超オトクな乗り換えセールがまさかの延長戦!!

Redmi Note 11とOPPO A73の比較【コスパが良いのはどっち?】

Xiaomi製スマホ「Redmi Note 11」とOPPO製スマホ「OPPO A73」は、どちらのコスパが良いのか徹底比較していきます。

Redmi Note 11は2022年3月に登場したリフレッシュレート90Hz対応の有機ELディスプレイを搭載したライトモデルです。一方のOPPO A73は2020年11月に発売されたeSIM対応のライトモデルです。

どちらのスマホを買うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

Redmi Note 11とOPPO A73はどっちがコスパ良い?

Redmi Note 11とOPPO A73はどっちがコスパ良い?

Redmi Note 11とOPPO A73の比較ポイントは下記の通り。

動作性能や容量の違い

  • 動作性能はRedmi Note 11の方が上
  • 外部ストレージはRedmi Note 11の方が多い
ディスプレイの違い

  • OPPO A73の方が0.01インチ大きい
  • Redmi Note 11はリフレッシュレート90Hz対応
カメラの違い

  • どちらもレンズ枚数は4枚
  • メインの画素数はRedmi Note 11の方が上
  • インカメラの画素数もRedmi Note 11の方が上
機能面やその他仕様の違い

  • バッテリー容量はRedmi Note 11の方が多い
  • Redmi Note 11は33W急速充電対応
  • Redmi Note 11はトリプルスロット搭載
  • OPPO A73はeSIM対応
  • Redmi Note 11の方が安い

Redmi Note 11はリフレッシュレート90Hzに対応の有機ELディスプレイを搭載したライトモデルです。

一方のOPPO A73はeSIMに対応したライトモデルです。

リフレッシュレート90Hzやトリプルスロットに興味のある方はRedmi Note 11がおすすめ!
eSIMに対応したモデルを探している方はOPPO A73がおすすめ!
コスパで言えばRedmi Note 11の方が圧倒的に優秀です!

blankイッテツ

Redmi Note 11の開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:980円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    Redmi Note 11(21,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、20,820円割引が適用されます。
    さらに「初期費用半額(eSIM/データSIM)」「12カ月間1GB増量」「通話定額オプション13ヶ月間410円割引」も適用されます!
    2022年5月31日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    乗り換え価格:3,634円(乗り換えがお得!!)

    Redmi Note 11(16,634円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。

OPPO A73の開催キャンペーン

  • 楽天モバイル楽天モバイル
    実質価格:0円(超オトク!!)

    はじめて楽天モバイルに申し込む場合、「Rakuten UN-LIMIT V」で契約、且つ「Rakuten Link」の利用で5,000円ポイントが貰えます。さらに他社からの乗り換えで15,000円ポイント、10分(標準)通話かけ放題オプション申込で5,000円ポイントが貰えます!
    2022年5月11日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    乗り換え価格:3,501円(乗り換えがお得!!)

    OPPO A73(16,501円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。
  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:110円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    OPPO A73(18,425円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、18,315円割引が適用されます。
    さらに「初期費用半額(eSIM/データSIM)」「12カ月間1GB増量」「通話定額オプション13ヶ月間410円割引」も適用されます!
    2022年5月31日までの期間限定なのでお早めに。

<スポンサーリンク>

Redmi Note 11とOPPO A73のスペック比較

というわけで「Redmi Note 11」と「OPPO A73」のスペックを比較してみましょう。Redmi Note 11の価格は24,800円ですが、OPPO A73の価格は30,000円前後です。

