 背面4800万+800万+200万+200万画素
前面2000万画素
バッテリー 5160mAh
33W充電
サイズ 165.3 x 76.8 x 9.4 mm/215 g
対応バンド 4G:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28 / 38 / 40 / 41
その他 DSDV
IP53防水防じん
参考価格 3~4万円(セール時2~3万円)
POCO X3 ProはSnapdragon860の搭載だけでなくリフレッシュレート120Hzにも対応しています!
ただしドコモのプラチナバンドB19には非対応なので注意!

blankイッテツ

POCO X3 Proの価格や購入方法

POCO X3 Proの価格や購入方法

POCO X3 Proは下記の2モデルがラインナップとなります。

  • RAM6GB+ROM128GBモデル
  • RAM8GB+ROM256GBモデル

定価では1万円ほどの価格差がありましたが、今回筆者が購入したBanggoodのセールでは、2モデルの価格差がほとんどなかったため、とりあえず上位モデルを購入しました(*´▽`*)

ちなみにBanggoodやAliExpressなどの海外通販店での購入が最安となります。

POCO X3 Proが買える海外通販店

海外通販店での購入が不安だという方は、少し割高ですが日本のAmazonでも購入できます。

<スポンサーリンク>

【開封】POCO X3 Proの外観レビュー

POCO X3 Proの外観レビュー

というわけで早速届いた「POCO X3 Pro」を開封レビューしていきます!

POCO X3 Proの本体細部

POCO X3 Proの本体細部

メタリックで高級感のあるデザインで、背面には「POCO」ロゴが描かれています。
今回は「メタルブロンズ」を選びましたが、ほかに「ファントムブラック」と「フォレストブルー」の2色が用意されています。

POCO X3 Proの本体細部2

正面から見て右の側面です。右側面には「ボリュームボタン」「電源ボタン/指紋認証センサー」が配置されております。

POCO X3 Proの本体細部3

正面から見て左の側面には「SIMスロット」が配置されております。

POCO X3 Proの本体細部4

POCO X3 ProはDSDV対応ですがトリプルスロットではないので注意。SIM2とSDカードは排他利用となっております。

POCO X3 Proの本体細部5

底面には「イヤホンジャック」「USBポート(Type-C)」「マイク」「スピーカー」が配置されております。
ちなみにPOCO X3 Proはディスプレイ上部にもスピーカーが搭載されているので「ステレオ」に対応しております。

POCO X3 Proの本体細部6

上面には赤外線などのセンサー類が配置されています。

POCO X3 Proの本体細部7

ちなみにPOCO X3 Proはカメラユニットが出っ張っているタイプです。ケースを付ければ気にならなくなりますが、その代わり厚みが出てしまうのが難点。
個人的にはカメラユニットは薄い方が好きです。

POCO X3 Proの本体細部8

POCO X3 Proは指紋認証センサーが側面に配置されております。筆者はRedmi Note 9Sで慣れましたが、側面配置よりも前面下部やディスプレイ内認証の方が使いやすいという人も多いです。
まあ慣れだと思います。

ぎりぎりまでフォレストブルーにするか迷ってたけど、、メタルブロンズを選んで良かった!!
普通にデザインは格好良いし、メタリックな色味も最高です!

blankイッテツ

POCO X3 Proの付属品一覧

POCO X3 Proの付属品一覧

同梱されている付属品類をチェックしていきましょう。

POCO X3 Proの付属品一覧2

まずこちらはPOCOロゴのシールです。まさにオマケって感じですね。

POCO X3 Proの付属品一覧3

こちらは「SIMピン」です。かなりシンプルな形。

POCO X3 Proの付属品一覧4

こちらは「保証書」ですが、日本向けに発売された端末ではないので、日本語では記載されていません。

POCO X3 Proの付属品一覧5

「取扱説明書」も日本語では記載されておりませんので注意。

POCO X3 Proの付属品一覧6

こちらは33Wの「充電アダプター」ですが、残念ながら日本のコンセントでは使えない海外仕様のプラグです。

POCO X3 Proの付属品一覧7

こちらは充電や転送に使える「USBケーブル(A to C)」です。

POCO X3 Proの付属品一覧8

さらに「純正ケース」も付属していました。POCO X3 Proはカメラユニットが出っ張っているのでケース必須。とりあえずはこのシンプルなケースを使っていこうと思います。

Banggoodだと充電アダプターの変換機が付いてくるので、それを繋げば日本のコンセントでも使えるよ!

blankイッテツ

POCO X3 Proは純正ケース・フィルム付き

POCO X3 Proは純正ケース・フィルム付き

付属の純正ケースは設計バッチリです。
細かいセンサー部分の穴やボタンのくり抜きなども完璧に設計されているので、普通に使っていけそうです。

POCO X3 Proは純正ケース・フィルム付き2

ただしXiaomiスマホでたまにあるUSBポートのキャップは、相変わらず邪魔ですね。
このキャップのおかげで防水性能は上がると思いますが、充電の度に取り外すのはあまりに面倒です。というわけでちょん切っちゃいました…。

POCO X3 Proは純正ケース・フィルム付き3

ちなみに初めから液晶保護フィルムも装着済み。ザラツキが無いので恐らく光沢タイプ。
だけど指の滑りが悪いのでちょっと使いにくいかも。買い替え推奨。

付属品をまとめると下記の通り。

  • POCO X3 Proの本体
  • TPUケース
  • SIMピン
  • 液晶保護フィルム(装着済み)
  • 充電アダプター(33W)
  • 充電ケーブル
  • 変換機(Banggood)
  • 取り扱い説明書
  • 保証書
  • ロゴシール
付属品は全てしっかりとしていてイイ感じ!

blankイッテツ

POCO X3 Proの性能チェック!

POCO X3 Proの性能チェック!

というわけでPOCO X3 Proの性能面をチェックしていきましょう!

POCO X3 Proのディスプレイ性能

POCO X3 Proは6.67インチのゴリラガラス6コーティング液晶ディスプレイが搭載されております。
そして120Hzリフレッシュレートと240Hzタッチサンプリングレートに対応しているので、ディスプレイ性能としてはかなり良い感じです。有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイが採用されているのが残念なところですが、それでもトレンドの高リフレッシュレートは熱いですね。
ちなみに上部中央にパンチホール搭載。

液晶ディスプレイはコストカット部分。有機ELディスプレイは高いですからね!

blankイッテツ

POCO X3 Proのカメラ性能

POCO X3 Proは4つのレンズを搭載するクアッドカメラです。
メインの画素数は4800万画素で、インカメラの画素数は2000万画素です。サブレンズの役割の違いは下記の通り。

  1. 4800万画素(メイン/f1.79)
  2. 800万画素(超広角119°/f2.2)
  3. 200万画素(深度/f2.4)
  4. 200万画素(マクロ4cm/f2.4)

撮影モードは「ポートレート」「広角」「マクロ」「夜景」など多数の便利機能に対応。

カメラはコストカット部分だとは思いますが、高性能チップセットのおかげで動作がかなりサクサクで使いやすかったです!

写真の仕上げりは悪くなかったし、動画の手振れ補正もしっかりとしていました。

※シャッター音の設定を表示する手順
※「設定」→「追加設定」→「地域」を「日本以外」に変更

通常撮影
通常撮影
広角撮影
広角撮影の画角は119°とのことです。
通常撮影
ポートレート撮影
ポートレートはしっかりとフォーカス部分以外をぼかすことができましたが、全体的に明るさが上がって白くなりがち。ただし撮影時にフォーカスの横に出るマークで明るさを調整することができます。
通常撮影
マクロ撮影
通常撮影だとピントが合わないような距離でも、マクロ撮影(距離4センチ)ならキレイに撮影できます。
カメラは確実にコストカットの部分ですが、思った以上に良い仕上がりに。一応後日夜景モードも試したのですが、これまた悪くなかったのです!

blankイッテツ

Twitterでアップされていた写真もかなり良い仕上がりになっていました。
この価格帯で夜景撮影もできるのはかなりでかいですね!

blankイッテツ

POCO X3 ProのAnTuTuベンチマークスコア

blank blank

POCO X3 ProのAnTuTuベンチマークスコアは「577311」です。

さすが「Snapdragon 860」を搭載しているだけあってハイスコアを記録していますね。これだけの性能があればさまざまな動作が快適に動くことでしょう。

blank POCO X3 Proの実機ベンチマークスコア【AnTuTu】【Snapdragon 860】
スナドラ800番台最強!スナドラ800番台最強!スナドラ800番台最強!

blankイッテツ

POCO X3 Proのサイズや重量

POCO X3 Proのサイズ

POCO X3 Proの本体サイズは「165.3 x 76.8 x 9.4 mm」です。横幅も大きいし、厚みかなり分厚い。

POCO X3 Proの重量

POCO X3 Proの重量は、液晶保護フィルム込みで「219.4グラム」となっております。ケースを付けると240グラムを超えるので、これはかなり重め。

最近のスマホで流行っている「6.67インチ」が採用されているため、サイズ・重量はかなり大きめ。
サイズが大きいとポケットに入りにくいし片手操作がしにくくなるので、この重量感は個人的にはデメリット。

blankイッテツ

POCO X3 Proの対応バンドと使える回線

POCO X3 Proの対応バンド(4G)
FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28
TD-LTE:38 / 40 / 41