名称 Redmi Note 11 OPPO A73
画像 Redmi Note 11 小さい画像 OPPO A73 小さい画像
参考価格 24,800円 30,000円前後
メーカー Xiaomi OPPO
発売時期 2022年3月 2020年10月
OS MIUI 13
(Android 11ベース)
ColorOS 7.2
(Android 10ベース)
CPU Snapdragon 680
オクタコア
Snapdragon 662
オクタコア
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 512GB 256GB
ディスプレイ 6.43インチ
有機EL
6.44 インチ
有機EL
画面解像度 2400×1080
FHD+
2400×1080
FHD+
リフレッシュレート 90Hz 60Hz
アスペクト比 21:9 20:9
背面カメラ 5000万画素
800万画素
200万画素
200万画素
1600万画素
800万画素
200万画素
200万画素
前面カメラ 1300万画素 800万画素
バッテリー 5000mAh 4000mAh
急速充電 33W 18W
ワイヤレス充電 非対応 非対応
サウンド ステレオ モノラル
イヤホンジャック 搭載 搭載
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0
DSDS DSDV DSDV
eSIM
トリプルスロット 対応
生体認証 指紋
指紋
防水防塵 IP53
おサイフケータイ
通信(5G)
通信(4G) B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 41
機種サイズ (縦幅) 159.87 mm 159.8 mm
機種サイズ (横幅) 73.87 mm 72.9 mm
機種サイズ (厚み) 8.09 mm 7.45 mm
機種重量 179 g 162 g
カラー スターブルー
トワイライトブルー
グラファイトグレー
ダイナミックオレンジ
ネービーブルー
参考価格 24,800円 30,000円前後

プロセッサやRAM(動作性能)の比較

プロセッサやRAM(動作性能)の比較

Redmi Note 11 OPPO A73
Snapdragon 680
オクタコア
Snapdragon 662
オクタコア
4GB 4GB

チップセット(CPU)はSnapdragon 680を搭載するRedmi Note 11の方が上です。OPPO A73が搭載するSnapdragon 662のAnTuTuベンチマークスコアは18万前後を記録しておりますが、一方Redmi Note 11が搭載するSnapdragon 680のAnTuTuベンチマークスコアは25万前後となっております。

blank スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説 blank スマホの動作性能を示すCPU・ベンチマークの目安

ストレージ(容量)の比較

ストレージ(容量)の比較

Redmi Note 11 OPPO A73
内部64GB 内部64GB
外部512GB 外部256GB

スマホの容量は、本体に保存できる内部ストレージ(ROM)と、SDカードを使って増設できる外部ストレージの2種類があります。

スマホに多くのファイルを保存する人は大容量が必要になります。各ファイルの目安については別記事にて解説しているので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

blank スマホのmicroSDカードはどのくらいの容量が最適なのか

ディスプレイの比較

ディスプレイの比較

Redmi Note 11 OPPO A73
6.43インチ
2400×1080(FHD+)
21:9
パンチホール
90Hz
有機EL
6.44インチ
2400×1080(FHD+)
20:9
60Hz
水滴型ノッチ
有機EL

Redmi Note 11はリフレッシュレート90Hzに対応しております。リフレッシュレートは「1秒間でモニターに表示される画像の枚数」のことで、例えば60Hzなら1秒間に60枚の画像、90Hzなら1秒間に90枚の画像が表示されます。枚数が多いほど動画・スクロールが滑らかに映ります。

blank スマホのリフレッシュレートを確認する方法

カメラの比較

カメラの比較

Redmi Note 11 OPPO A73
5000万画素(F1.8/広角)
800万画素(F2.2/超広角)
200万画素(F2.4/マクロ)
200万画素(F2.4/深度)
1600万画素(F2.2/標準)
800万画素(F2.2/超広角119°)
200万画素(F2.4/モノクロ)
200万画素(F2.4/ポートレート)
インカメラ
1300万画素 800万画素

Redmi Note 11は4つのレンズを搭載するクアッドカメラ仕様が採用されております。

カメラ性能に関しては各オフィシャルサイトをチェックしてみてください。

バッテリーの比較

バッテリーの比較

Redmi Note 11 OPPO A73
5000mAh 4000mAh

単純なバッテリー容量はRedmi Note 11の方が上です。ただしバッテリー容量が多いからと言って、バッテリー持ちが良いとは限りません。

急速充電・ワイヤレス充電の対応

急速充電・ワイヤレス充電の対応

Redmi Note 11 OPPO A73
ワイヤレス充電:非対応
急速充電:33W
ワイヤレス充電:非対応
急速充電:18W

どちらの端末もワイヤレス充電は非対応ですが、急速充電には対応しております。これによって通常のスマホよりも充電速度が速くなるので、充電時間を短縮できます。

eSIMの対応

eSIMの対応

OPPO A73はeSIMに対応しております。スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMのことで、物理SIMカードなしで契約することができます。

トリプルスロットの対応

トリプルスロットの対応

Redmi Note 11はトリプルスロット搭載となっております。

トリプルスロットはSIM2枚とSDカードを同時に運用できます。対応機種をまとめた記事があるので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

blank 【2022年最新】トリプルスロットのDSDV対応おすすめスマホまとめ

防水防じんの対応

防水防じんの対応

Redmi Note 11 OPPO A73
IP53 IP52

Redmi Note 11はIP53の簡易防水に対応しております。防水等級の違いについては、こちらの記事にて解説しています。

blank スマホの防水の種類-IPX5/7とIPX5/8の性能の違い-

端末サイズ・厚み・重量の比較

Redmi Note 11 OPPO A73
159.87 × 73.87 × 8.09 mm
179 g
159.8 × 72.9 × 7.45 mm
162 g

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、格安SIMのセット販売キャンペーンを使えば激安で入手できる場合があります。格安SIMは、契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、いろいろと面倒くさそうですよね。しかし実際に契約してみると手順は超シンプルな上にすぐに利用できるのでマジでおすすめです!

筆者はこれまでいくつもの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。手順は下記の通り。

  1. ネット申し込みで端末とプランを選ぶ
  2. 端末とSIMカードが届く
  3. SIMカードを端末に挿入して利用開始

たったこれだけの手順でサービスを利用できるので、ぜひ期間限定のセット販売キャンペーンをご利用ください。ちなみに筆者がこれまでいくつもの格安SIMサービスを渡り歩いてきたのは、このセット販売キャンペーンが理由です。タイミング次第で欲しいスマホが超激安で買えるので利用しない手はありません。

気になる方はキャンペーン情報をチェックしてみてください。

Redmi Note 11の開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:980円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    Redmi Note 11(21,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、20,820円割引が適用されます。
    さらに「初期費用半額(eSIM/データSIM)」「12カ月間1GB増量」「通話定額オプション13ヶ月間410円割引」も適用されます!
    2022年5月31日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    乗り換え価格:3,634円(乗り換えがお得!!)

    Redmi Note 11(16,634円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。

OPPO A73の開催キャンペーン

  • 楽天モバイル楽天モバイル
    実質価格:0円(超オトク!!)

    はじめて楽天モバイルに申し込む場合、「Rakuten UN-LIMIT V」で契約、且つ「Rakuten Link」の利用で5,000円ポイントが貰えます。さらに他社からの乗り換えで15,000円ポイント、10分(標準)通話かけ放題オプション申込で5,000円ポイントが貰えます!
    2022年5月11日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEblank
    乗り換え価格:3,501円(乗り換えがお得!!)

    OPPO A73(16,501円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。
  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:110円(乗り換えがお得!!)

    スマホ大特価セール
    OPPO A73(18,425円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、18,315円割引が適用されます。
    さらに「初期費用半額(eSIM/データSIM)」「12カ月間1GB増量」「通話定額オプション13ヶ月間410円割引」も適用されます!
    2022年5月31日までの期間限定なのでお早めに。

<スポンサーリンク>

Redmi Note 11とOPPO A73の比較まとめ

今回はXiaomi製スマホ「Redmi Note 11」とOPPO製スマホ「OPPO A73」を比較してみました。要点は以下の通り。

動作性能や容量の違い

  • 動作性能はRedmi Note 11の方が上
  • 外部ストレージはRedmi Note 11の方が多い
ディスプレイの違い

  • OPPO A73の方が0.01インチ大きい
  • Redmi Note 11はリフレッシュレート90Hz対応
カメラの違い

  • どちらもレンズ枚数は4枚
  • メインの画素数はRedmi Note 11の方が上
  • インカメラの画素数もRedmi Note 11の方が上
機能面やその他仕様の違い

  • バッテリー容量はRedmi Note 11の方が多い
  • Redmi Note 11は33W急速充電対応
  • Redmi Note 11はトリプルスロット搭載
  • OPPO A73はeSIM対応
  • Redmi Note 11の方が安い

Redmi Note 11はリフレッシュレート90Hzに対応の有機ELディスプレイを搭載したライトモデルです。

一方のOPPO A73はeSIMに対応したライトモデルです。

リフレッシュレート90Hzやトリプルスロットに興味のある方はRedmi Note 11がおすすめ!
eSIMに対応したモデルを探している方はOPPO A73がおすすめ!
コスパで言えばRedmi Note 11の方が圧倒的に優秀です!

blankイッテツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。