POCO X3 Proは残念ながらドコモとauの相性が悪いです。日本で快適に使うためにはソフトバンク回線を利用しましょう。

有名所は上記3社。とくにワイモバイルはキャリア寄りのサービスなので、通信速度やサポートに定評があります。

安さを重視するなら「mineo」か「LINEモバイル」がおすすめです。

<スポンサーリンク>

POCO X3 Proのメリット

POCO X3 Proのメリット

紹介しきれていないPOCO X3 Proの良いところやメリットを紹介します。

120Hzリフレッシュレート対応

120Hzリフレッシュレート

POCO X3 Proは液晶ディスプレイが搭載されているものの、リフレッシュレートは120Hzに対応しております。

従来のモデルは60Hzが採用されておりましたが、高リフレッシュレートは最近の流行りです。POCO X3 Proはこの価格の安さで120Hz対応ってのが良いところですね。

リフレッシュレートが高いと画面の動きが滑らかになります。ネットサーフィン、Twitterやインスタのタイムラインスクロール、動画、ゲームなどなど。すべての「動き」が良くなるので、かなり重要な機能です!

その代わり60Hzよりもバッテリー持ちが悪いというデメリットがありますが、POCO X3 Proの場合は切り替えもできるので好みで60Hz/120Hzを選べます。

blank スマホのリフレッシュレートを確認する方法

こちらの記事では、リフレッシュレートの解説とお手持ちのスマホのリフレッシュレートを確認する方法を紹介しています。

また120Hzリフレッシュレートを利用するのであれば「アニメーションスケール」を0.5xまで下げることで、よりヌルヌル動きます。

アニメーションスケールを設定するには開発者向けオプションを表示しないといけません。その辺りの手順を解説した記事はこちら。

blank Xiaomiスマホで開発者向けオプションを表示する方法【MIUI 12】

興味のある方は、こちらもチェックしてみてください。

ステレオスピーカー搭載

ステレオスピーカー搭載

POCO X3 Proは「底面」「画面上部」にスピーカーが配置されております。これによってステレオ再生が利用できます。

モノラル再生は1つのスピーカーから音が発せられますが、ステレオ再生は2つのスピーカーから音が発せられます。

これによって立体感や臨場感を味わう事ができます。正直どっちでも良いという意見が多いですが、筆者はステレオ派です!

ゲームアプリに特化

120Hzリフレッシュレートの対応にくわえて、POCO X3 Proは240Hzタッチサンプリングレートにも対応しております。

高タッチサンプリングレートは「文字入力の早さ」「操作性が向上」などのメリットがあります。

blank スマホのタッチサンプリングレートを確認する方法

さらにXiaomiの独自機能である「Game Turbo(ゲームターボ)」も搭載されております。

Game Turbo

ゲームターボでは「ゲームアプリ負荷の自動調整」「ゲーム内ショートカット」「ゲーム中のメモリ開放」などを利用でき、ゲームプレイを快適にしてくれる機能です。ゲーマーには有難い機能ですね!

最強クラスのコストパフォーマンス

最強クラスのコストパフォーマンス

そして繰り返しになりますが、これに尽きます。POCO X3 Proはとにかくコストパフォーマンスが最強クラスです。

Snapdragon 860搭載(AnTuTu57万)でセール時2万円台は、もはや反則レベルの安さですよ!

これまで日本で取り扱われていたコスパ良端末「Redmi Note 9S」や「Redmi 9T」なども購入したことがありますが、その辺りよりもはるかにコスパが良いです。

筆者はちょうどワイモバイルを使っているので、しばらくメイン機として使う予定です。Snapdragon860ならまだまだ現役でイケますし(^^)/

POCO X3 Proのデメリット

POCO X3 Proのデメリット

逆にPOCO X3 Proの悪いところやデメリットを紹介します。

有機ELディスプレイは不採用

これだけ安いので、いろんな部分がコストカットされているはずです。

まずディスプレイに関しては、流行りである「有機ELディスプレイ」ではなく従来の「液晶ディスプレイ」が採用されております。

もちろん120Hzリフレッシュレートに対応しているので、ディスプレイとしては申し分ない性能なのですが、、ハイエンドモデルと比べると明確なデメリットであり、コストカットの部分にあたります。

液晶と有機EL

POCO X3 Pro(左)の輝度は「450nits」なので、輝度の高い有機ELディスプレイと比べると一目瞭然。とはいえスマホを最大輝度まで上げることはほとんどないので、日常生活で支障は全くありません。

5G通信非対応

POCO X3 Proは2021年3月に登場したモデルですが、残念ながら5G通信には非対応となっております。

今後5Gエリアが増えることを考えると、対応しているにこしたことはないですよね。

一応5G通信と有機ELディスプレイを搭載した上位モデル「POCO F3 5G」があるので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

指紋認証センサーが側面

指紋認証センサーが側面

POCO X3 Proの指紋認証センサーは側面配置です。

基本的に「ディスプレイ側の中央下部」に配置されたスマホが多いので、側面での指紋認証は賛否分かれます。

筆者はRedmi Note 9Sを使っていた時期があったので慣れましたが、はじめて側面の指紋認証を使う人は慣れるまでストレスを感じてしまうかもしれません(;´・ω・)

その他POCO X3 Proの気になる所や設定

ほかの紹介できていない部分や、よくありそうな質問などをまとめてみました。

日本語対応

POCO X3 Proは日本語対応

まず当然ですが、POCO X3 Proは「日本語対応」です。

発熱問題

POCO X3 Pro及びSnapdragon 860は、かなり発熱するとの噂があります。

一応「原神」と「CODモバイル」を長時間プレイしてみましたが、筆者の場合POCO X3 Proは全く発熱しませんでした!

ただし一定数SNSやレビューで言われていることなので、筐体によっては発熱問題があるのかもしれませんね。

技適マークは非搭載

技適マークは非搭載

POCO X3 Proは海外スマホなので残念ながら技適マーク無しです。

楽天モバイルの利用方法

楽天モバイルの利用方法

POCO X3 Proはバンド3に対応しているので、楽天モバイルで利用できます。ただしB18に非対応なので繋がりやすさは微妙かも。

もしPOCO X3 Proで楽天モバイル(B3のみ)で利用しようとしている方がいれば、はじめに「VoLTEの有効化」だけ行ってください。

*#*#86583#*#*

ダイヤルでこちらの記号と数字を入力すると、VoLTEの有効化が可能に。

blank POCO X3 Proで楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は使える?使えない?【VoLTE有効化】

ちなみに楽天モバイル・ワイモバイルでチェックしてみましたが、無事に接続できました。

楽天モバイルで非通知になる問題

楽天モバイルの通話アプリ「楽天Link」では、Wi-Fiオン時の着発信が非通知になってしまう不具合があります。

これを改善するために下記の手順で楽天LinkのWi-Fiを制限しておきましょう。

  1. 設定
  2. アプリ
  3. アプリの管理
  4. 楽天Link
  5. データ通信量を制限する
  6. 「Wi-Fi」のチェックを外す

この設定を行うと通話がかかってきた時にWi-Fiが制限されるので、非通知で表示されなくなります!

ただしこちらから発信する場合は機能しないので、こちらから発信するときはWi-Fiを手動でオフにしましょう。

POCO X3 Proのおすすめ設定

blank POCO X3 Proを購入したらやっておきたい13個の設定

こちらの記事ではPOCO X3 Proを買ったらやっておきたいおすすめの設定を紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

まとめ

まとめ

というわけでコスパ最強の「POCO X3 Pro」を開封レビューしてみました。

POCO X3 Proは価格が安いのにハイスペックなコスパ良端末です。

  • 価格の安いスマホが欲しい→POCO X3 Pro
  • ハイスペックなスマホが欲しい→POCO X3 Pro
  • コスパの良いスマホが欲しい→POCO X3 Pro

となってしまうぐらい最強のスマホです(*´▽`*)

POCO X3 Proはカメラやディスプレイでコストカットを行っているわけですが、思った以上にカメラは普通に使えるし、ディスプレイはリフレッシュレート120Hz対応です。

もちろんハイエンドモデルと比べると劣りますが、価格を考えるとありえないぐらいお買い得なスマホです!

海外スマホに興味のある方やコスパの良いスマホを探している方は、ぜひ今回のPOCO X3 Proをチェックしてみてください(*´▽`*)

ちなみに筆者はBanggoodのセールでRAM8GB/ROM256GBモデルを購入しました。

こんな感じで梱包もしっかりとしていました。

Banggoodでは頻繁にセールが行われているのでチェックしてみてくださいね!

POCO X3 Proが買える海外通販店

海外通販店での購入が不安だという方は、少し割高ですが日本のAmazonでも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。